無人契約機でカードローンを申し込む手順と審査時間について

近年は、ネット上からカードローンへ申込みを行うケースが増えたこともあり、無人契約機から申込むケースは少なくなってきました。

そのため、そもそも無人契約機のシステムや、手続きの流れが分からないという人が多いようです。

そこで今回は、無人契約機について詳しく取り上げながら、手続きの流れ、必要書類、審査時間、メリット・デメリットなど、最低限抑えておきたい情報をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

無人契約機のシステムってどうなってるの?

カードローンの無人機では、主に申込み、審査、契約手続き、カード発行を行うことが可能です。

なお、無人契約機と呼ばれていますが、完全に無人というわけではありません。カメラが無人契約機の中、もしくは室内に設置されているため、契約中の様子は遠隔で担当者が確認できるようになっています。

担当者と直接顔を合わせることがないというだけで、申込み手続き中は何度か担当者と直接会話をしなければなりません。

担当者と直接会話をしたくない方は、無人契約機からの申込みに向いていませんが、分からないことがあったときに、リアルタイムで質問できるというメリットがあります。

それから、多くのカードローン会社の無人契約機は、営業時間が21時頃までと長く、土日祝日も営業していることがほとんどです。そのため、即日融資を希望している方に向いている契約方法だといえます。

消費者金融系カードローン自動契約機の基本情報

ここでは、アコム、プロミス、モビット、アイフルの無人契約機の名称や特徴、営業時間、契約機の台数をご紹介していきます。

以下にまとめましたので、参考にしてください。

カードローン会社 名称 営業時間 設置台数 特徴
アコム むじんくん
8:00~22:00(土日祝可)
※一部21時まで
1046店
2016年4月現在
・タッチパネル形式
・店頭と同じ審査を行っている
・いつでもオペレーターに相談できる
・最短1時間程度でカードが発行できる
・その場でACマスターカードが発行できる
プロミス 自動契約機
9:00~22:00(土日祝可)
※一部21時まで
1051店
2016年4月現在
・タッチパネル形式
・その場でカードが発行できる
・後日、契約内容の変更ができる
・最短30分ですべての手続きができる
・カード再発行や暗証番号変更ができる
・三井住友VISAプリペイドの申込みができる
・審査中はカード利用方法説明ビデオが流れる
モビット ローン申込機
8:00~21:00(土日祝可)
※店舗によって異なる
約400店
2016年5月現在
・タッチパネル形式
・カード再発行も可能
・困ったときはすぐに相談できる
・10秒簡易審査に応じてカード発行
・本審査結果連絡後に利用可能となる
アイフル てまいらず
8:00~22:00(土日祝可)
※店舗によって異なる
869店
2016年3月現在
・申込書はスキャンで送る
・契約後はすぐにカード発行
・専用でんわBOXから電話するだけ
・その都度オペレーターに相談できる
・店舗と同様の審査を実施している

すべてのカードローン会社で、申込みからカード発行までの手続きを行うことが可能です。無人契約機によっては、カードの再発行や契約変更など、申込み以外の手続きを行うこともできます。

また、無人契約機の台数に違いがあるため、利用するカードローン会社によっては近隣に無人契約機が設置されていない可能性があります。設置場所は、公式WEBサイトから確認できますので、必ずチェックしておきましょう。

補足ですが、プロミスの申込みに関しては、三井住友銀行のローン契約機から手続きを行うことができます。プロミスの自動契約機を利用することに抵抗がある方は、ぜひ活用してください。

プロミスの詳細はこちら

無人契約機を使った手続きの流れについて

この項では、無人契約機を使った手続きの流れをご紹介していきます。あくまでも、一般的な手続きの流れとなるため、各カードローン会社によって若干内容は異なるものです。

申込み

無人契約機の多くは、タッチパネル形式となっています。手続き方法に関する案内があるため、必要事項を入力していきましょう。主な内容は以下の通りです。

・氏名
・性別
・生年月日
・干支
・家族の有無
・既婚、未婚
・連絡先(住所・電話番号)
・居住環境(一戸建て、マンション、アパート、寮、社宅など)
・勤め先企業名
・勤続年数
・雇用形態(正社員、契約社員、アルバイト、パート、自営業など)
・業種
・年収
・他社からの借入状況

