カードローンを借りるのに年齢制限はあるの?

突然の出費や、給料日前の現金不足の際など、気軽に借入できるカードローンは大変便利です。しかしカードローンを利用するには、まず利用条件をクリアしなければなりません。

利用条件はカードローン会社ごとで異なりますが、統一されている条件の1つに年齢制限があります。今回は消費者金融系、銀行系カードローンの年齢制限について、詳しく取り上げていくことにしましょう。

また、未成年のキャッシングや高齢者の借入など、カードローンの年齢制限まつわる詳細に関しても触れていきます。ぜひ参考にしてください。

カードローンの基礎的な内容については、「今さら聞けないカードローンとは?」で詳しく解説していますのでこちらをご覧ください。

カードローンの借入に年齢制限はある?何歳から申込みできる?

冒頭でもお伝えしたとおり、カードローンには年齢の制限が設けられています。とはいえ、なんらかの事情により、カードローンを年齢制限なしで利用したいケースがあるかもしれません。

しかし、例外なく決められた年齢の範囲内で利用することになります。なぜ年齢制限が設けられているのでしょうか。これには2つの理由があります。以下にまとめましたので、参考にしてください。

《下限年齢が設けられている理由》
大学生にもなれば、コンパや旅行など出費がかさむものです。そのため、カードローンは何歳から利用出来るか気になる人は多いのではないでしょうか。結論からいいますと、消費者金融系、銀行系共に20歳以上からとなっています。

なぜ下限年齢が設けられているのかというと、法律で決められているからです。未成年は民法上、「法律」が絡む行為に関する決定権を一切与えられていません。専門用語で『制限能力者』と呼びますが、決定権が与えられるのは20歳からです。

一部の情報では、親権者の同意書があれば契約できるとありますが、それは事実ではありません。

クレジットカードであれば、親権者の同意書があれば18歳からでも契約することはできますが、カードローンは商品の性質上、ローン商品にあたるため話が異なります。

つまり、ショッピングで利用するクレジットカードとは扱いが違うため、親権者の同意があっても利用不可という言い方もできるのです。

ちなみに未成年が何らかの間違いでカードローン契約ができたとしても、あとから否応なく契約を無効にすることができます。そのため、カードローン会社としては、未成年に融資をしてもメリットは皆無なのです。

《上限年齢が設けられている理由》
上限年齢が設けられている一番の理由は、『継続的に安定した収入が入らない可能性があるから』です。このあと詳しく解説しますが、銀行系は65歳くらいまで。消費者金融系は69歳くらいまでを上限年齢としています。

年金を受給したり、定期的に副収入があったりしても、高齢になってくると融資したお金を回収することができないリスクは高まるものです。そのため70歳以降になると、新規の借入はできないカードローン会社が目立ちます。

消費者金融系カードローンの年齢条件はどうなってるの?

ローンには必ず年齢制限が設けられています。消費者金融系のカードローンの場合、年齢条件はどのようになっているのでしょうか。

以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

カードローン会社名 年齢制限
アコム 満20歳から69歳以下
プロミス 満20歳から69歳以下
アイフル 満20歳から69歳以下
モビット 満20歳から69歳以下
ノーローン 満20歳から69歳以下

 

ご覧のとおり、大手消費者金融系のカードローンの場合、満20歳から69歳以下が年齢条件となっていることが分かります。なぜ満20歳からとなっているのかというと、民法で定められているからです。

法律のお話は難しくなるため、要点だけシンプルにお伝えすると、抑えておきたいポイントは2つあります。1つは、未成年者は親権者または後見人の同意なく法律行為を行うことができないこと。

もう1つは、未成年者が行った法律行為は、取り消しが可能となっていること。この2つです。カードローンの契約は法律行為にあたるため、契約できたとしても無条件で契約を取り消すことができます。

ようするに未成年に融資をしてしまうと、カードローン会社はお金を貸したのに返ってこないというリスクを負うことになるのです。そのため、満20歳から利用できるのが通例となっています。

