低金利のカードローンを徹底比較!一番金利が安いのはどこ?利息が少ないのは?

カードローンは低金利な商品を利用した方が、総返済額を抑えることができます。とはいえ、最も金利が安いカードローンはどこなのでしょうか。

そこで今回は、低金利のカードローンについて取り上げながら、低金利カードローンの選び方、メリット・デメリット、審査の難易度など詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

低金利のカードローンを比較!各社の金利とは?!

この項では、低金利のカードローンを比較していくことにしましょう。今回は、代表的な大手カードローンを15社ピックアップしました。

カードローンで低金利なのは銀行ばかりとなりますが、今回は信販系も取り入れています。まずは以下の表をご覧ください。

金融機関種別 カードローン 年金利 限度額
銀行系
三菱東京UFJ銀行カードローン
1.8%~14.6%
10~500万円
三井住友銀行カードローン
4.0%~14.5%
10~800万円
みずほ銀行カードローン
(コンフォートプラン)
3.5%~14.0%
10~1,000万円
オリックス銀行カードローン
1.7%~17.8%
800万円まで(下限金額不明)
楽天銀行スーパーローン
1.9%~14.5%
10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン
(プレミアムコース)
1.59%~7.99%
10~1,200万円
じぶん銀行じぶんローン
2.2%~17.5%
10~800万円
イオン銀行カードローンBIG
3.8%~13.8%
30~800万円
東京スター銀行カードローン
1.8%~14.6%
10~1,000万円
横浜銀行
1.9%~14.6%
10~1,000万円
信販系
三菱UFJニコスローンカード
6.0%~17.6%
1~500万円
セディナフォーライフDXカード
8.0%~18.0%
1~300万円
三井住友カードゴールドローン
3.5%~9.8%
700万円まで(下限金額不明)
マネーカードゴールド(セゾン)
6.47%~8.47%
200万円(8.47%)/300万円(6.47%)
オリックスVIPローンカード
1.7%~16.8%
30~800万円

 

上記の表を参考にしながら、低金利の大手カードローンの特徴を見ていくことにします。以下に3つ挙げましたので、参考にしてください。

【特徴その1】信販系の方がお得なことがある
カードローンを利用するなら、銀行系が最もお得といった話を耳にすることがあります。たとえば、カードローンの低金利ランキングなどをネットでリサーチすると、上位となっているのはだいたい銀行系カードローンです。

しかし上記の表でご紹介したカードローン会社の中で、最も上限金利が低かったのは『マネーカードゴールド(セゾン)』でした。そのため、必ずしも銀行系カードローンの方がお得になるとは言い切れないのです。

ちなみに、銀行系カードローンの多くは、上限金利が14%前後となっています。言うまでもなく先程もご紹介した『マネーカードゴールド(セゾン)』の方が断然お得です。

【特徴その2】上限が17%を超えると消費者金融と変わらない
『銀行系カードローンは金利が低い』という言葉を鵜呑みにしてしまうと、後々痛い思いをすることになります。というのも、じぶん銀行じぶんローンや、オリックス銀行カードローンのように、上限金利が17%を超えると消費者金融と変わらないからです。

ちなみに、消費者金融系は上限金利が平均18%となっています。たった1%しか変わらないのであれば、比較的審査に通過しやすい消費者金融系を選択した方が無難です。

つまり上限金利が14%前後のカードローンを利用しない限り、お得になったとは言えないのです。

【特徴その3】他の金融商品も利用していると金利が安くなることがある
銀行系カードローンの場合、カードローン以外にも様々な金融商品を扱っています。中でも利用者が多いのは住宅ローンです。カードローンと住宅ローンを同時に利用すると、カードローンの金利が低くなることがあります。

たとえば、みずほ銀行の場合、住宅ローンとカードローンを併用すると、カードローンの年金利を0.5%引き下げて貰うことが可能です。この辺りの情報は、必ず公式WEBサイトで案内されていますので、チェックしておきましょう。

また、みずほ銀行や住信SBIネット銀行MR.カードローンのように、同じカードローン商品の中でも『上限コースと下限コース』に分かれていることがあります。

自らコースを選択することはできませんが、利用状況が良好であればいずれ案内されることもあり得ます。

もしもカードローンを長く利用するのであれば、上限コースがあるカードローンも検討してみましょう。

利息はどのくらいかかるの?

