知らないでは済まない!カードローンの金利・利率の計算方法

カードローンは元金と利息の合計を返済していきますから、利用しているローンでどのぐらい利息を払っているか把握することは大事なことです。

カードローンの利息の計算方法について

元金とは実際に借りたローンの金額のことで、利息とは元金に対して一定の利率をかけて出てくる手数料のことです。この「一定の利率」のことを金利と言います。この金利は日歩、月利、年利の3種類の表示方法がありますが、金融業界でローンの金利を表示する場合は年利が使われています。実質年率という言葉をみかけたことがあると思いますが、年利とほぼ同義の言葉と考えて良いでしょう。

カードローンなどで、いくらの金利(実質年率)でいくら借りたかが分かれば、そのカードローンでどのぐらい利息を払っていくことになるかが計算できます。ただし、キャッシングローンは、借りた日数だけ利息がかかることになっています。ですから。利息の計算には何日借りたかという情報も必要です。

利息=元金×金利×借入期間

これが、利息の計算方法です。

仮に、元金30万円、年利18.0%のカードローンを60日間で完済したとします。
この場合にかかる利息はいくらか計算してみます。

利息=30万円×18.0%÷365日×60日

出てきた利息は8,876円です。では頑張って30日で完済したとします。

利息=30万円×18.0%÷365日×30日

利息は、ちょうど半分の4,438円です。非常に単純な計算ですが、ローンは借入期間が短いほど、負担する利息は少なくて済みます。したがってローンの総支払額を少なくするには、できるだけ繰り上げ返済などを行って短期間で完済することを心がけることが大事なのです。

しかし短期間でローンを返済すると、一度の返済額が大きくなり、家計に占める流動性の高い資金が少なくなってしまいます。そうなると、急な出費が生じた場合に、対応できなくなり、最悪、カードローンより金利の高い、クレジットカードのキャッシングなどを使うような事態にもなりかねません。こうなると、何のために、カードローンを短期間で返済しているのか分からなくなってしまいます。

理屈としては、マメに内入れして元金を減らしていくことが賢い返し方になるわけですが、手持ち資金がギリギリになってしまうようではいけません。繰り上げ返済は内入れをする場合は、余裕を持ちながら進めていくことです。

できるだけ利息を払いたくない!そんな方におすすめのカードローンは?

「できるだけ利息を払いたくないのですが、どのカードローンがおすすめですか?」という質問をよく頂くのですが、そういった時は迷わず住信SBIネット銀行のカードローンをオススメしています。

住信SBIネット銀行最短60分で仮審査完了

住信SBIネット銀行 バナー
★★★★★4.5
金利 0.99%~7.99%
限度額 1,200万円
審査時間 最短60分
融資時間 最短即日
住信SBIネット銀行カードローンのここがオススメ!
  • 金利が0.99%~7.99%と全カードローンの中で最安金利!
  • 明細書はネットで確認が可能のため、自宅に明細書が郵送されない!
  • 限度額は1,200万円と全カードローンの中で最大の限度額!
詳細はこちら 公式サイトから申し込む!

住信SBIネット銀行は、全カードローンの中でも最低金利の0.99%~7.99%で、限度額も最大1,200万円と高く、おまとめローンとしても利用することができるからです。

銀行カードローンは、全体的に金利が低いですが、住信SBIネット銀行カードローンの金利は、その中でも頭一つ以上抜け出しているほどの低金利です。

他の銀行カードローンとどれくらい金利が違うのかイメージしやすいように、下記に10万円、50万円、100万円、150万円、200万円をそれぞれ借入した場合の金利を表にしてみましたので参考にしてみてください。

銀行系カードローンの金利を比較

銀行 10万円借りた場合の金利 50万円借りた場合の金利 100万円借りた場合の金利 150万円借りた場合の金利 200万円借りた場合の金利
住信SBIネット銀行
7.99%
7.99%
7.99%
6.39%~6.99
6.39%~6.99%
三菱東京UFJ銀行
13.6%~14.6%
13.6%~14.6%
13.6%~14.6%
10.6%~13.6%
10.6%~13.6%
みずほ銀行
14.0%
14.0%
12.0%
12.0%
9.0%
三井住友銀行
12.0%~14.5%
12.0%~14.5%
10.0%~12.0%
10.0%~12.0%
10.0%~12.0%
楽天銀行
14.5%
14.5%
9.6%~14.5%
9.6%~14.5%
6.9%~14.5%