一方、上限年齢ですが、69歳までとなっていることがほとんどです。ただし、年金以外に別途安定した収入と返済能力が無ければ借入は困難となります。

たとえばアコムの公式WEBサイトでは、以下のように案内されていました。

Q.年金受給者でも契約できるのか?
A.年金受給以外に安定した収入と返済能力を有し、当社規定を満たす方であれば契約可能。

このような案内は、アコムに限ることではありません。アイフルの公式WEBサイトでは以下のように案内されていました。

『年金受給者は、お仕事(パート、アルバイト可能)が決まり次第申込みが可能。』

以上のことから、年金以外の安定した収入がある69歳以下の方までが、利用可能ということになりそうです。

カードローン会社によっては、年金受給者でも申込み可能とだけ案内されているケースもあります。

しかし実際に申込みをしてみると、安定した他の収入を求められることが多い傾向にあるようです。

銀行系カードローンの年齢条件はどうなってるの?

それでは次に、銀行系カードローンの年齢制限についてみていくことにしましょう。

先程と同様に以下の図にまとめてみました。まずはこちらをご覧ください。

カードローン会社名 年齢制限
りそな銀行 満20歳から60歳未満
楽天銀行 満20歳から60歳未満
三菱東京UFJ銀行 満20歳から65歳未満
東京スター銀行カードローン 満20歳から65歳未満
イオン銀行 満20歳から65歳未満
みずほ銀行 満20歳から66歳未満
オリックス銀行 満20歳から69歳未満
三井住友銀行 満20歳から69歳以下
じぶん銀行 満20歳から70歳未満
ジャパンネット銀行 満20歳から70歳未満
新生銀行(レイク) 満20歳から70歳以下

 

消費者金融系と同様、満20歳からとなっている銀行系カードローンがほとんどです。理由は前項で述べた通り、民法が関係しています。注目したいのは、上限年齢です。

銀行によって60歳、65歳、69歳、70歳と分かれていることがわかります。また『未満』、『以下』と違いがあるため、事前に確認してから申込まなければなりません。

銀行系のカードローンの場合、地方銀行のカードローンほど『収入が年金のみでも利用可能』としているケースが目立ちます。

また都市銀行は地方銀行ほどではないものの、年金以外に収入がなくても利用できるケースはあるものです。

これはどういうことかというと、銀行側に2つのメリットがあるからです。2つのメリットは、以下の通りとなります。

①年金の振込口座を銀行の口座にしてもらうことで、銀行側の利益につながる。
②返済が滞った際は、口座引き落としや口座を差し押さえることができる。

以上の2つです。これは、消費者金融系のカードローン会社では不可能な内容ですので、収入が年金のみという利用者に対して、銀行系カードローン会社が若干寛容な理由が伺えます。

つまり銀行系カードローンは、年金受給者にとってほんの少しだけ利用しやすいカードローンだといえそうです。

とはいえ審査の際、『完済時まで安定した収入が見込めるかどうか』が、最も重視されることに変わりはありません。

今一度、上記の表をご覧いただくと、上限年齢が60歳、65歳に集中していることが分かります。

60歳や65歳というと、多くの企業では定年退職を迎える年齢です。それまでは現役で働いており、安定した収入があるといえます。

つまるところ銀行としては、安定した収入が見込める年齢を、上限としているケースが多いということです。

カードローンは若い方が審査に通過しやすいの?

カードローンの審査時は、様々な属性をチェックします。カードローンごとで、各属性をどれほど重要視するのかは分かれますが、年齢の扱いはどのようになっているのでしょうか。

結論からいいますと、基本的には『毎月安定した収入があり、完済の見通しが立つこと』が最も重視されているといえます。つまり、若ければ良いと断言することはできないのです。

とはいえ『基本的には』と解説したのには理由があります。消費者金融系、銀行系共に、『25歳から35歳』くらいまでの年代が、融資に通りやすい傾向にあるからです。もう少々詳しくみていくことにしましょう。

20歳から25歳は、新社会人となって日が浅い年代となります。退職しても、再就職が容易な年代にあたるとはいえ、収入が不安定になりやすいと判断されるケースが多いのです。