この項では、『10万、30万、50万円』借りた場合の利息を比較していくことにします。

前項で取り上げた15社のケースを以下の表にまとめました。まずはこちらをご覧ください。

金融機関種別 カードローン 利息
10万円 30万円 50万円
銀行系
三菱東京UFJ銀行カードローン
1,216円 3,650円 6,083円
三井住友銀行カードローン
1,191円 3,575円 5,958円
みずほ銀行カードローン
(コンフォートプラン)
1,166円 3,499円 5,833円
オリックス銀行カードローン
1,463円 金利不明により計算不可
楽天銀行スーパーローン
1,208円 3,625円 6,041円
住信SBIネット銀行カードローン
(プレミアムコース)
656円 1,970円 3,283円
じぶん銀行じぶんローン
1,438円 金利不明により計算不可
イオン銀行カードローンBIG
1,149円 3,449円 5,749円
東京スター銀行カードローン
1,216円 金利不明により計算不可
横浜銀行
1,216円 3,650円 6,083円
信販系
三菱UFJニコスローンカード
1,446円 4,339円 7,232円
セディナフォーライフDXカード
1,479円 4,438円 7,397円
三井住友カードゴールドローン
816円 2,450円 4,083円
マネーカードゴールド(セゾン)
705円(200万)
539円(300万)
2,117円(200万)
1,617円(300万)
3,529円(200万)
2,695円(300万)
オリックスVIPローンカード
1,380円 金利不明により計算不可

 

この図から様々なことが分かりますが、最も利息が安かったのはセゾンが提供しているカードローンサービス(限度額300万円コース)であることが分かります。続いて安かったのは、住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース)でした。

その他のカードローンに関しては、どれも大差ないことが分かります。なお、オリックス銀行、じぶん銀行、東京スター銀行、オリックスVIPローンカードの場合、1万円から100万円未満の借入額に対する金利に変動があったため、すべての利息を算出することが困難でした。

とはいえ他社と比較しても、そこまで大きな差にはならないといえそうです。今回算出した利息は、あくまでも契約時に一括で借入をした場合の利息となります。

返済と借入を繰り返したり、1回辺りの返済金額が異なってくると、支払う利息も大きく変わってくるものです。上記の表は、あくまでも目安として捉えるようにしてください。

どの会社の金利が一番お得になるの?

今一度、『低金利のカードローンを比較!各社の金利とは?!』の項でご紹介した表をご覧ください。どのカードローンが低金利なのか比較しようと思っても、表の情報だけでは比較のしようがないことが分かります。

そもそもカードローンの金利は、『利息制限法』によって定められているものです。10万円未満の最高金利は20%まで、10万円から100万円未満は18%まで、100万円を超える場合は15%となっています。

また、実際の金利は、借入限度額、取引実績、審査の結果などによって変動するものです。つまり、実際に契約をして使ってみないと、どこが一番お得になるかは分からないといえます。

どうしても確かな情報を入手したいのであれば、直接問い合わせて相談するようにしましょう。とはいえ、このような状況の中で、敢えて一番お得になるカードローン会社を1つ挙げるとすれば『マネーカードゴールド(セゾン)』となりそうです。

借入限度額が300万円までというのが少々ネックですが、少額融資を希望しているのであれば、どのカードローン会社よりもお得に利用することができます。

低金利カードローン選び方5つのポイント

この項では、低金利カードローンの選び方をご紹介していきます。今回は5つのポイントをピックアップしましたので、参考にしてください。

【ポイントその1】金利の低さだけで選択しない
低金利のカードローンを選択する際、金利の低さだけで選ばないようにしましょう。なぜなら、金利が低くなるにつれて審査が厳しくなるからです。たとえば、返済能力はあるかシビアにチェックされたり、与信審査が厳しく行われるようになります。

