カードローンの金利を比較する前に仕組みを知らないと損をする可能性があります

カードローンの金利は、ほとんどが「4.9%~17.5%」というように金利の幅がある形で表示されています。借入をする際は、この幅の間で金利が決定するのですが、これだと実際にどれくらいの金利が適用されるのかわからないですよね。

なぜ、このように金利の表示内容になっているのかご存知ですか?この金利の仕組みを知らないでカードローンを選んでしまうと低金利だと思って借りたカードローンが実は、高い金利だったということになってしまう可能性があります。

そこで、このページではカードローンの金利の仕組みについてわかりやすく解説したいと思います。

カードローンの金利は融資される金額によって変わってきます

カードローンの金利は、業者によって微妙に違う部分があるのですが、一口に言ってしまえば、融資額が大きいと金利は低くなり、融資額が小さいと金利は大きくなります。

例えば、プロミスは実質年率「4.5% ~ 17.8%」、融資限度額「500万円」となっています。 この場合、融資額が10万円なら17.8%の金利が適用され、300万円の場合は6.3%の金利が適用されるということになります。

こうした金利は金融機関が勝手に決めているわけではなくて、利息制限法という法律で定められた上限金利の範囲内で設定しています。

利息制限法による上限金利
  • 元本(融資額) 10万円未満     年率 20.0%
  • 元本(融資額) 10~100万円未満 年率 18.0%
  • 元本(融資額) 100万円以上    年率 15.0%

つまり、カードローン会社は利息制限法の範囲内で金利を設定しないといけないため、融資額10万円未満なら20%まで金利を設定できるが、100万円以上の場合は15%までしか設定できないということになります。

このように融資額によって、設定できる金利に制限があるため、カードローン会社は金利を表示する際に
「6.3%~17.8%」というように幅がある形で表示しているわけです。

各カードローン会社の金利はどうなっているのか?

カードローンの金利は融資額によって変わってくるというのはご理解頂けたかと思いますが、カードローン会社によって設定している金利が微妙に違うため、金利を知りたい場合、各カードローン会社のホームページをチェックする必要があります。

ただし、各業者によってホームページに記載しているところと、記載していないところがあるため、なかなか把握しづらいというのが正直なところです。

私が調べた限りでは、「プロミス」「アイフル」「アコム」「モビット」などの消費者金融系カードローンのホームページには、融資額別の金利は記載されていませんでした。

いっぽう、銀行が発行する銀行カードローンは、融資額別の金利を表示しているところがいくつかありましたので、各業者のホームページに記載されている金利を元に、カードローンの業者別の金利一覧表を作成してみましたので、カードローンを比較する際の参考にして頂ければと思います。

融資額別カードローンの金利を比較

銀行 10万円借りた場合の金利 50万円借りた場合の金利 100万円借りた場合の金利 150万円借りた場合の金利 200万円借りた場合の金利
住信SBIネット銀行 7.99% 7.99% 7.99% 6.39%~6.99 6.39%~6.99%
三菱東京UFJ銀行 12.6%~14.6% 12.6%~14.6% 12.6%~14.6% 9.6%~12.6% 9.6%~12.6%
みずほ銀行 14.0% 14.0% 12.0% 12.0% 9.0%
三井住友銀行 12.0%~14.5% 12.0%~14.5% 10.0%~12.0% 10.0%~12.0% 10.0%~12.0%
楽天銀行 14.5% 14.5% 9.6%~14.5% 9.6%~14.5% 6.9%~14.5%


この表を見て頂くとわかると思いますが、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は、10万円を借りた場合と200万円を借りた場合では、金利が5%も違ってきます。

このように、カードローンは融資額によって、金利が大きく違ってきますので、自分がどれくらい借りたいのか?そして、その融資額の場合、金利がどれくらいに設定されているのかを事前にチェックしておいた方がよいでしょう。

ここでは、10万円以上借りた場合の金利について紹介していますが、カードローンの借入で一番多いのは1~5万円の少額の借入と言われています。そこで「今日中に1・3・5万円をカードローンで借りたい!少額のお金を今すぐ借りる方法」では5万円を借りた場合の利息や毎月の返済額を解説していますので気になる方はご覧になってみてください。

どの融資額でも一番金利が低い住信SBIネット銀行とは?

上記の表を見て頂くと、どの融資額でも住信SBIネット銀行のカードローンが金利が一番低金利ということがわかるかと思います。

この住信SBIネット銀行ですが、2007年末からサービスを開始した新しいネット専業銀行のため、あまりなじみのない方もいらっしゃるかもしれませんが、住宅ローンの世界では、非常に有名なネットバンクで、評判も良いです。
特におまとめローンに力を入れており、利用限度額も最大1,200万円と高く、ネット上の体験談を見ると、おまとめ利用の方の審査を柔軟にしているという書き込みも目にしまので、おまとめを検討している方には最適なカードローンになります。



お申込みはこちら
金利(実質年率 最低~最高) 借入限度額 審査時間
0.99%~7.99% 1,200万円 最短即日
担保・保証人 来店 収入証明書の提出
不要 不要 限度額300万までは不要
即日融資 返済方式 返済期間・回数
即日 融資可能 残高スライドリボルビング返済




会社や自宅に連絡がくるの?

カードローンでお金を借りることは、家族や会社に知られたくないという方は多いと思います。
そういった方が一番心配なのが、カードローンの審査の際にかかってくる在籍確認の電話ではないでしょうか。

カードローン会社もそのへんのことは心得ていますので、在籍確認の電話は、
「佐藤と申しますが?○○さんいらっしゃいますか?」といったように、
個人名でかけてくるので、よっぽどのことがない限りカードローン会社の電話とはわかりませんのでご安心ください。
また、本人が電話にでれなくても、会社に在籍していることが確認できればOKなので、
「ただいま○○は席を外しております。」と対応して頂ければ、
本人の知らないところで審査が完了していたりします。

カードローンの明細など、自宅に郵送物って送られてくるの?

住信SBI銀行のカードローンは、インターネット上で明細を確認する形式のため、
明細書は発行されず、ご自宅に郵送されることはありません。

また、住信SBIネット銀行のキャッシュカードでお金を引き出すため、他のカードローンのようにカードローン専用のカードというものがありません。なので、カードローン専用のカードが郵送されるということもありませんので、その点もご安心ください。

住信SBIネット銀行のカードローンに関しては、下記のページに詳細をまとめていますので、
興味のある方はご覧になってみてください。

>> 住信SBIネット銀行のカードローンの詳細はこちらをクリック


ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
ページトップへ戻る