不明点がある場合は、その都度、オペレーターと相談をしながら入力できるため、初めての方でも安心です。

↓
本人確認書類の提出

カードローンの自動契約機の場合、事前に本人確認書類の写しを用意する必要はありません。契約機にスキャナが搭載されているため、案内に従って本人確認書類の内容を読み込ませるだけです。

↓
申込み内容確認

申込み内容の確認に関しては、各カードローン会社によって実施有無が異なるものです。すぐに審査をして貰えることもありますし、いくつかオペレーターから質問を受けることもあります。

質問の内容としては、申込み理由、他社からの借入状況、借入がある場合は総借入額、同時に他のカードローン会社へ申込みをしていないか、仕事の内容など様々です。特別難しい質問をされることはありません。

↓
本審査

入力した内容の確認、本人確認書類のチェック、個人信用情報の照会、在籍確認を行った上で本審査を行います。30分ほどで終了することもありますし、1時間以上時間が掛ることもあるようです。審査に時間が掛る場合は、必ず案内があります。

もしも急いでいる場合は、審査時間を短縮できないかオペレーターに相談してください。

↓
カード発行

無事に審査に通過したら、契約手続きを行いカードが発行されます。このカードは、借入や返済の際に必要となるものです。なお、借入限度額はこのときに決まります。

以上で手続きは終了です。発行されたカードを使って、ATMからすぐに借入をすることができます。大体のイメージは掴めましたが、カードローン会社によって若干手続きの流れが異なるとなれば、やはり不安を感じてしまうものです。

そこで、アコムの無人契約機を利用した場合の、手続きの流れを以下でご紹介しておきます。

そこで、アコムの無人契約機を利用した場合の、手続きの流れを以下でご紹介しておきます。

アコムの無人契約機を使った手続きの流れ

申込み

本人確認書類を持参し、無人契約機まで出向きます。必須とされている本人確認書類は、以下の通りです。

なお、申込み方法は無人契約機の画面上に表示されるガイダンスに沿って行ってください。不明点がある場合は、その都度、オペレーターに質問することができます。

必要書類一覧
・運転免許証
※運転免許証を取得していない場合、健康保険証、個人番号カードなど
個人番号カードは、個人番号と本籍地を隠して提出すること

顔写真が付いていない本人確認書類の場合、以下のいずれかの書類を用意
住民票、公共料金の領収証、納税証明書
※発行から6ヵ月以内

他社からの借入、希望借入金額の総額が100万円を超える場合、もしくは50万円以上の借入を希望する場合は、収入証明書が必要
源泉徴収票、給与明細書など

余談ですが、できるだけ早く手続きを終えたい場合は、事前にインターネット上から申込みをしておくと、契約終了までの時間を短縮することが可能です。

即日融資を希望している方は、検討してください。

↓
審査

その場で審査結果を確認することができます。最短30分となっていますが、実際には1時間近く掛ることもあるようです。

できるだけ待ち時間を少なくしたい方は、先述したとおりインターネット上から申込みをしておきましょう。

↓
契約手続き

無事に審査に通過したら、契約をします。その後、カードが発行されますので、すぐに併設された専用ATM、提携ATMから借入が可能です。

振込借入を希望する場合は、アコムのWEBサイトへログインし、手続きを行ってください。電話から、振込借入の依頼をすることも可能です。

《振込依頼の連絡先》
0120-134-567(自動音声):0時10分から23時50分まで 
0120-07-1000(担当者受付):9時から18時まで
※受付時間帯によって、振込が実施されるタイミングは異なります。公式WEBサイトから確認をしておきましょう。なお、申込みは1万円単位からとなっています。

アコムの詳細はこちら

契約をする際に必要となる書類とは?

