銀行カードローンの借り換えローン・おまとめローン

銀行のカードローンは、不意の支出に備えて持つか、まとまった支出があるためにつくるのが一般的ですが、すでにある複数の借り入れを一本にまとめたり、より金利の低いローンに借り換えるためにカードローンをつくることもあります。

カードローンは、教育ローンやマイカーローンとは違い、使いみちが自由なフリーローンですから、借金の借り換えに使っても問題ありません。消費者金融の金利が高かったころから、その残債を借り換えるために、銀行のカードローンを申し込む方はいたものです。今はそれが商品化されたり、「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」として出てきているというわけです。

借り換えローンは審査もそれなりに厳しくなる

借り換えやおまとめ向けにつくられているカードローンのなかには、複数の借り入れをまとめられるように、利用上限額が500万円以上で可決されるものもあります。

しかし、まとめなければならない、借り入れが400万円も500万円もあるような方に、銀行や、実質的な審査を行う保証会社が、極度額の大きなカードを救済的に発行してくれることはありませんので、年収に基づいた審査によって、返済能力に見合った極度額が設定されます。

カードローンというのは、はじめての方には、大体10万円~30万円までのローンカードを発行することが多いわけですが、おまとめや借り換えとなると、初回でも100万円以上の希望額でカードローンを申し込むことも少なくないでしょう。当然ながら、そのぶん、申し込み者の年収や返済状況が、より厳しく見られることになります。

10万円でもいいから借りたいという方は、「カードローンで10万円借りたい!気になる金利・利息・最低返済額を徹底調査!」で詳しく解説していますのでこちらをご覧ください。

カードローンの金利は極度額で変わる

カードローンの金利は、極度額によって変わってきます。たとえば、カードローンの広告を見ると、金利は4.6%~14.6%などとなっており、かなり幅があります。4.6%というのは500万円カードローンの金利であり、30万円のカードローンでは14.6%が適用となるわけです。そのため、金利の低いおまとめローンをさがす場合は、設定額で比較する必要があります。

なお、借り換えたいローンの金利は、18%ぐらいが一般的でしょう。このとき、銀行のカードローンなら、最高金利で借り換えても金利差は3%ぐらい生じますが、銀行系消費者金融の最高金利だと、借り換えても金利差がほとんど生じません。しかし件数が1本化されると、それだけでも月々の返済金額は下がります。
消費者金融系のカードローンで借借り換える場合は、たとえ2本でも良いので、複数の借り入れををまとめられるように計画してください。

カードローン借り換えの流れ

カードローンの借り換えの流れは、ローンカードが発行されるまでは、普通のカードローンと同じです。

カードローンは、いまではインターネット経由で申し込むケースが多いのではないでしょうか。
まず、ローン会社のホームページから、申し込みフォームで、基本情報を送信して、仮審査を受けます。仮審査では、信用情報機関から得た、ローン利用・返済履歴などから、カードローンの申し込みが可能な申し込み者かどうかがチェックされます。

そして、ここで問題がなければ本審査に進み、必要書類などを用意し送付します。本審査の結果はメールか電話で通知されますが、カードローンの希望金額によっては、金額調整がはいる場合もあります。本審査が可決されると、一週間ほどで自宅にローンカードが郵送されます。

なお、銀行系カードローンは極度貸付方式が一般的ですが、銀行カードローンには証書貸付もあり、契約証書にて、借入金額や借入期間を取り決め、償還予定に従って返済していくものがあります。こちらの場合は、本審査可決後、金銭消費貸借契約を締結することになりますので、書類のやりとりが増えますし、カード発行にも少々時間がかかります。

なお、使いみちが限定されている目的ローンと違い、カードローンは使いみちが限定されないフリーローンです。借り換え・おまとめローンで借りても、フリーローンであることは変わりません。極端に言えば、借り換え目的でつくったカードローンから資金を引き出して、旅行費用にあてることもできるのです。

