カードローンで払いすぎたお金は戻ってくる?

いまだにテレビでよく見かける、過払い金請求をしましょうと呼びかける法律事務所の宣伝ですが、カードローンでも払いすぎたお金は戻ってくるのでしょうか。結論から言いますと、利用しているカードローンが法定金利の範囲内のものであれば、過払い金は発生していませんので、その類のお金は戻ってきません。しかし法定金利を超える金利で融資されたカードローンをずっと返し続けていたとしたら払い過ぎたお金が発生しいてる可能性があります。この場合は過払い金返還請求ができますし、交渉によって戻ってくることもあります。つまり、払いすぎたお金、いわゆる過払いが発生する条件とは、利用しているカードローンの金利が、法定金利を超えているケースということです。

過払い金が発生する条件とは!?

ここでいう法定金利とは利息制限法による法定金利を指します。法定金利では、10万円未満は20.0%、10万円以上100万円は未満は18.0%、100万円以上は15.0%というのが上限金利となります。カードローンの適用金利がこの法定金利の範囲内なら過払い金は発生しません。グレーゾーン金利の撤廃などが盛り込まれた貸金業法の改正案が施行されたのが2006年の12月ですから、これ以降に契約したカードローンなら、法定金利を守ったもののはずです。しかし、それ以前のローン契約には、法定金利を超え、なかには出資法の上限金利の29.2%という高金利で貸付をおこなっているものもあるかもしれません。

理論上、法定金利を超えれば、過払い金が発生する可能性があるのですが、過払い金返還となると、金利の引き直しを行った結果、払い過ぎた分で元金と本来の利息(法定金利)の残高がゼロになるだけでなく、さらにマイナス分が生じる必要があります。つまり、法定金利超過幅が少なく返済期間が短いと、過払い分が生じても、返すべき元本と利息(法定金利分)が減額される程度で終わるかもしれません。ですから、過払い金返還まで発生するのは、出資法の上限金利でお金を借りて、なおかつ返済期間がある程度長い場合と考えられるわけです。

なお、改正される前の貸金業法では、「超過部分を利息として任意に支払った場合には、その返還を請求することができない(同法1条2項)」とされていたのですが、利息制限法では、利息の超過分は無効となるとあります。過払い金請求が一気に拡大したのは、利息制限法の解釈で、借金がゼロになったり、貸金業者から過払い金が戻ったりする訴訟例が出現したことが始まりです。

過払い請求するには?

では過払い金を請求するにはどうすれば良いでしょうか。じつは、時間と労力を惜しまないのなら、自分で行うこともできます。しかし現実的には難しいことですから、弁護士か司法書士に債権者との交渉を委任し、裁判所を通さない私的な債務整理のひとつである「任意誠意」を進めるのが一般的です。弁護士や司法書士に任意整理を委任すると、もちろん費用は発生しますが、費用や弁護士報酬は、債務整理後、分割払いで対応してくれるところが増えています。

任意整理をスタートさせると、弁護士や司法書士から経過報告を受けるだけで、本人は一切何もしなくて良くなります。ただし、交渉には時間がかかりますし、現在貸金業者によっては、過払い金返還までなかなか持ち込めない場合もあります。

過払い金返還を成功させるには、弁護士や司法書士の能力に依るところが大きいので、どこに依頼するかですべてが決まってくると言っても過言ではありません。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
ページトップへ戻る