どの金額の場合でも、住信SBIネット銀行の金利が一番低金利ということがわかるかと思います。

無利息カードローンなら、利息なしでお得にお金を借りれます

最近は、いくつかのカードローン会社が無利息キャッシングサービスを提供しています。
無利息サービスは、キャッシング会社側が定めた一定期間、無利息でキャッシングができるというサービスになります。

無利息サービスの多くは、30日間以上の無利息期間をもうけていて、この期間は利息が一切かかりません。ですから、30日以内に返済できるという方には、まさにうってつけのサービスになります。

お金を借りるなら、当然、無利息のほうがいいですよね!

ここでは、無利息サービスを実施しているカードローン会社を紹介したいと思います。

無利息サービスのポイント
  • 無利息期間で定められた期間内は一切利息が付かない
  • 永久に無利息でお金を貸してくれるわけではなく、無利息期間を設けている
    (一般的には30日~60日間)
  • 金利の計算をする必要がないので、借入が楽
  • 無利息サービスを実施しているカードローン会社は数社しかない

無利息サービスを実施しているカードローン会社は2社

現在、無利息サービスを実施しているカードローン会社は「プロミス」「アコム」の2社になります。

  無利息期間 実質年率 限度額 審査時間 総量規制
プロミス 30日間
(メールアドレスとWeb明細利用の登録が必 要)
4.5%~17.8% 500万円 即日 対象
アコム 30日間 3.0%~18.0% 800万円 最短30分 対象

それぞれ、無利息サービスの内容が違っていますので、カードローン会社別に内容を紹介したいと思います。

プロミス 【30日間無利息サービスを実施中!!】



お申込みはこちら
金利(実質年率 最低~最高) 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 1~500万円 即日
担保・保証人 来店 無利息期間
不要 不要 30日(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をされた方が対象)
即日融資 返済方式 返済期間・回数
可能 残高スライド元利定額返済方式 最終借入後原則最長
6年9ヶ月・1~80回

プロミスでは現在、30日間無利息サービスを実施しています。

ちなみに、30日の利息というがのどれくら金額になるのかをイメージしやすいように、 借入額別に表にしてみました。
※金利は17.8%で計算しています。

借入額 金利 借入期間 利息
5万円
17.8%
30日
\732
10万円
17.8%
30日
\1,463
15万円
17.8%
30日
\2,195
20万円
17.8%
30日
\2,926
30万円
17.8%
30日
\4,389
50万円
17.8%
30日
\7,315
100万円
17.8%
30日
\14,630

30日間無利息サービスを利用すれば、これらの利息が無料になります。

プロミスのポイントサービスの詳細については、こちらのページで説明していますので、
初回だけでなく、何度かプロミスを利用する予定がある方は、ご覧になってみてください

>> 今なら30日間無利息サービス実施中!詳細はこちら


プロミスはインターネットからの申込みに対し、最短30分という素早い審査を実施しているため、今日中にお金が必要という方には、最適なカードローン会社になります。

いまなら30日間は無利息で借入できますので、短期借入希望の方にもおすすめです。

利用限度額が大きくなると金利が低くなるのはなぜか

カードローンの金利で、疑問に感じるかもしれないのが、利用限度額が高いほど金利が低くなることです。
カードローンの金利は、4.6%~14.6%などと、かなりの開きがあります。これは利用限度額が50万円なら14.6%で、その10倍の500万円のカードローンに適用される金利が4.6%ということなのですね。

こうした金利は金融機関が勝手に決めているわけではなくて、利息制限法という法律で定められた上限金利の範囲内で設定しています。当たり前ですが、14.6%というのも法定金利の範囲内です。

ただ、法定金利ということもあるのですが、上限金利が高くなると金利が低くなるのは、元金が大きくなると、支払う利息も十分大きな額になるからです。言葉は悪いですが、500万円の元金のカードローンなら、4.6%でも金融機関の利益としては十分だからということです。