また、低金利かどうかを確認するときは、上限に設定されている金利を確認しましょう。たとえば、楽天銀行スーパーローンの場合、広告などでは『年利1.9~14.5%』と案内されています。

しかし、100万円未満までの借入額であれば、14.5%の金利が適用されるため『1.9%』ではなく『14.5%』という数値をチェックするということです。『1.9%』は借入額が800万円となったときに適用される金利であるため、参考にしても意味がありません。

【ポイントその2】返済が長引きそうなら金利が低い方を選択する
たった1%の金利くらいなら、そんなに変わりはないと考えてしまうものです。しかし返済が長期に亘る場合は、1%でも金利が低い方がお得となります。事例を見ながら比較していくことにしましょう。

たとえば、年利18%・年利14%のカードローン会社から10万円借入したとします。返済期間は2年間(24回)です。トータルで支払う利息は以下の通りとなります。

・年利18%:利息総額19,808円
・年利14%:利息総額15,219円

次に返済が長引いたケースを想定し、返済回数を5年間(60回)としてみましょう。

・年利18%:利息総額52,326円
・年利14%:利息総額39,585円

2年間の返済期間のときは4,589円でしたが、5年間になると12,741円の差となりました。今回は借入額が10万円だったため、この程度の差となりましたが、返済期間が長引く場合は低金利の方がお得になることは言うまでもありません。

【ポイントその3】信販系のカードローンも視野に入れて検討する
信販系のカードローンとしては、JCBカードローンFAITHや、マネーカードゴールド(セゾン)などが有名ですが、銀行系のカードローンよりもお得になることがあるものです。

たとえば、JCBカードローンFAITHの場合、年4.4%~12.5%となっていますし、借入限度額は50万~500万円です。三井住友カードゴールドローンですと、年金利は3.5%~9.8%、借入上限金額は700万円までとなっています。

即日融資に対応していなかったり、金利が低い分、審査がやや厳しくなることは否めませんが、できるだけ金利を抑えたいのであれば、公式WEBサイトから詳細を確認するようにしましょう。

【ポイントその4】手数料をチェックしておく
提携ATMを利用して、借入や返済を行う予定であれば、利用手数料を確認しましょう。せっかく金利の部分で節約できたとしても、提携ATMの利用手数料を取られてしまっては意味がありません。

そのため、借入方法や返済方法をチェックした上で、併せて手数料の有無も忘れずにチェックしておきましょう。

【ポイントその5】最低返済金額をチェックしておく
金利が低ければ、利息額も低くなることは言うまでもありません。ついつい忘れがちなのは、最低返済金額です。1回辺りの最低返済額のことを指していますが、この金額は各カードローン会社によって異なります。

また借入金額によっても、最低返済金額は異なるものです。たとえば、三井住友カードゴールドローンの場合、10万円までの借入であれば、最低返済額は2万円+利息ですし、オリックス銀行カードローンの場合は、10万円の借り入れで最低返済額は7,000円です。

最低返済額が無理のない金額になっていないと、返済が苦しくなった時に自分の首を絞めてしまいます。そのため、金利だけではなく、必ず最低返済額も確認しておくようにしましょう。

低金利カードローンも即日融資できる?

結論からいいますと、低金利のカードローンでも即日融資は可能です。ただし、即日融資に対応している低金利なカードローンは限られています。具体的にいうと、三菱東京UFJ銀行バンクイック、三井住友銀行カードローンが有名です。

なお、借入額が10万円から30万円程度までであれば即日融資となるケースは珍しくないものの、それ以上の借入額になると審査に時間が掛る恐れがあります。

低金利であることよりも、即日融資を優先するのであれば、消費者金融の方がスピーディーです。どうしても低金利にこだわる場合は、以下でご紹介する即日融資対応の銀行カードローンを検討してみてください。

ただし、借入金額を10万円程度にしないと、即日融資は困難となります。また、他社からの借入件数や借入総額が多かったり、返済に遅れがあったりする場合は、即日融資は諦めた方が無難です。