しかし、そんなことをしていては、いつまでたっても借り入れは減らず、苦しむことになりますし、途上与信で融資枠を少しずつ増やしてくれるような会社もありますから、そこからは融資ストップとなります。借り換えでカードローンをつけてもらえた場合は、何があっても他社の返済に回すようにしてください。

カードローン借り換えの注意点

借り換えやおまとめ目的でカードローンを利用する上で注意したいのは、今借りているローンの滞納です。年収が十分あっても、一本化しようとしているローンの返済に問題があると、事前審査で落ちてしまいます。すでに直近で、返済の遅れなどが生じているなら、期日に遅れず返済している実績をつけてから(時期をずらしてから)、申し込んだほうが良いかもしれません。

また一般的に金額が大きくなるおまとめローンは、審査が厳しくなりますので、否決されないにしても、希望額がつかない場合もあります。またローンカードの発行条件に、保証人を求められることも銀行によってはあります。そのような場合はどう対応するかも、考えておきたいところです。
(個人的には、カードローンは保証人をたてなくてもすむ範囲で利用したほうが良いと考えています。)

おまとめ・借り換えに最適!低金利カードローンランキング

住信SBIネット銀行

  • 金利が0.99%~7.99%と全カードローンの中で最安金利!
  • 利用限度額は最大1,200万円と全カードローンの中で最大の限度額!
  • 明細書はネットで確認が可能のため、自宅に明細書が郵送されない!
  • 使途は自由なので幅広い使い方が可能。

銀行カードローンの中でも最低金利の年0.99%~7.99%で、限度額も最高1,200万円と銀行のカードローンの中でもトップクラス。
明細はネットで確認できるため、 自宅に郵送されることはないので、家族に知られずにお金を借りたい方には最適なカードローンになります。借入希望額が300万円以下であれば、収入証明書の提出が不要です!
ネット上の体験談を見ると、おまとめ利用の方の審査を柔軟にしているという書き込みも目にしまので、おまとめを検討している方には最適なカードローンになります。
銀行のカードローンのため総量規制の対象外

金利 限度額 審査時間 融資時間 収入証明
0.99%~7.99% 1200万円 最短即日 即日融資可能 300万円以下の借入なら
提出不要
詳細はこちら 公式サイトから申し込む!

三菱東京UFJ銀行

  • 最短30分の即日審査で即日融資も可能!
  • 土日祝日でも即日融資に対応
  • 収入のない専業主婦でも借入が可能
    (利用限度額30万円以内)
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用可能

審査回答最短30分と即日融資に強く最短即日利用も可能です。
銀行カードローンの審査は、一般的に平均3日程度掛るものですが、バンクイックは最短30分ですから、いかに対応がスピーディーかがご理解頂けると思います。
土日祝日でも即日融資に対応している他、金利は1.8%~14.6%と低金利、ATM手数料0円、学生や年金受給者、専業主婦の方も利用が可能など、利便性やサービス内容も非常に充実しています。

金利 限度額 審査時間 融資時間 収入証明
1.8%~14.6% 500万円 最短30分 即日 200万円以下の借入なら提出不要
詳細はこちら 公式サイトから申し込む!

みずほ銀行

  • みずほ銀行の口座を持っていれば、最短即日で利用が可能!
  • 限度額は最高1,000万円と全カードローンの中でもトップクラス
  • 借入希望額が200万円以下であれば、収入証明書の提出が不要
  • キャッシュカードですぐに利用可能

実質年率3.0%~7.0%という金利の低さと、限度額1,000万円という高スペックなところがみずほ銀行カードローンの注目ポイント。最高金利の7.0%というのは、銀行のカードローンとしてはトップクラス。
また専業主婦も30万円までは借入可能、200万円以下の借入なら収入証明不要です。
銀行のカードローンのため総量規制の対象外。そのため年収の1/3以上の借入も可能。
「WEB完結申し込み」を利用すれば、申し込みから利用までネットで完結。

金利 限度額 審査時間 融資時間 収入証明
3.0%~7.0% 1,00万円 最短即日 最短即日 200万円以下の借入なら提出不要
詳細はこちら公式サイトから申し込む!
ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
ページトップへ戻る