無人契約機で契約をする際に必要となる書類ですが、基本的には本人確認書類のみです。

ただし、高額融資を希望している場合や、他社から借入がある場合は、『所得証明書類』が必要となるケースもあります。

各カードローン会社によって対応が分かれるため、事前の公式WEBサイト上から確認をしておきましょう。

下記では、『プロミスの無人契約機』と、『三井住友銀行カードローンの自動契約機』で契約する際に、必須とされている書類をご紹介します。

プロミスの必要書類

本人確認書類

・運転免許証
・運転免許証を取得していない場合、パスポートまたは健康保険証 + 住民票など
※個人番号カードを提出する場合、個人番号が見えないように提出する

収入証明書類

以下の2ついずれかに該当する場合、収入証明書類が必須となる
・借入希望額が50万円を超える場合
・借入希望額と他社からの借入残高の合計が100万円を超える場合

・源泉徴収票(最新)
・確定申告(最新)
・給与明細書(直近2カ月 + 1年分の賞与明細書)
※賞与が無い場合は直近2カ月分の給与明細書

プロミスで借りたい

三井住友銀行カードローンの必要書類

本人確認書類

・運転免許証
・運転免許証を取得していない場合は、パスポート、個人番号カード、住基カード(顔写真付き)その他書類の場合は要問合せ

収入証明書類

借入希望額が300万円を超える場合、収入証明書類が必須となる
・給与明細書(発行日3カ月以内のもの)
・源泉徴収票
・税額通知書、納税証明書、所得証明書
・確定申告書

三井住友銀行カードローンで借りる

審査にはどのくらいの時間がかかるの?

無人契約機から申込みをする際、審査にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。結論からいいますと、申込者の属性や個人信用情報に登録されている情報、各カードローン会社の審査基準によって異なります。

そのため、ここでは大手カードローン会社の審査時間を表にまとめました。あくまでも最短時間ですので、必ず表に記載されている時間内で審査が終わるわけではありません。

どうしても時間を短縮したい場合は、インターネット上で審査まで終わらせておき、契約とカードの受取のみ自動契約機で行うことをお勧めします。

ただし1つ気をつけたいのは、無人契約機から申込みをした審査の方が優先されるということです。無人契約機の場合、どうしても待ち時間が発生してしまいます。

そのため、カードローン会社では、無人契約機から申込まれた案件を、優先的に審査しているのです。

アコムやアイフルなど一部のカードローン会社では、お急ぎ専用窓口を設けており、インターネット上から申込んでも優先的に審査をして貰えることがあります。

『無人契約機の前で審査が終わるまで待つのが嫌だ』、『インターネット上から本審査まで終わらせておきたい、』、『優先的に審査をして欲しい』という方は、インターネット申込みと無人契約機を組み合わせて申込みをしつつ、優先的に審査を行ってくれるカードローン会社を選択しましょう。

大手カードローン会社の審査時間の目安

カードローン会社 審査時間の目安
アコム
最短30分
プロミス
最短30分
アイフル
最短30分
三菱東京UFJ銀行
カードローン
明確な案内はなし
三井住友銀行
カードローン
最短30分

無人契約機を利用する際の3つの注意点

無人契約機を利用する際、これからご紹介する3つの注意点を抑えておきましょう。以下にまとめましたの、参考にしてください。

1.申告ミスに気をつける

申込み時は、勤務先に関する情報、年収など正確に申告しなければなりません。他社から借入がある場合、借入残高を正確に申告することも重要です。

内容に不備や誤りがある他、虚偽の申告をした場合、たとえ悪意はなかったとしても審査で落とされてしまいます。

そのため、無人契約機を利用する前に、正確な情報を調べておきましょう。分からない場合は、確認してから再度手続きを行うことになるため、大変な手間となります。

2.無人契約機の営業時間と提出書類を確認しておく

カードローン会社によって、無人契約機の営業時間と提出書類は異なります。公式WEBサイトですべての情報を確認することができますので、必ずチェックしておきましょう。無人契約機の営業時間に関しては、このあとの項で詳しく取り上げます。

また提出書類については、消費者金融系・銀行系・信販系のカードローン共に『運転免許証』があればそれ以外の書類は不要としているものです。

万が一、運転免許証を取得していない場合は、カードローン会社ごとで必須とする書類の内容に違いがあります。

必ず公式WEBサイト上で案内されていますので、確認しておきましょう。万が一、必要書類が不足してしまった場合は、出直さなければなりません。心配な方は、問い合わせて確認しておくことをお勧めします。

