カードローン返済を延滞するとどうなる?滞納によるリスクとデメリット

カードローンを利用している場合、注意しなければならないのは、「未払い」、「滞納」、「延滞」、「不払い」、「支払遅延」といった、約定日に残高不足で引き落としができない、ATM入金が間に合わなかったというケースです。

カードローンの約定日に不払いを起こすと、銀行のカードローンであれば、保証会社から、銀行系消費者金融の場合は、その金融会社から、支払が確認できなかった旨の通知と入金のお願いのハガキが届きます。金融会社によっては、携帯宛てに連絡が入る場合もありますが、通常はハガキによる通知です。

しかしどうしても支払えない状態の場合は、電話連絡が入る場合もあります。いずれにしても、借りているところが大手の場合は、電話によるキツイ催促などはありません。
でも何とかしなければいけないことはたしかです。

返済が遅れる場合は、真っ先に担当者に連絡をする!

もし、返済期日までに返済が難しい場合は、出来るだけ早く担当者に電話をして、返済が遅れることを伝えておきましょう。事前に連絡をしておけば、カードローン会社からの督促をストップすることができます!

事前に連絡をしても延滞した記録は残りますが、何も言わないで延滞するのよりもはるかに好印象になります。

カードローンの延滞中は、そのカードローンからお金を引き出すことは出来ません。ただし、その後にきちんと支払えば、また利用することができます。ほかの支払とのバランスをみて、できるだけ早く入金しましょう。

またどうしてもすぐ支払えない場合は、いつまでに入金できれば、利用再開できるか、確認しておいたほうが良いでしょう。その期日を1日でも越えてしまうと、3ヶ月ほど使えなくなるからです。カードローンで何とかつないでいる場合は、これがいちばん手痛いお仕置きではないでしょうか。

なお、カードローンが都市銀系でなく、消費者金融の場合は、事前に連絡すれば支払日の変更に応じて貰える場合があるぐらい対応が柔軟なところもありますが、初期遅延(1週間ほどの遅延)をすぎてしまうと、催促(督促)はもう少しプレッシャーが強くなりますので、その状態になってしまうと、「どれくらいまで返済を待ってくれますか?」といった質問がしづらくなってしまいます。

そうならないためにも、業者から連絡がくる前にこちらから連絡し、やはり1日でも早く入金してしまうことが一番にするべき対処法になります(もちろん都市銀系の場合も、そうした姿勢で対処するのが基本です)。

1回でも延滞するとブラックにリストに載ってしまうのか?

カードローンの返済を延滞した場合のリスクとデメリットは、借入先の金融機関・貸金業者、そして個人信用情報に延滞したことが記録されることです。事故情報とは金融取引に関するトラブルを表したもので、俗にいう“ブラックリスト”です。滞納による事故情報の登録は最終取引日から数えて5年~10年目が時効です。

一番気になるところは、1回でも延滞してしまうと、そのブラックリストに載ってしまうのか?ということだと思います。ブラックリストは、返済を3ヶ月滞納しなければ大丈夫です。1回~3回程度の延滞であれば、「何か事情があって振り込めなかったのかもしれない」と配慮してくれるところが多いようです。

なので数日程度の延滞ならあまり心配する必要はありません。ただし、そうは言っても延滞を何度も繰り返していると、カードローン会社からの信用が低下し最悪の場合、カードが返済専用になり限度額がゼロになってしまう可能性がありますので注意が必要です。

遅延損害金とは

カードローンの返済を延滞すると、返済日に遅れた日数分だけ“迷惑料”が発生します。
この迷惑料が「遅延損害金」です。カードローンの遅延損害金利率は、銀行も消費者金融も大体一律20%に統一されています。

カードローン各社の遅延損害金利率

名称 遅延損害金の利率
アコム
20.0%
プロミス
20.0%(実質年率)
モビット
20.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン
借入利率と同じ利率
住信SBIネット銀行カードローン
20.0%
レイク
20.0%
オリックス銀行カードローン
借入残高に対して借入利率 + 2.1%
楽天銀行スーパーローン
19.9%
オリックスVIPローンカード
19.9%

上記の表を見て頂くとわかりますが、三菱東京UFJ銀行カードローンオリックス銀行カードローンの2社は、
借入利率によって遅延損害金の利率が変わってきます。借入利率というのは、お金を借りたときの利率いわゆる金利ですね。

そのため、三菱東京UFJ銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの遅延損害金の利率も借りる金額によって変わってきます。
カードローンの金利は変動金利といって、借りる金額が大きいと金利は低くなり、小さいと金利は大きくなります。

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの金利は、

三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%

となっています。この場合、借入額が10万円のような少額の場合、最高金利が適用されるので、それぞれ14.6%、17.8%の金利が適用されるということになります。

ということは、三菱東京UFJ銀行カードローンは、この利率がそのまま遅延損害金の利率になりますので、14.6%ということになります。

一方、オリックス銀行カードローンの場合、「借入残高に対して借入利率 + 2.1%」ということなので、17.8% + 2.1% = 19.9%ということになります。

これを踏まえて再度、カードローン各社の遅延損害金利率を見てみると、三菱東京UFJ銀行カードローンの遅延損害金が圧倒的に低いことがわかると思います。

カードローン各社の遅延損害金利率(10万円を借りた場合)

名称 遅延損害金の利率
アコム
20.0%
モビット
20.0%
プロミス
20.0%(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン
14.6%
住信SBIネット銀行カードローン
20.0%
オリックス銀行カードローン
19.9%
レイク
20.0%
楽天銀行スーパーローン
19.9%
オリックスVIPローンカード
19.9%

遅延損害金の計算方法について

遅延損額金の計算方法は、下記のように計算します。

借入額(元金)×遅延損害金年率 ÷365日 × 延滞日数

例えば、借入額10万円、遅延損害金率20%、30日の延滞の場合

10万円 × 20% ÷ 365 × 30 = 1,643円

となり、遅延損害金は1,643円ということになります。

遅延損害金は“通常の利息分”と一緒に支払わなければなりません。そのため、返済額が大きくなります。
決められた返済日に支払えば「月々の元金+月々の利息分」でOKですが、
延滞すると、「月々の元金+月々の利息分+遅延損害金」を支払うことになります。

遅延損害金は遅れた日数分の日割り計算ですから、遅れたら1日でも早く入金することが大事です。

参考までに、各カードローン会社で借入額10万円を30日延滞した場合と50万円を30日延滞した場合の、
遅延損害金の額がいくらになるのかを表にまとめてみました。

カードローン各社の遅延損害金額(借入額10万円を30日延滞した場合)

  遅延損害金額
(借入額10万円)
遅延損害金額
(借入額50万円)
アコム
1,643円
8,219円
モビット
1,643円
8,219円
プロミス
1,643円
8,219円
三菱東京UFJ銀行カードローン
1,200円
6,000円
住信SBIネット銀行カードローン
1,643円
8,219円
オリックス銀行カードローン
1,635円
8,178円
レイク
1,643円
8,219円
楽天銀行スーパーローン
1,635円
8,178円
オリックスVIPローンカード
1,635円
8,178円

借入れ額が多くなるほど、三菱東京UFJ銀行カードローンと各社の遅延損害金の額に開きができてるのがわかると思います。

借りる前から、延滞することを考えている方は少ないと思いますが、万が一返済が遅れることも考えておくと、やはり遅延損害金の金額がすくなくてすむ三菱東京UFJ銀行カードローンというのは、候補の一つに入れておいてもよいかもしれないですね。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
ページトップへ戻る