カードローンが終わらない??金利の落とし穴に気をつけよう

金利15%、30万円のカードローンを毎月1万円ずつ返済していきます。そうすると返済回数は38回で大体完済できることになります。いまのカードローンは元利均等払方式のリボ払いが採用されていますが、この方式は毎月定額払いとなりますので、支払計画が立てやすいというメリットがあります。しかし、この支払方法、はじめのうちは、1万円のうちほとんどが利息に持って行かれてしまい、元金返済に充当される分は微々たるものです。その後、支払が進んで行くと、1万円に占める、利払いの割合は減少していき、元金充当分が増えていきます。

カードローンが終わらない理由

利用限度額がもっと大きくなると返済期間が長くなりますので、残高に応じた定額払いとなるこの返済方式は、けっして悪いものではないと思うのですが、カードローンは、利用枠があるかぎり何度でも借りることができるので、坂道の同じ箇所を何度も行きつ戻りつを繰り返すことになり、利払いがどんどん増えていきます。3.2年で返済できるカードローンも、途中引き出しを続けると10年でも20年でも持ち続けてしまうこともできるのがカードローンというローン商品です。使い方によっては、終わらないローンとしてしまうこともできるということです。

カードローンはいつまでも完済しないで、引き出し続けても、銀行から注意を受けることはありません。言い方は悪いですが、銀行からすれば良いカモだからです。ずっと利息を払い続けてくれるのですから、いつまでも完済しないでほしいなんて思われているかもしれません。もちろん、そんな使い方をしている顧客は、信用度も低くなります。カードローンをいつまでも完済しないというのは、借りている側には何のメリットもないのです。

新たな融資は、まず1社での増額を検討してみる

しかし、カードローンは、便利なローンであることは事実です。でも完済しないで持ち続けるのはアウトです。ではどうすれば完済できるのか。いちばん大事なのは、途中引き出しをやめることです。30万円程度カードローンなら3年でほぼ完済できるのですから、繰り上げ返済しなくても良いぐらいです。とにかく途中引き出しをやめることができれば、完済の目処はたちます。

ただし、利用上限額が50万円や100万円ぐらいのカードローンを複数抱えてしまうと、まとまった繰り上げ返済か、低利のローンへの借り換えが必要です。でもこれは口で言うほど簡単なことではありません。そこで、件数・金額を増やさないためにも、あらたにお金を借りたい場合は、借入先を増やすより増額を相談してみましょう。カードローンは借入件数を増やすより、1社で増額するほうが毎月の支払額は抑えられます。1社で増額できると、おまとめローンを利用しているのと同じ効果が得られます。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る