カードローンを申し込む時に必要な書類とは?

総量規制の対象外となる銀行では、利用限度額が100万円以下のカードローンは、申込者本人の収入を証明する書類の提出を求められない場合もありますが、総量規制対象のカードローンの場合は、利用限度額が50万円を超えるカードローンや、他社との合計額が100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提出が求められます。また金融機関や貸金業者から、お金を借りる場合は、利用限度額にかかわらず、本人確認書類が必要となります。

ここではカードローンの申し込みに必要な書類について整理しておきましょう。

カードローン申込に必要な収入を証明する書類について

まず、収入を証明する書類についてですが、たしかに、希望する利用限度額によっては、収入を証明する書類を提出しなくても良い場合がありますので、ほかに借り入れがなく、希望しているカードローンも30万円限度のものなので、収入証明はあまり関係ないかもと思う方もいるかもしれません。しかし、提出しなくても良い場合でも、お金を貸す側から提出を求められた場合は、これを出さないと審査を進められません。ですから、上限額が低いカードローンを希望している場合でも、求められたら、いつでも提出できるようにしておくべきですし、口頭の申告などで、事実と違う年収を伝えたりはしないようにしてください。

とくに銀行のカードローンの場合は、収入を証明する書類の提出は求められることが多いので、そのつもりでいたほうが良いでしょう。

では、具体的にどのような書類を用意するのか以下に列挙してみます。

【給与所得者の方(サラリーマン、公務員の方)】
・源泉徴収票
・所得証明書
前年度の所得証明書が、市区町村から発行されるのは、大体6月頃です。それ以前であれば、源泉徴収票を用意しておけば、前年度の年収を証明できます。
いずれもすぐ準備できない場合は、直近の3ヵ月以内、連続2ヵ月分の給与明細書を求められることもありますが、源泉徴収票は紛失しても勤務先から再度取得できますので、事後でも提出したほうが良いのはもちろんのことです。

【自営業・個人事業主の方】
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書
上記のほかに、確定申告書の写しでも収入を証明できます。金融会社が指定するもののうち、いずれかで準備しておきます。

なお専業主婦でも借りられる、カードローンもあります。この場合は、配偶者の所得を証明する書類を、上記のいずれかから選択して、なおかつ配偶者の同意書を求められることになります。

本人確認書類について

本人確認書類とは、申込者が本人であることを証明するものですから、利用上限額に関わらず用意しなければなりません。
本人確認書類には、以下のものがあります。

・運転免許証
・パスポート(写真およびご住所のページ)
・各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
・印鑑証明書
・住民票
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書

一般的には運転免許証と健康保険証を使う方が多いですし、どちらも手元にあるものなので、用意するのは簡単です。なお金融機関によっては、免許証だけでなく、同時に健康保険証も求められる場合があります。またいずれも、写しで良いことになっています。


ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析