25歳から35歳になると、収入が安定してくる他、単身者であることが多いこと、独身者の場合は自由に使えるお金が多いこと、これから働き盛りに突入することなどが想定されます。そのため、融資をしても完済できるだろうと判断されやすいのです。

一方、年齢が高くなってくると、既婚者は住宅ローン・教育ローン等の支払いがあること、再就職しづらくなること、病気で働けなくなるリスクがあることから、徐々に審査に通過しづらくなってしまうのです。

ただし、40代から50代の場合、ある程度の収入があり、守るべき家族がいることや、転職や転勤の回数が少なく夜逃げのリスクが低いことなどから、審査に通過しやすいこともあります。

とはいっても『25歳から35歳』の年代の方が、やはり審査に有利な傾向にあるようです。

高齢者がカードローンを利用する際に注意したい3つのこと

高齢者がカードローンを利用する際は、以下の3つの点に注意しましょう。詳しくまとめましたので、参考にしてください。

【注意点その1】可能な限り年金以外の収入を作る
銀行系カードローン会社の場合、収入が年金に限られていても利用できるケースはありますが、それでも年金以外に収入があるに越したことはありません。

なぜならば何度もお伝えしてきたとおり、『継続的に安定した収入があること』が利用条件の1つとなっているからです。

年金は収入とみなされないケースがほとんどであるため、少しでも有利な状況で審査を受けたい場合は、可能な限り収入源を確保しましょう。

【注意点その2】少額のみ借入をして短期間で返済する
高齢者の場合、融資が可能だったとしても、上限金額はせいぜい20万円程度だといわれています。なぜなら、病気のリスクが高いことや、死亡するリスクが高いこと、収入が途絶えて返済が困難になるリスクが高いことなどが関係しているためです。

そのため、高額融資は審査落ちの原因となります。最初は10万円程度を希望し、後に限度額を上げることはできないか、相談するようにしてください。

また、できるだけ短期間で返済できるように計画しておくことも、審査に通過しやすくなるポイントとなります。

【注意点その3】総量規制を意識しておく
総量規制とは、貸金業法で規定されている決まりごとのことを指しています。年収の1/3を超える借入はできないことになっているのです。

該当するのは、消費者金融系のカードローン会社のみとなりますが、消費者金融系が高齢者に対して積極的に融資を行っていない理由は、総量規制も深く関係しているのです。

年金は収入に該当しないため、実質収入ゼロと判断されます。すると年収は0円となることから、総量規制に引っ掛かることになり、融資を受けることができないのです。

なお、銀行系のカードローンは総量規制がないとはいえ、基本的には融資額を年収の1/3以内としている傾向にあります。

70歳以上は利用出来るカードローンの種類が少ない?

結論からいいますと、70歳以上でも利用することができるカードローンは存在します。しかし、種類は非常に少ないのが現状です。

全国展開しているような、大手の消費者金融系、銀行系のカードローンは、まず利用できないと思っておいた方が良いかもしれません。

事実、前項でも取り上げたとおり、上限年齢が『69歳まで』もしくは『69歳未満』となっていることがほとんどだからです。

なぜ、70歳以上で利用できるカードローンは少ないかというと、『働けなくなる可能性が高い』ことや、『返済能力が乏しくなる』ことが関係しています。

安定した収入が継続的に可能なことと返済能力の高さは、カードローンを利用する上で非常に重要な要素となっているのです。

どうしてもカードローンを利用する必要がある場合は、『地方銀行のカードローン』と、日本文化センターが提供している『プランネルフリーローン100』の利用を検討することをお勧めします。一例を以下にまとめましたので、参考にしてください。

【地方銀行系カードローン】
◆福島銀行 
商品名:年金受給者向けローン「シニアサポート」

限度額 融資期間 申込み方法
100万円 6ヵ月から10年以内 電話、FAX、窓口、郵送
金利 保証会社 担保
固定年4.80% 株式会社ジャックス なし

《利用条件》
・完済時80歳以下の方限定。
・年金担保借入がある方は利用不可。
・満60歳から75歳まで申込み可能。
・保証会社の判断によっては連帯保証人が必須となることがある。
・年金振り込み口座が福島銀行の口座となっている方のみ利用可能。
・使い道は自由。ただし事業資金や投機性資金、借入金返済資金としては利用不可。
・本人確認資料、所得証明書類(直近で受給した年金振込通知書の写し)が必要。