なお、書類には有効期限や条件が設けられているものです。たとえば、『現住所が明記されているか』、『有効期限内か』、『発行から○カ月以内か』などがあります。その点も、事前に確認しておきたいものです。

3.時間に余裕を持って利用する

空いた時間にすぐ契約できるものだと思って無人契約機を利用したものの、結局1時間以上掛ってしまったというケースは少なくありません。

また審査に落ちてしまった場合、2件目の手続きを行うために、別のカードローン会社の無人契約機まで移動をする必要があります。

そのため『即融資』を謳っている、カードローン会社の無人契約機を利用する場合であっても、時間に余裕を持って利用したいものです。

なお、当日中に必ず審査に通過するとは限りません。翌日以降の回答になることもあります。

即日融資を希望している他、無人契約機は契約とカード受取のときのみ利用したいという方は、事前にネットから申込み手続きを行っておきましょう。

無人契約機のメリット・デメリットについて

カードローンの無人契約機には、メリットとデメリットがあります。代表的なポイントを以下にまとめましたので、参考にしてください。

無人契約機のメリット

営業時間が長く、土日祝日でも融資をして貰うことができるケースが多い。

無人契約機の営業時間は、大半が夜の21時前後までとなっています。そのため、仕事終わりに立ち寄っても融資をして貰えることがあるのです。

また、土日祝日の場合であっても、柔軟に在籍確認を行ってくれるカードローン会社であれば、融資が可能となります。

借入以外のすべての手続きを無人契約機のみで行うことができる。

WEBから申込みをする方法も便利ではありますが、振込融資以外は必ずカードが必要です。

カードの受取方法は、無人契約機や提携ATM、郵送となるため、その場でカード発行ができる無人契約機は大変便利な申込み方法だといえます。

困ったときや不明点があるときはその場で相談することができる。

無人契約機を通して申込みをすると、困ったことや不明点があるときはその場で相談することができます。

WEBや電話から申込みをすると、問い合わせる手間がかかるため、初めてカードローンを利用する方は戸惑うことがあるものです。そういった点で、無人契約機を利用した申込み方法は大変便利です。

即日借入を実現しやすい

銀行の営業時間内に振込手続きが可能な場合は、カードが手元になくても融資を受けることは可能です。

ただし、申込みのタイミングが遅い時間帯だと、わざわざ無人契約機や提携ATMまでカードを受け取りに行かなければなりません。

先述したとおり、無人契約機の場合はその場でカードが発行されることから、即日借入を実現しやすいのです。

無人契約機のデメリット

設置場所によっては混雑している

無人契約機の台数は限られています。そのため、申込みのタイミングによっては、混雑してなかなか利用できないことがあるものです。公式WEBサイトで、近隣の設置場所をいくつか確認してから利用することをお勧めします。

カードローン会社によっては無人契約機の設置台数が少ない

大手の消費者金融系であれば、全国各地にそれなりの台数が設置されていますが、銀行系のカードローン会社の場合、台数が限定されていることがあります。

また、人口が少ない地方都市の場合、駅前や人通りが多い場所に無人契約機が設置されているケースが多く、自宅から離れていることがあるため不便なことがあるものです。

審査に通過しなかったときや不備があったときに面倒臭い

審査は必ず通過するわけではありません。審査通過率が高いアコムであっても2人に1人は審査に落ちてしまうのが現状です。そのため、万が一審査に通過しなかった場合、別のカードローン会社の無人契約機まで移動しなければなりません。

また書類の不備などがあった場合は、一旦、自宅へ戻って詳細を確認したり、改めて書類を用意してから無人契約機まで出向かなければならないこともあります。

必ず待ち時間が発生する

無人契約機単体で申込みを行うと、申込み内容の確認時や審査の際に必ず待ち時間があります。最短30分と謳っているカードローン会社であっても、1時間以上掛ることは珍しくありません。