当然ですが、いくら金利が低くても実際の利用残高が多ければ、支払っている利子は大きくなります。高い残高で返してはまた借りるを繰り返してしまうと、高い利息をずっと払い続けることになりますので、高利のローンを借りているのと変わらなくなってしまいます。ローンは金利でも考える必要がありますが、利息計算でも考えないと思わぬ落とし穴にはまり続けることになるわけです。

またカードローンは用途によって金利が違うのかという疑問を持つ方もいるようですが、カードローンは事業性資金以外は用途自由の多目的ローンですから、用途がなんであれ、同じ金利が適用されます。もし、資金使途が教育資金や車の購入などと決まっているのであれば、それに合った目的ローンを利用したほうが低い金利でローンを利用できます。車の購入をカードローンの資金を充当する方は少ないでしょうが、車を買うためにカードローンを使うと銀行の担当者に伝えても、カードローンの適用金利が低くなったりはしませんので注意してください。

低金利のカードローンを選ぶ時のポイント

低金利のカードローンを選ぶ場合は、審査特性から、銀行カードローンのなかで検討するか、銀行系消費者金融のなかで検討するかに分かれるでしょう。
審査基準が多少厳しくても低金利であることを重視するなら、銀行本体のカードローンのほうが良いでしょうし、柔軟審査を重視した上で、低金利なカードローンを検討するなら銀行系消費者金融のなかで検討することになります。

もうひとつのポイントは、示されている最低金利は、極度額が高いプランのものですから、自分が利用したい極度額で金利の比較をするということです。おまとめ以外なら、はじめは多くても、極度額が100万円までとなるでしょうから、最高金利で比較することも忘れてはいけません。

低金利のカードローンランキング

住信SBIネット銀行

  • 金利が0.99%~7.99%と全カードローンの中で最安金利!
  • 利用限度額は最大1,200万円と全カードローンの中で最大の限度額!
  • 明細書はネットで確認が可能のため、自宅に明細書が郵送されない!
  • 使途は自由なので幅広い使い方が可能。

銀行カードローンの中でも最低金利の年0.99%~7.99%で、限度額も最高1,200万円と銀行のカードローンの中でもトップクラス。
明細はネットで確認できるため、 自宅に郵送されることはないので、家族に知られずにお金を借りたい方には最適なカードローンになります。
ネット上の体験談を見ると、おまとめ利用の方の審査を柔軟にしているという書き込みも目にしまので、おまとめを検討している方には最適なカードローンになります。

金利 限度額 審査時間 融資時間 ATM手数料
0.99%~7.99% 1,200万円 最短60分 即日融資可能 無料
詳細はこちら 公式サイトから申し込む!

アコム審査回答まで最短30分!即日振込も可能

  • 8:00~22:00までの申し込みで即日融資が可能!
  • 3項目の入力だけでお借入可能か3秒で診断
  • 自動契約機の利用で土日祝日でも即日融資が可能

審査回答最短30分と即日融資に強く、顧客対応が良いのがアコムです。来店不要で24時間ネットで申し込みが可能。振込手数料無料、24時間土日祝日でも返済可能です。アコムは、「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」「楽天銀行」に対応しているので、 これらの銀行口座を持っている方は、18:00までにWEB契約が完了するように申し込むと即日融資が可能です。主婦・学生の方でも、パート、アルバイトによる20歳以上の安定した収入がある場合は借入可能です。 (※専業主婦は除く)

金利 限度額 審査時間 融資時間 お試し診断
4.7%~18.0% 500万円 最短30分 最短1時間 あり
詳細はこちら 公式サイトから申し込む!

三菱東京UFJ銀行

  • ATM利用手数料0円!
  • 土日祝日でも融資可能
  • 1,000円単位で借入が可能
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用可能

バンクイックは、24時間申込み可能で、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用可能です。
土日祝日でも融資に対応している他、金利は1.8%~14.6%と低金利、ATM手数料0円、年金受給者の方も利用が可能など、利便性やサービス内容も非常に充実しています。

金利 限度額 審査時間 融資時間 お試し診断
1.8%~14.6% 500万円 - - あり
詳細はこちら 公式サイトから申し込む!
ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る