◆荘内銀行
商品名:シニアローン「年金プラン」

限度額 融資期間 申込み方法
200万円 6ヵ月から7年以内 公式WEBサイトで案内なし
金利 保証会社 担保
固定年4.80%または6.5% 株式会社クレディセゾン なし

 

《利用条件》
・完済時の年齢が満80歳以下の方。
・保証会社の保証を受ける必要がある。
・電話連絡(携帯電話含む)が可能な方。
・申込み時に必要となる書類については要問合せ。
・申込み時の年齢が満60歳以上満75歳以下の方。
・借入時満70歳以下は、原則団体信用生命保険へ加入。(保険料は荘内銀行負担)
・自宅、勤務先(事業先)が荘内銀行営業管轄内であること。
・使い道は自由。ただし事業資金や投機性資金としては利用不可。

・年金振り込み口座が荘内銀行の口座となっている方のみ利用可能。
※年金受取手続きが完了している必要あり。

【プランネルフリーローン100】
商品名:プランネルフリーローン100
※通販会社で有名な日本文化センターグループが提供しているカードローン

限度額 融資期間 申込み方法
100万円 6ヵ月から7年以内 公式WEBサイト、電話
金利 保証会社 担保
固定年18%
※100万円のみ15.0%
なし なし

 

《利用条件》
・月々均等返済。
・最大72回払いまで利用可能。
・20歳から85歳まで利用可能。
・月々の規定返済額以上の返済も可能。
・本人確認書類が必要。(状況により収入証明書必須)
・利用口座からの自動引き落とし、郵便振り込みにて返済。
・紹介キャンペーンあり。(QUOカード最高1万円分)

このように、各カードローン商品によって内容は様々です。多めに借入してしまうと返済できないリスクが高くなるため、計画的に利用しましょう。

利用する際は必要最低限のみ借入して、早めに返済できるようにしたいものです。

未成年のキャッシングは原則禁止?

前項でも何度か触れてきましたが、未成年のキャッシングは原則不可となっています。改めてまとめると、以下の3つの理由から利用できないのです。

【理由その1】社会的責任能力が未熟である
カードローンの審査では、最終的に『信用してお金を貸しても返してもらえるか?』といったところを確認されます。

その点、未成年の場合、万が一のことがあった際は保護者や後見人が責任を負うことになるため、自己判断能力に欠けるという見方をされてしまうのです。

つまり社会的な責任能力が未熟とのことで、カードローン会社は未成年に対して融資を原則行っていません。

【理由その2】法律で禁止されている
法律が関わっている件については、すでに先述したとおりです。未成年へ融資をすることは禁止されており、契約を取り消すことが可能なため、そもそもカードローン会社は未成年に対して融資を行っていません。

【理由その3】収入が不安定
未成年でも、アルバイトをしていることがあります。ただし社会人と比較すると、収入が不安定になりがちです。しかも収入の金額は、それほど多くはありません。そのため審査に通過しづらいという側面もあるのです。

理由その2で述べたように、未成年への融資は法律で禁止されているため、審査に辿りつくことすらできないのが現状ではあります。

万が一、これから法律が改定されることがあったとしても、収入の不安定さが原因で、審査に通過しない可能性が高いといえそうです。

カードローンの年齢制限は契約更新にも関係している

これまで解説してきたのは、申込み時の年齢制限についてでした。カードローンの場合、契約更新に関しても確認しておかなければなりません。

たとえば申込み時の年齢制限が、65歳以下だったとします。64歳で借入をして、返済期間中に65歳を超えた場合、どのような扱いとなるのでしょうか。一般的に借入時の年齢が上限年齢に近いときは、原則少額融資となります。

また上限年齢を超えても一括返済を求められることはなく、月々の返済は今まで通りで問題ありません。ここで気になるのは、『新たな借入が可能かどうか』という点です。その点に関しては、カードローン会社ごとで対応が分かれます。

