カードローンを申し込むまでの流れについて

カードローンは、ネット申し込み以外にもいくつかの申込方法が存在します。ただし、カードローン会社によって対応が分かれるため、申込み直前になって慌てることがあるものです。

そこで今回は、カードローンの申し込み方法について取り上げながら、消費者金融系・銀行系カードローンの申し込み方法、申込みの流れ、必要となる書類の種類など、詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

カードローン申込方法の種類について

カードローンの手続きは、非常にシンプルな内容となっています。この項では、申込方法の種類について解説していくことにしましょう。

大きく分けると、以下の5パターンとなります。重要なポイントのみ補足しますので、参考にしてください。

1.インターネット

パソコン、スマホ、携帯電話、タブレットからインターネットへアクセスし、申し込み手続きを行うことができます。大手のカードローン会社であれば、ほぼ対応していると考えて間違いありません。

なお、大手の消費者金融や一部の銀行では、iPhone、Androidそれぞれの専用アプリを提供していることがあり、ダウンロードしてから申込手続きを行うことが可能です。申込み手続き以外に、借入・返済の操作が可能なアプリも存在します。

2.郵送

文字通り、すべての手続きを郵送で行う方法です。家族と同居している方には、あまりおすすめできません。また、一連の手続きが完了するまでに、時間が掛ってしまいます。

3.電話

専用のフリーダイヤルへ電話を架けて、申込手続きを行います。電話のみで完結するのではなく、最終的には郵送やFAXでのやり取りとなることがほとんどです。

急いで借入したい方は、振込融資を希望するか、自動契約機にてローンカードを受取ることをお勧めします。

4.自動契約機

大手のカードローンの場合、各社専用の自動契約機を設置しています。申し込み手続き、審査、契約、ローンカード発行のすべてに対応しているため便利です。ただし、審査中の待ち時間が最低1時間前後と長いのがネックとなります。

5.店頭窓口

店頭窓口で担当者と相談をしながら申込みをすることができます。ただし、借入は店頭窓口で行えないケースがあるため注意しましょう。

消費者金融系カードローンの申し込み方法一覧

この項では、大手消費者金融5社のカードローン申込方法について解説します。

以下の表にまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。

カードローン名 申込み方法
WEB 郵送 電話 自動契約機 店頭窓口 スマホアプリ
アコム

※女性専用ダイヤルあり
あり
プロミス

※女性専用ダイヤルあり

※三井住友銀行ローン契約機も利用可能
あり
アイフル
×

※女性専用ダイヤルあり
あり
モビット
×
あり
ノーローン
×

※女性専用ダイヤルあり

※レイクの自動契約機を利用する
×
なし

大手消費者金融5社の申し込み方法を確認したところ、すべての申し込み方法に対応しているのはアコムとプロミスの2社であることが分かりました。

とはいえ、どの企業も申し込み方法が多岐に亘ることから、不便さを感じることはないといえそうです。またノーローンを除き、すべての企業でスマホアプリが導入されています。

申し込みに限らず、借入や返済も可能なケースがあるため、利便性を求める方はスマホアプリから申込むようにしましょう。

なお、特殊な例はノーローンとプロミスの自動契約機です。ノーローンは新生銀行グループ、プロミスは三井住友銀行グループであるため、それぞれの自動契約機から申込むことができます。

また、ノーローンに関しては、自社の自動契約機を所有していません。その点だけ注意しましょう。

大手銀行カードローンの申し込み方法一覧

次に、大手銀行カードローンの申込方法について解説していきます。

大手5社をピックアップしましたので、まずは以下の表をご覧ください。

カードローン名 申込み方法
WEB 郵送 電話 自動契約機 店頭窓口 スマホアプリ
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
×
×
なし
三井住友銀行

※ネットバンキングから申し込むことも可能

※プロミスの自動契約機も利用可能
なし
みずほ銀行
×
あり
オリックス銀行
×
×
×
×
あり
新生銀行レイク

※女性専用ダイヤルあり
×
あり

すべての申込方法に対応していたのは、三井住友銀行のみでした。また、オリックス銀行はネットバンキングであるため、申込方法はインターネット限定です。

これは、オリックス銀行だけに限らず、ネットバンキングのカードローンにみられる傾向の1つとなっています。WEBから申込むことに抵抗があったり、操作方法が分からない方は、別のカードローンを検討しましょう。

また、みずほ銀行、オリックス銀行、新生銀行レイクは、専用のアプリを提供しています。カードローンに限らず、普通口座の管理も可能となっているため、普通口座を利用する機会が多い方は、操作性を確認した上で利用を検討してください。