カードローン 年金利 ポイント
三菱東京UFJ銀行カードローン
1.8%~14.6%
テレビ窓口により申し込むと、最短40分で即日融資可能。
三井住友銀行カードローン
4.0%~14.5%
受付時間によっては、翌日以降の対応となる。
みずほ銀行カードローン
(コンフォートプラン)
3.5%~14.0%
事前に口座開設必須。WEB完結で申込みをすると、最短で即日融資となる。
楽天銀行スーパーローン
1.9%~14.5%
受付時間、審査内容によって即日融資が困難なことがある。
新生銀行レイク
4.5%~18.0%
平日14時までに申し込みと書類提出を済ませる必要がある
住信SBIネット銀行カードローン
(プレミアムコース)
1.59%~7.99%
事前に口座開設必須
横浜銀行
1.9%~14.6%
口座開設必須。受付時間によって即日融資が困難なことがある。

低金利カードローンのメリット・デメリットとは

この項では、低金利カードローンのメリット・デメリットについてご紹介していきます。代表的なものを以下にまとめましたので、参考にしてください。

【3つのメリット】
◆利息の負担が少なくて済む
金利が低いということは、利息の負担が少なくて済みます。特に長期間に亘って返済をする場合や、まとまったお金を借入する場合は、金利が低い方がお得です。

◆返済期間が多少長くなっても利息負担はそこまで大きくならない
低金利のカードローンの場合、多少返済期間が長引いたとしてもそこまで大きな負担とはなりません。事例を用いて見ていくことにしましょう。

今回は、マネーカードゴールド(セゾン)と三菱東京UFJ銀行カードローンを比較していきます。以下に借入状況をまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。なお、借入金額は30万円とします。

・マネーカードゴールド(セゾン):金利8.47% / 返済期間3年(36回)
・三菱東京UFJ銀行カードローン:金利14.6% / 返済期間2年(24回)

上記の条件でシミュレーションしたところ、利息負担は以下の通りとなりました。

・マネーカードゴールド(セゾン):40,760円
・三菱東京UFJ銀行カードローン:47,725円

マネーカードゴールド(セゾン)の方が、1年間返済期間が長いのですが、トータルで支払う利息は低くなっています。以上のことからも、返済期間に余裕を持たせたいのであれば、低金利カードローンの方がお得だといえるのです。

◆借り換えに適していることがある
すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、借り換えを検討している方は、低金利なカードローンを検討してみましょう。

詳細はこの後の項で詳しくご紹介しますが、金利が高いカードローンをいつまでも利用していると、最終的には利息分で損をしてしまいます。

なお、今まで利用していたカードローンで利用実績があると、借り換え希望先のカードローン会社の審査で有利に働くため、審査に通過しやすくなるものです。

【3つのデメリット】
◆審査に時間が掛ったり、即日融資が困難なことがある
金利が低いと慎重に審査が行われるため、どうしても借入までに時間がかかることがあります。近年は借入までに掛るスピードが早くなってきましたが、それでも消費者金融と比較するとまだまだ遅いといえそうです。

◆審査に通過しづらい
カードローンの場合、低金利になるほど審査は厳しくなります。確実に返済して貰えるのかどうか、返済能力を厳しくチェックするのです。そのため、金利が低くなるほど審査に通過しづらくなります。

◆保証会社の審査にも通過しなければならない
低金利のカードローンの場合、保証会社を利用するケースがほとんどです。保証会社は、いわゆる保証人のような役割を果たす立場にあります。そのため、審査の際はカードローン会社と保証会社の審査に通過しなければなりません。

消費者金融の場合、保証会社を使うことはないため、消費者金融の独自審査に通過すればすぐに契約・借入となります。

低金利カードローンと無利息期間のあるカードローンならどっちが得?

