カードローンのデメリットも知って、上手に使いこなしましょう。

ここではカードローンのデメリットついてまとめてみますが、みなさんは、カードローンについてどんなイメージを持っているでしょうか。一般的には、あまり良いイメージがないかもしれませんね。とくにかつての消費者金融のカードローンは、いまでも世間的にはあまり良いイメージがないと思います。とくに収入が安定している方、そもそもカードローンを必要とされていない方は、そうした思いが強いと思います。

でも、資金調達の一手段としてカードローンを有効に活用している方、必要としている方がいるのも事実です。個人的にはローンの活用はけっして悪い物ではないと思っています。ですから、基本的には、カードローンを必要としている人には、少しでも賢く使っていただきたいと思っているんです。でなければ、こんな文章など書いたりはしません。そんなカードローン擁護派から見た、カードローンのデメリットについて、かいつまんでピックアップしてみます。

なかなか完済できないということ

ひとつは、カードローンは、なかなか完済できないローンということです。これはカードローンが、利用枠が残っているかぎり、なんどでもその範囲で借りることができるということです。カードローンの場合は、長く使っていると、借りるというのではなく、まるで預貯金のように「引き出す」という言葉を使ってしまうまことがありますが、これこそ、カードローンのユーザーが陥りやすいパターンです。

フリーローンとの比較でも触れましたが、フリーローンは枠内融資が自由に利用できません。一度融資が実行されたら、全額手元に来ますが、あとはひたすら返すだけです。返済途中で枠内融資を受けたくてもそれはできないのです。でも確実に完済に近づくことになります。自由に何度でも引き出せるカードローンは、いつまでたっても完済できないで総支払額ばかり増えていくことになります。この点はカードローンのデメリットでしょう。

しかし、利用限度額の範囲で自由にお金を引き出せるから、カードローンなのであって、相反しますがメリットでもあるわけです。ではどうすれば良いかですが、これは個々におかれている状況で変わってきますが、完済できるような時期になったら随時返済を多様して完済を目指す。それまでは、だらしない使い方と言われても気にせず、生活防衛のために活用します。でも本気で完済するには、ちょっと資金繰りが苦しいぐらいで安易に利用枠に頼ってはいけません。その切り替えができないと、本物の借金依存症になり果ててしまいます。ここは各自注意してください。

カードローンの金利は低いわけではない

もうひとつのデメリットは、けっして金利は低くないということです。カードローンは、どうしても長期にわたって利用していしまいがちです。それに利用限度額は、10%台の金利が適用となる、100万円ぐらいまでがいちばん多いはずです。10%台の金利で長期返済し続けるというのは、ローン商品としては高いと言わざるを得ません。カードローンは複数のローンのおまとめにも使われるわけですが、カードローン自体も、本当なら借り換えるべきローンだと言えるのです。

でも個人向けのフリーローン(多目的ローン)で、上限金額100万円ぐらいで10%を切るものは、なかなかありません。だからこそ、カードローンは長期に抱えてはいけないのです。むかしの消費者金融やクレジットカードのキャッシングにくらべれば、たしかに金利は低いですが、だからといって、カードローンは低金利と考えてしまうと、いつまでも大事に抱えてしまうことにもなります。目的ローンになると、もっと低金利のローンはあります。多目的なフリーローンだから、金利は十分低いだろうなどと考えないほうが良いでしょう。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
ページトップへ戻る