知人や友人に目撃される可能性がある

カードローンの無人契約機は、非常に目立つ場所に設置されていたり、看板が派手だったりするものです。

そのため、近所にある無人契約機を利用すると、知人や友人に目撃される可能性があります。

銀行系カードローン自動契約機の基本情報

この項では、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、レイクの自動契約機の特徴、営業時間を詳しくご紹介します。

参考にしてください。なお、銀行系で自動契約機があるのは、左記の3つの銀行くらいです。

オリックス銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、みずほ銀行カードローンの自動契約機は存在しません。そのため、WEBや電話、窓口、FAXで契約をすることになります。

銀行名 営業時間 特徴
三菱東京UFJ銀行
平日 9:00~20:00
土・祝日 10:00~18:00
日曜 10:00~17:00
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
・平日15時以降、土日祝日も利用可能
・勤務先の正確な情報が必須
(住所、電話番号、社員数、入社年月)
・運転免許証以外の本人確認書類ではテレビ窓口でのカード受取不可
※免許証がない場合は後日郵送となる
三井住友銀行
9:00~21:00
※原則土日祝日21時まで申込み可能。ただし店舗によって異なる
・最短30分で審査完了
・契約手続きとカードの発行が可能
・三井住友銀行口座がなくても利用可能
・審査結果の連絡は9時から21時まで対応
・普通預金キャッシュカードでの利用にも対応
・運転免許証、個人番号カード、パスポート、住基カード(顔写真付き)以外の本人確認書類は事前相談が必要
新生銀行
カードローンレイク
平日土曜 8:45~24:00
日・祝日 8:45~22:00
第3日曜 8:45~19:00
※新規融資は8:45~21:00まで
・タッチパネル形式の簡単操作
・困ったときはすぐに相談できる
・その場でカードの発行が可能
・申込みからカード発行まで約50分
・営業時間が長いため多忙な方に最適
・併設されているレイク専用ATMですぐに借入可能

気をつけたいのは、三菱東京UFJ銀行の自動契約機です。運転免許証を取得していない方は、カードをその場で受け取ることができません。

そのため、三菱東京UFJ銀行口座への振込み融資を希望するか、後日カードを郵送して貰うことになります。

また、三井住友銀行の場合、プロミスの自動契約機からも手続きを行うことが可能です。近隣に三井住友銀行の自動契約機が設置されていないときは、有効活用してください。

バンクイックの詳細はこちら

即日融資したいなら無人契約機をフル活用しよう!

即日融資を希望する場合、無人契約機のみ利用して手続きを行うことはお勧めしません。必ず審査に通過するとは限りませんし、審査時間は最短でも30分から1時間前後掛るからです。

銀行系カードローンは、保証会社の審査も受けることになるため、消費者金融系のカードローンよりも更に審査に時間が掛る傾向にあります。

即日融資を最優先に考えるのであれば、無人契約機を有効活用することが重要です。ポイントを以下にまとめましたので、参考にしてください。

1.ネット申し込みを活用する

ネットから申込みをして、本審査まで終わらせておくようにしましょう。万が一、審査に通過しなかった場合でも、ネット上からすぐに別のカードローン会社へ申込みをすることができます。

審査スピードの早さという意味では、ネットからの申込みよりも、無人契約機からの申込みの方が早いものです。しかし最近は、必ずしもそうとはいえなくなってきました。

たとえばアコムやアイフルでは、ネットから申込みをしたあとにお急ぎ専用のフリーダイヤルへ連絡をすると、優先的に審査を行ってもらうことができるからです。

即日融資は時間との戦いとなりますので、わざわざ無人契約機まで出向くのではなく、申込みから審査まではネット上で済ませてしまいましょう。審査に通過したら、契約とカード発行を行うためだけに無人契約機を利用してください。

2.カードローン会社のQ&Aを確認しておく

即日融資を希望する人は多いため、カードローン会社のQ&Aコーナーでは必ずといって良いほど最短手続き方法について案内しています。

ネットから先に申込んでおくことを推奨しているケースもあれば、三菱東京UFJ銀行のようにテレビ窓口からの申込みを推奨しているケースもあるものです。

そのため、利用するカードローン会社のQ&Aに目を通しておくか、事前に問い合わせをして相談しましょう。

3.無人契約機の営業時間を確認しておく

銀行の営業時間に左右される振込融資とは異なり、無人契約機でカード発行を行う手続き方法は、遅い時間帯まで対応していることがほとんどです。

当日中にカード発行が間に合えば、即日融資が可能となるため、必ず無人契約機の営業時間を確認しておきましょう。

ほとんどの場合、21時前後まで営業しています。営業終了ギリギリの申込みは翌日融資となる可能性があるため、早めに申込みをしましょう。

土日祝日でも即日融資に対応しているの?