結論からいいますと、返済期間によって異なります。短期間で一気に返済できる場合は、無利息期間のあるカードローンの方がお得になることがあります。

事例を用いて、もう少々詳しくみていくことにしましょう。今回は、プロミスと三菱東京UFJ銀行バンクイックを比較してみました。プロミスには、30日間の無利息期間があります(メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要)。まずは、以下の図をご覧ください。

カードローン 金利 借入額 利息
5回払い 10回払い
プロミス 年17.8% 10万円 2,987円 6,803円
三菱東京UFJ銀行カードローン 年14.6% 10万円 3,677円 6,807円

 

ご覧の通り、プロミスの5回払いとバンクイックの5回払いの利息額を比較したところ、プロミスの方が利息の負担が少ないことが分かります。

10回払いに関しても、4円の差しかないとはいえプロミスの方がお得です。以上のことから、短期間ですぐに返済できるのであれば、無利息期間のあるカードローンが適しており、返済期間が長引くのであれば低金利のカードローンの方が適しているということになります。

低金利のカードローンは審査が厳しいってホント?

低金利のカードローンは借り入れ条件が厳しく、簡単に審査に通過しないケースが目立ちます。ようするに、カードローン会社が与信審査で『この人にお金を貸しても大丈夫』と判断した場合のみ、低金利でお金を借りることができるのです。

一方、金利が高いカードローンは、低金利のカードローンよりも審査は厳しくありません。

収入が安定していることや、滞納などの事故情報がないこと、返済能力があることなど、一定の条件をクリアしている必要はあるものの、どちらかというと審査は緩めです。

なぜここまで違うのかというと、金利が高いカードローン会社は、月々支払う利息額を高く設定することで、万が一の貸し倒れに備えていることが関係しています。

低金利なカードローン会社の場合、保証会社を利用するなどしてリスクヘッジをしていますが、保証人と同じような立場にある保証会社としては、できるだけ立て替え返済はしたくないものです。
この立て替え返済のことを、専門用語で『代位弁済』と呼びます。

代位弁済をできるだけ避けたいからといって、極端に審査を厳しくしているわけではありませんが、消費者金融系のような高金利・単独審査を行っている企業と比較すると、どうしても審査は厳しくなってしまうものです。

借り換えに最適な銀行カードローンはどこがいいの?

金利が低く、まとまったお金を借りることができる銀行カードローンは、借り換えに適した商品です。今後、借り換え先に銀行カードローンを選ぶ場合、どのカードローンを利用したら良いのでしょうか。

結論からいいますと、最適な銀行カードローン商品は、その都度変動するといえます。なぜなら、申込むタイミングによって適したカードローンは変わるからです。

そこで重要となってくるのが、商品の選び方だといえます。選び方さえ抑えておけば、最も適したカードローンを選択することが可能です。そのため、この項では借り換えに最適なカードローンを選ぶ3つのポイントをご紹介することにします。

【ポイントその1】利用しているカードローンよりも低金利である
当然といえば当然ですが、現在利用中のカードローンよりも金利が低くなるか必ず確認しましょう。その上で、最低返済金額もチェックしてください。

公式WEBサイトで提供されているシミュレーションツールを利用しながら、借り換え後にどのくらい変化するのか試してみると、とても参考になります。

【ポイントその2】融資可能な上限金額が高い
カードローンごとで、融資可能な上限金額は異なります。今後、長期間に亘ってカードローンを利用する予定があり、段階的に借入上限金額を上げていきたいのであれば、融資可能な上限金額が高いカードローンを検討しましょう。

だいたい500万円から800万円が無難です。なかには、200万円から300万円の商品もありますが、最終的にどの程度の上限金額にするのかは、利用目的によって変わってきます。

今後のことも考えて、実際にどのくらい必要となりそうなのか検討しておきましょう。

【ポイントその3】借入額によって金利が変動する
カードローンによっては、金利が固定となっていることがあります。一見、とてもお得であるように見えますが、本来、金利は常に変動するものです。そのため、必ず変動制の金利かどうかをチェックしましょう。

契約時に最も金利が低いカードローンを選択したつもりでも、翌年更に低くなっていたということはよくある話です。ですから、借入上限金額に合わせて段階的に金利が低くなっていく商品を選びたいものです。