たとえば福島銀行の年金受給者向けローン「シニアサポート」の場合、利用条件の1つに完済時の年齢が80歳以下とあります。このように、元々決まっているカードローンであれば、完済時の年齢に合わせて計画的に利用することになるのです。

当然、完済時の年齢を超えた新たな借入はできません。しかし、りそな銀行のように、利用年齢の制限は告知されていても、完済上限年齢については触れられていないことがあります。

近年の傾向をみると、契約更新に関しては柔軟に対応しているケースが多く、上限年齢を超えても借入できることがあるようです。

高額な融資は行っていないものの、今まで一度も遅延などのトラブルを起こしていない方は、上限年齢を超えても契約が更新される可能性があるということになります。

一概に言い切ることはできませんが、気になる方は事前に相談しておくようにしましょう。

未成年が利用出来る学生ローンってなに?

未成年の場合、カードローンの利用は不可とされていますが、学生ローンであれば利用できる可能性があります。

学生ローンとはその名のとおり、学生を対象としてローン商品です。商品によっては、最大50万円まで融資をしていることがあります。

ただし、一般的な学生ローンの利用上限金額は、せいぜい10万円程度です。滞りなく返済しており、収入が安定している場合は、20万円から30万円程度まで借入できることもあります。

つまるところ、アルバイトの年収がどのくらいの金額かによるのです。学生ローンは消費者金融の扱いとなるため、貸金業法の総量規制が関係します。たとえば、月に5万円のアルバイト収入がある場合、年収は60万円です。

総量規制は年収の1/3までしか借入出来ないというルールですので、上限金額は20万円までということになります。実際のところ、20万円ギリギリまで借入が可能となることはないため、せいぜい15万円前後が限界です。

学生カードローンによって、18歳・20歳と利用可能年齢が異なる他、保護者の同意書が必須となっているケースもあります。また、金利が消費者金融並みに高いため、積極的にお勧めできる商品ではありません。

18歳から利用可能となっていても、高校生へ融資を行っている学生ローン会社は皆無ですので、その点も注意が必要です。一例として、学生ローンで有名な『アミーゴ』の概要を以下にまとめました。ぜひ参考にしてください。

【学生ローン:アミーゴ】

限度額 返済方式 申込み方法
50万円 借入金額
スライドリボルビング方式
公式WEBサイト
金利 保証会社 担保
年利 14.40%~16.80% 5年/最大60回 なし

《利用条件》
・利用目的は自由。
・来店不要でネット申込み可能。
・卒業後も引き続き利用が可能。
・審査通過後、最短10分で振込融資。
・1982年創業のため安心して利用できる。
・収入証明書がある場合、年利16.20%となる。
・就職が内定している場合、キャンペーン期間中であれば年利15.60%になる。
・20歳以上の収入が安定した返済能力のある学生で、審査基準を満たしていることが条件。

カードローンの他に高齢者が利用可能な貸付ってあるの?

カードローンの利用に対して、抵抗を感じてしまう高齢者は少なくありません。そこで最後の項では、高齢者が利用可能な3つの貸付についてご紹介していきます。概要を以下にまとめましたので、参考にしてください。

【リバースモーゲージ】
1960年代にアメリカで始まった制度です。近年、日本でも浸透し始めています。銀行が提供しているサービスで、持ち家がある方が対象です。一言でいうと、『持ち家を担保としてお金を借りる』方法となります。

最大の特徴は、リバースモーゲージの利用中に返済することはないということです。契約者が死亡した際に、持ち家を売却し返済に充てるといった流れとなります。

国内では、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFH銀行、大正銀行、北洋銀行などが提供しています。

主な概要は以下のとおりです。

・基本的には年齢制限がない。
・担保となる物件の価値の範囲内で借入することが可能。
・変動金利制のため金利上昇の際は利息の負担が大きくなる。
・担保物件の資産価値が下がった場合は、融資打ち切りの可能性あり。
・カードローンと同じように、借入可能金額の額範囲内であれば何度でも借入が可能。