カードローン申し込みから利用までの流れについて

カードローンの申込みの流れは、企業ごとでおおよそ似ています。先述した5つの申し込み方法を例に挙げながら、利用までの流れを詳しくみていくことにしましょう。

ネット申込み ※スマホアプリを利用した申し込み方法も流れはほぼ同じです。

① 申込み
専用の申込フォームへ必要事項を入力します。なお、銀行カードローンの場合、申込時に普通口座開設が必須となっていることがあるため、事前に確認してください。

② 確認連絡
契約意志の確認連絡があります。メールもしくは電話で行われるのが一般的です。必要書類は審査時、もしくは審査後に提出することになります。

③ 審査
申し込み内容に基づき審査を行います。通常、1時間前後で審査完了です。在籍確認が行われるタイミングは、カードローン会社によって異なるものの、審査中か審査後に行われるケースが目立ちます。

※銀行系カードローンの場合、保証会社の審査もある

④ 審査結果の報告
メールもしくは電話にて審査結果が報告されます。

⑤ 契約
郵送、FAX、自動契約機、WEBのいずれかで契約を行うことがほとんどです。モビット、プロミスの場合、WEB完結にてローンカード発行や契約書郵送を省くことが可能となります。

ただし、ほとんどのカードローンではローンカード発行が必須です。ローンカードの受取り方法は、郵送もしくは自動契約機のいずれかとなります。

⑥ 利用開始
ATM、振込融資のいずれかで融資を受けることができます。

郵送

① 申込み
店頭、もしくはWEB上から申込書を入手し、必要書類を同封して郵送します。

② 審査
※ネット申込みの内容と同様

③ 審査結果
電話で報告されるケースがほとんどです。

④ 契約書の郵送
契約書が届いたら、必要事項を記入して返送します。

⑤ 利用開始
ローンカードが郵送されます。ATM、振込融資のいずれかで融資を受けることが可能です。

電話

① 申込み
専用窓口へ連絡します。

② 審査
ここで行われる審査は、仮審査となることがあります。審査完了後、担当者より電話で報告連絡があるため、契約方法を伝えます。契約方法は、自動契約機、郵送のいずれかとなるケースがほとんどです。

③ 契約
先述したとおり、自動契約機もしくは郵送のいずれかで契約をします。自動契約機の場合、その場でローンカードを受取ることができるため、すぐに借入が可能です。 

なお、必要書類は自動契約機まで出向く際に持参するか、契約書と併せて郵送します。

④ 利用開始
郵送での契約を希望した場合は、ローンカード到着時より利用可能となります。ただし急いでいる方は、振込融資を利用することでカード到着を待たずに借入が可能です。

自動契約機

① 申込み
本人確認書類を持参した上で、自動契約機にて申込み手続きを行います。場合によっては、収入証明書類が必須となるため、事前に確認しておきましょう。

② 審査
その場で審査が行われます。通常1時間前後の時間がかかるため、待ち時間を作りたくない方は、事前にWEBから申し込みをしておきましょう。審査結果が分かった段階で自動契約機へ足を運んだ方が、待ち時間を省くことができます。

③ 審査結果
口頭で担当者より審査結果の報告が行われます。

④ 契約
自動契約機を使って、契約を行います。ローンカードは、契約後に発行されることが一般的です。

⑤ 利用開始
その他の申し込み方法と同様です。

店頭窓口

店頭窓口から申し込みを行う場合、流れとしては自動契約機と同じです。異なる点は以下の2つとなります。

・直接、担当者とやりとりしながら申込みをすることができる。
・借入をする場合は、店頭窓口で融資を受けることができないケースがある。
※ATM、振込にて融資が行われる

カードローン申込み時に必要となるものは?

カードローンの申込時に必要となるものは、『本人確認書類』です。カードローン会社ごとで若干内容が異なるため、必ず公式WEBサイトの内容を確認しておきましょう。

例として、モビットと新生銀行レイクで案内されていた本人確認書類を表にまとめました。参考にしてください。

名称 本人確認書類
モビット ・運転免許証の写し

運転免許証がない場合は、以下のいずれか
※有効期限内、現在有効なものに限る

・健康保険証
・パスポート
新生銀行
レイク
以下いずれか1点
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード

※自動契約機で契約する場合に、健康保険証を提出する方は、現住所が確認できる住民票の写し、公共料金の領収書などが必須

また、所得証明書類が必要となることもありますが、消費者金融と銀行カードローンでは扱いが異なります。まず、消費者金融の場合ですが、以下の2点に該当する場合、所得証明書類が必要です。