結論からいいますと、土日祝日でも即日融資を受けることは可能です。ただし、問題は在籍確認が取れるかどうかだといえます。

土日祝日でも在籍確認が取れる職場で働いており、尚且つ審査に通過した場合は即日融資が可能です。

しかし在籍確認が取れないとなると、どうしても即日融資は難しくなってしまいます。対処方法としては、以下の2つの方法が有効です。

以上の2つです。いずれの方法も、申込み時に相談する必要があるため、無人契約機まで足を運ぶ前に電話にて相談をしておくことをお勧めします。

土日祝日でも審査や即日融資が可能なカードローンを徹底比較!」では、土日即日でも即日融資が可能なカードローンを紹介していますので、興味のある方はご覧になってみてください。

自動契約機から契約したら郵送物はどうなる?家族にバレない?

自動契約機から契約をした場合、郵送物が送られてくる可能性は非常に低くなります。なぜなら、契約書やカードをその場で受け取るからです。ただし、利用明細書の扱いには注意しましょう。

元々WEB明細となっているカードローン会社であれば問題はありませんが、WEB上からなんらかの設定が必要なカードローン会社の場合は、すぐにでも設定しておくことをお勧めします。

設定を忘れてしまうと、自宅宛てに利用明細書が郵送されることがあるため、家族にバレたくない方は気を付けてください。

それから、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口にて手続きを行う際、その場でカードを受け取るためには運転免許証が必須です。運転免許証を取得していない方は、必ずカードが自宅宛てに郵送されます。

郵送物の差出人は三菱東京UFJ銀行となっているため、家族にバレる可能性は低いものの、心配な方はいつ頃郵送されるのか確認しておくようにしましょう。

まとめ

カードローンは、ネット上から気軽に申込みができるようになったこともあり、一昔前と比較すると無人契約機の出番は少なくなりました。

しかし、すべてネット上で完結できるケースはまだ少なく、今しばらくはネットと無人契約機を組み合わせた利用方法が主流となりそうです。

今後、カード発行がコンビニなどのATMから気軽に行えるようになると、いずれ無人契約機がなくなる可能性はあります。

今回解説した情報を参考にしながら、無人契約機を有効活用してみてはいかがでしょうか。

はじめての方も安心!初心者向けカードローン

住信SBIネット銀行最短60分で仮審査完了

住信SBIネット銀行 バナー
★★★★★4.5
金利 0.99%~14.79%
限度額 1,200万円
審査時間 最短60分
融資時間 最短即日
住信SBIネット銀行カードローンのここがオススメ!
  • 金利が0.99%~14.79%と全カードローンの中で最安金利!
  • 明細書はネットで確認が可能のため、自宅に明細書が郵送されない!
  • 限度額は1,200万円と全カードローンの中で最大の限度額!
詳細はこちら

プロミス最短30分の審査・最短1時間で融資

プロミス バナー
★★★★★4.7
金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
プロミスのここがオススメ!
  • 最短30分の即日審査最短1時間で融資という即日対応を実施
  • 30日間金利0円で借りられる!
    ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
  • 郵送物なし&カードレスのWeb完結サービスにも対応可能
詳細はこちら

アコム最短30分の審査!土日祝日も即日融資

アコム バナー
★★★★★4.4
金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
アコムのここがオススメ!
  • 来店不要で審査回答は最短30分
  • 30日間金利0円で借りられる!
  • 限度額50万円以下で収入証明書原則不要
  • 3項目の入力だけで借入可能か3秒で診断
詳細はこちら
ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る