一例として、三井住友銀行が提供しているリバースモーゲージの融資条件を以下にまとめました。参考にしてください。

◆三井住友銀行のリバースモーゲージ
商品名:SMBCリバースモーゲージ

限度額 返済方式 申込み方法
1,000万円以上2億円以内
※自宅の評価額以内
契約時年齢が60歳以上 原則自由
※預金商品、投資信託、
保険商品等は除く
金利 保証会社 担保
年齢に応じて三井住友銀行
が規定する一定の割合を
乗じた金額
変動金利型 原則不要

 

《利用条件・商品概要》
・継続的に安定した一定収入があること。
・根抵当権極度額は、融資極度額の120%以上。
・利息は毎月10日に借入残高に組み入れられる。
・融資利率は毎年4月1日と10月1日に見直し。
・亡くなった場合や自宅の売却の際に一括返済する。
・借入は1回10万円以上から。(必要な時に利用可能範囲内で借入可能)
・自宅に単身または夫婦二人で住んでいる。(同居する配偶者は連帯債務者となる)

上記の内容は、ごく一部の情報となります。三井住友銀行に限らず、どの銀行も利用条件や商品詳細が分かりづらいことから、必ず相談した上で利用を検討してください。

【年金担保貸付制度】
年金担保貸付制度とは、『独立行政法人 福祉医療機構』が行っている年金を担保とした融資制度です。年金受給者が対象となっており、10万円から200万円の範囲内で利用することができます。

ただし、生活必需品を購入する目的で融資を受ける場合は、10万円から80万円までしか借入することができません。

借入の上限金額は年金の0.8倍以内とされており、元金相当額をおおよそ2年6ヵ月以内で完済することが条件の1つとなっています。

金利は年金担保融資が1.9%、労災年金担保融資が1.2%ですが、平成28円4月1日の利率ですので今後変動する可能性があるものです。

利用を検討する際は、必ず申込み時点の利率を確認してください。カードローンと異なる点はいくつかありますが、一番の違いは担保と連帯保証人が必要となることです。

年金を受ける権利を担保として借入するため、『年金証書』を取引金融機関で預かりにしなければなりません。その際、引き換えとして『年金証書預り証』が渡されます。

連帯保証人は審査の基準が設けられているものの、信用保証制度を利用することも可能です。保証料が発生しますが、連帯保証人がいない場合は、保証制度の利用を検討しましょう。

なお、完済するまでの間は、年金の一部を受け取ることができません。生活に支障をきたさない範囲で借入するように気をつけたいものです。

国が行っている貸付制度ですので、比較的審査に通過しやすくなっていますが、不安な点がある場合は、福祉医療機構へ直接相談することをお勧めします。

【生活福祉資金貸付制度】
生活福祉資金貸付制度は、各都道府県の『社会福祉協議会』が行っている貸付制度です。65歳以上の高齢者の属する世帯の他、低所得者世帯や障害者世帯でも利用が可能となっています。

貸付資金の用途や限度額は限定されていますが、連帯保証人を立てる場合は無利子で利用することが可能です。どうしても連帯保証人を立てることができない場合でも、年1.5
%の利率ですので、カードローンを利用するよりも低金利となっています。

たとえば、高齢者が利用できる資金として『福祉費』があります。介護サービス、福祉用具の購入費用などとして利用出来る資金です。貸付上限金額は580万円以内、6ヵ月以内の据え置き期間が設けられています。

据置期間が経過してから20年以内に完済すればよい他、原則保証人が必要となりますが、なしでも利用することは可能です。

ただし、貸付利子が年1.5%となります。最適な資金の種類は自己判断が難しいため、必ず社会福祉協議会へ相談してください。

まとめ

今回は、カードローンの年齢制限について解説しました。下限年齢は20歳で統一されていますが、上限年齢はカードローン会社によって様々です。

近年、高齢化が進んでいることもあり、カードローンの上限年齢は上がる見込みとされています。容易に借りることができるわけではありませんが、少額のみ一時的に借入したい場合、カードローンは大変便利です。

ただし容易に利用できる分、つい使い過ぎてしまう危険性があります。カードローンを利用する際は、年齢に関係なく用途を明確にした上で計画的に利用したいものです。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析