・借入希望金額が50万円を超える場合
・借入希望金額と他者からの借入残高を合計すると100万円を超える場合

上記の条件は、総量規制と呼ばれる法律で定められており、すべての消費者金融が該当します。

一方、銀行系カードローンの場合ですが、各社ごとで対応が分かれます。銀行のケースを表にまとめましたので、参考にしてください。併せて、アイフルで案内されていた、収入証明書類についてもご紹介します。

※審査内容によっては、借入希望額などに関係なく収入証明書類が必須となることもあります。必ず案内がありますので、早めに確認してください。

名称 収入証明書必須条件
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
200万円を超える利用限度額を希望する場合
三井住友銀行
申込金額が300万円を超える場合
みずほ銀行
利用限度額が200万円を超える場合
収入証明書類
アイフル 50万円を超える借入を希望する場合
他社の借入残高と合計すると100万円を超える場合

以下いずれか1点のコピー
・源泉徴収票
・確定申告書
・所得証明書
・給与明細書
・住民税決定通知書

審査結果はどのように知らされるの?

基本的に、審査結果はメール、もしくは電話でお知らせされることがほとんどです。申込方法によって異なるケースもありますし、企業ごとで対応が分かれることもあります。

たとえばイオン銀行カードローンのように、審査に落ちた場合のみハガキでお知らせされるといった方法もあるため、事前に確認をしておきましょう。

審査結果が報告されるまでに掛る時間は、カードローンによって様々です。近年は即日融資が当たり前となってきたため、早ければ1時間から2時間程度で結果が分かります。

ただし、銀行カードローンで即日審査に対応しているのは、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など限られているものです。おおよそ2~3営業日ほど掛るケースが目立つため、余裕をもって申込みをしましょう。

また、申込み内容に不備があったり、提出した書類に不備があると、審査に時間がかかります。特に即日融資を希望する方は、提出前の最終チェックを怠らないようにしたいものです。

なお、例としてプロミスで申し込みをした際の、審査結果の報告方法を以下にまとめました。申込方法ごとに分けて記載しましたので、参考にしてください。

WEB申込み

メール・電話のいずれかを選択することができる。

自動契約機からの申込み

その場で知らされる。

電話申込み

詳しい案内なし。ただし、契約可能額は30分から1時間程度で知らされる。(どのような手段で知らされるかは不明)

店頭窓口

その場で知らされる。

郵送申込み

指定した連絡先に審査結果を連絡してもらうことができる。

カードローン申込みはキャンセルが可能?

結論からいいますと、カードローンの申込みキャンセルは可能です。ただし、各カードローンごとで対応が分かれるほか、キャンセルするタイミングによってもお話は異なります。

この項では、『申し込み後すぐのタイミング』、『審査中のタイミング』、『審査完了後のタイミング』、『契約後のタイミング』の4つを例をご紹介していくことにしましょう。

申込み後すぐのタイミング

申込みをしたすぐ後のタイミングでキャンセルする場合、キャンセルは可能です。ただし、早めに連絡をしないとそのまま審査に突入することがあるため、メールではなく電話で連絡を入れるようにしましょう。

なお、プロミスなど一部のカードローンでは、契約意思確認の電話連絡、もしくはメールを申込月の末日まで放置すると、翌月以降自動的にキャンセルとなることがあります。

ただし、月末日までの間でカードローン会社から何度も連絡をもらうことになるため、キャンセルの意志は早めに電話で伝えるようにしましょう。

審査中のタイミング

審査中のタイミングの場合も、キャンセルは可能です。ただし1つ気をつけたいことがあります。早めにキャンセルを申し出ないと、個人信用情報に申込記録が残ってしまうということです。

そのため、メールではなく直接窓口へ連絡をして、キャンセルを申し出るようにしましょう。

審査完了後のタイミング

審査完了後のタイミングでキャンセルをする場合、『ローンカードの発行が行われたか』、『必要書類を提出したか』によって対応は異なります。

多くの場合、ローンカードを発行しておらず、必要書類を提出していない場合は、スムーズにキャンセルできるようです。

ローンカード発行後や、必要書類提出後にキャンセルを希望すると、解約手続きとなる可能性があるため早めに申し出るようにしましょう。

契約後のタイミング

契約後のタイミングで、キャンセルをすることはできません。そのため、解約手続きが必要となります。手続き方法がカードローンごとでことなるため、早めに問い合わせをしましょう。

また、契約後に即解約をしてしまうと、すべての情報が個人信用情報機関へ登録されてしまいます。

登録された情報が、そのあと他社のカードローンなどへ申込みをした際に不利となる可能性があるため、契約後のキャンセルは避けたいものです。

 
ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る