以上が、借り換えに最適な銀行カードローンの選び方のポイントでした。比較検討の方法が分からないという方のために、事例を用いて更に解説することにします。

たとえば現在、オリックス銀行カードローンを利用していたとしましょう。その上で、楽天銀行スーパーローン、りそなプレミアムカードローンの2社のいずれかに借り換えしたいと検討していた場合、どのように比較検討していけばよいのか以下にまとめました。

◆現在の借入状況
・オリックス銀行カードローン(100万円未満コース)
・年金利:17.8%
・借入額:10万円

【その1】金利を比較
まずは金利を比較しましょう。借入額が10万円の場合、楽天銀行スーパーローンは14.5%、りそなプレミアムカードローンは12.475%です。ということは、りそなプレミアムカードローンへ借り換えた方が、お得になる可能性があると判断できます。

【その2】融資可能な上限金額を比較
次に、融資可能な上限金額を比較していくことにしましょう。オリックス銀行カードローンの場合、100万円未満コースから800万円コースまで分かれています。つまり、希望する借入金額に合わせて、コースを選択することになるのです。

現状では、100万円未満コースを利用しているため、99万円まで借入可能となります。ちなみに、借り換えをきっかけに、上限を300万円まで引き上げたいと考えていることにしましょう。

楽天銀行スーパーローンの場合はどうかというと、特にコースは設けられておらず、最大800万円まで借入することが可能です。上限が300万円となった場合、金利は12.5%となります。

続いて、りそなプレミアムカードローンですが、オリックス銀行カードローンと同様、コースごとに分かれています。限度額50万円型から800万円型までの10パターンです。限度額を300万円とした場合、金利は7.0%となります。

借入可能な上限金額でみると、オリックス銀行カードローンも最大800万円までとなっているため、どのカードローンも同じです。ただし、借入上限金額を300万円までとした場合、オリックス銀行カードローンは年利5.0%となります。

つまり、希望する借入上限金額で判断すると、借り換えはせずにオリックス銀行内でコース変更する方が望ましいといえるのです。

【その3】借入額ごとの金利を比較
最後に、借入額ごとの金利を比較しましょう。以下にまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。

・オリックス銀行カードローン

コース 限度額 年金利
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%
100万円コース 100万円 6.0%~14.8%
150万円コース 150万円超150万円以下 6.0%~14.8%
200万円コース 150万円超200万円以下 5.0%~12.8%
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%

 

・楽天銀行スーパーローン

コース 年金利
10万円~100万円未満 14.5%
100万円~200万円未満 9.6%~14.5%
200万円~300万円未満 6.9%~14.5%

 

・りそなプレミアムカードローン

コース 年金利
限度額50万円型 12.475%
限度額100万円型 11.5%
限度額150万円型 11.5%
限度額200万円型 9.0%
限度額300万円型 7.0%

 

上記の表は、各カードローンの公式WEBサイト上で案内されていた内容を引用したものです。

今回は、借り換えと同時に借入上限を300万円にしたいと考えているため、上記の表のみで判断すると、ベストな借り換え先はりそなプレミアムカードローンということになります。

ただし、最も金利が低いのは、オリックス銀行カードローンの上位コースでした。年金利は5.0%です。以上が比較方法でした。

今回の場合、カードローン低金利の中で借り換え先として最も適しているのは、『オリックス銀行内でのコース変更』、もしくは『りそなプレミアムカードローン』だといえそうです。

何度か繰り返していくうちに、最も適したカードローン会社は見つかるものです。多少の手間はかかりますが、今回ご紹介した3つのポイントは外さないようにしましょう。

まとめ

今回は、低金利カードローンについて詳しくご紹介しました。低金利と聞いただけで、ついつい『お得になる』と考えてしまうものですが、必ずしもそうとは言い切れません。

低金利だからという理由だけで、カードローン会社を選択すると失敗する原因となります。そもそもカードローンの利用目的は、『低金利のカードローンを利用すること』ではなく、『カードローンを利用してお金を借りること』であるはずです。

そのため、返済回数、1回あたりの返済金額、いつまでに完済するのかを明確化した上で、最も利用しやすいカードローン会社を選択するようにしましょう。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
ページトップへ戻る