カードローンの申し込み時の審査で年収や勤続年数の嘘をつくとバレる?

カードローンの申込みを行う際、些細な嘘であれば審査のときにバレないものなのでしょうか。審査に通過する自信がない場合、できるだけ好条件で申込みをしたいという思いから、つい嘘をついてしまうことがあるものです。

そこで今回は、カードローン申込み時の嘘について詳しく取り上げながら、嘘がバレテしまう事例、審査に不安があるときの対処法など併せて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

カードローン審査で嘘をついてもバレない?

カードローンの審査で嘘をついても、バレないものなのでしょうか。多少の嘘であればバレないと考えている方は多いようですが、必ずバレるため気をつけましょう。

そもそも、なぜカードローンの申込みの際に嘘をついてしまうのでしょうか。それは、少しでも有利な状況を作って、審査に通過したいからだといえます。

つい嘘をつきたくなる箇所は、審査に大きな影響を与える箇所であることがほとんどです。

たとえば、『勤務先』、『勤続年数』、『年収』、『他社からの借入状況』、『雇用形態』を挙げることができます。

これらの項目は、カードローン会社で慎重にチェックを行っている箇所であり、かなり細かく審査を行っているのが現状です。

少しでも怪しいと感じた際は、追加で書類の提出を求めるなどして、更に慎重に審査を行います。そのため、すぐに嘘はバレてしまうのです。

カードローンは担保や保証人を付けずに利用できる金融商品であり、個人の信用をもとに融資を行っています。

銀行系カードローンの場合は、保証会社を必ずつけることになるため、消費者金融系とは審査の内容が少々異なりますが、個人の信用を重視していることに変わりはありません。

なぜ個人の信用を重視するのかというと、融資を行う上で返済能力がポイントとなるからです。つまりカードローンの審査とは、『お金を貸してもちゃんと返してくれる人なのか』を確認するための作業といっても過言ではありません。

それにもかかわらず、申込み時点で嘘をつかれてしまうと、『お金を貸しても返ってこないかもしれない』と判断せざるを得ないのです。

嘘をついた結果、担当者の目をかいくぐって審査に通過したとしても、定期的に利用状況や申込み時の内容はチェックされています。そのため、いつかはバレてしまうものなのです。

審査で嘘をつくとバレてしまう3つの理由

審査の際に嘘をつく箇所として最も多いのは、年収だといわれています。次いで多いのは、他社からの借入状況です。

ようするに『年収が低く』、『他社からの借入がある』と審査に通過しづらいと考える人が多いということになります。

しかし、カードローンの審査で最も重要なことは、冒頭でもお伝えした通り信用です。年収が低めでも安定した収入があれば問題ありませんし、他社からの借入があっても返済が遅れておらず、年収の1/3以内に収まっていれば審査に通過する可能性は残されています。

このような背景を踏まえた上で、審査で嘘をつくとバレてしまう3つの理由についてみていくことにします。以下にまとめましたので、参考にしてください。

【理由その1】消費者金融系は総量規制が関係してくるから
消費者金融系のカードローンは、申込みの際に他社からの借入件数や総借入額をしっかりとチェックしています。なぜなら、貸金業法の総量規制と呼ばれる法律を遵守しており、年収の1/3以上の融資を行うことができないからです。

万が一、総量規制に違反した場合、業務停止や倒産に繋がります。銀行系カードローンでも年収や借入状況はチェックしますが、消費者金融系の方がシビアにチェックしているのです。そのため、嘘をつくとすぐにバレてしまいます。

【理由その2】銀行系の保証会社の多くは消費者金融系の会社だから
銀行系カードローンの場合、貸金業法ではなく銀行法が適用されます。つまり、消費者金融系のような総量規制はありません。

とはいえ、審査の際は収入をチェックすると共に、個人新情報機関へ情報を照会して、申告された内容と相違はないか確認しています。

また、銀行系カードローンの場合、低金利で融資を行っているため、返済が滞った際のリスクを軽減するために必ず保証会社をつける必要があるものです。

保証会社は利用者が返済できなくなったときに、返済を立て替えてくれる立場にありますので、審査の際に収入面や他社からの借入状況は厳しくチェックしています。そのため、消費者金融名のカードローンよりも審査は厳しめです。

しかも、保証会社の多くは消費者金融系の企業ですので、個人向けの小口融資の審査に慣れています。嘘を見破るノウハウに長けているため、簡単にバレてしまうのです。

【理由その3】書類や信用情報機関で正確な情報を確認するから
即日融資やスピード審査を謳っているカードローン会社が増えていますが、だからといって審査が緩いわけではありません。抑えるべきところは、しっかりと抑えているのが現状です。

通常、消費者金融系では50万円まで、銀行系では200万円から300万円程度までの借入希望額であれば、本人確認書類のみで審査を受けることができます。

しかし、申告内容に疑わしい点があるときは、追加で書類の提出を求めることが大半です。

借入状況に関しては、個人情報機関に照会すれば、過去や現在の利用状況だけではなく、他社への申込み状況もすべて筒抜けとなります。そのため、嘘をついてもすぐにバレてしまうのです。

カードローン審査でついてはいけない嘘の事例

この項では、カードローンの審査でついてはいけない嘘の事例を取り上げていきます。代表的な事例を、以下にまとめました。参考にしてください。

◆年収
『年収が高い方が審査に通過しやすい』と考える人が多いため、カードローンの年収で嘘をついてしまう事例が多数存在します。

カードローンの借り入れ限度額は、年収が関係してくることは否めません。やはり年収が高い人の方が、高額融資となりやすいからです。

ただし、『継続的に安定した収入が見込めるかどうか』という点の方が重要視されています。年収が低めでも収入が安定している人の方が、審査で有利となることがあるのです。

◆勤務先
水商売や日雇いなどで働いていると、正直に勤務先を申告しづらいことがあります。そのような際、アリバイ会社を利用して審査に申込むケースがあるようです。しかし、アリバイ会社を利用した申込みは違法行為となります。

大至急借入をしたいときに、アリバイ会社を利用したくなる気持ちは分からなくもありませんが、調べればすぐにバレてしまうものです。

◆勤続年数
勤続年数が長いと、収入が安定していると見せることができるため、長めに申告する方がいます。勤続年数が短いと、収入の安定性に欠けるとして審査に通過しづらくなることは事実です。

しかし、怪しまれて収入証明書や在籍証明書などの提出が求められた場合、すぐにバレてしまいます。

◆他社からの借入金額と残高
多重債務になってくると、借入金額や借入残高を少なめに申告する傾向にあります。これは、融資枠を増やすためや、なんとか審査に通過したいという思いから行ってしまう行為なのですが、実際のところ全く意味はありません。

個人情報機関に照会すれば、すべてバレてしまうからです。それにもかかわらず、未だに他社からの借り入れ金額や、借入残高を少なめに申告する方が多いといわれています。

◆他社の借入件数
審査に通過しやすいように、借入件数を少なめに申告する方が散見されます。確かに多くのカードローン会社では、3社以上の借入を快く思っておらず、新たな融資を避ける傾向にあるようです。

借入件数が多いということは、月々の返済金額が多いと容易に想像できます。返済が滞る可能性が高い人に、新たな融資を行うカードローン会社は闇金以外に存在しません。

そのため、なんとしてでも審査に通過したいという思いから、つい嘘をついてしまう事例が目立つのです。

審査時、審査後にうそがバレてしまったらどうなるの?

審査中もしくは利用中のカードローンで嘘がバレてしまった場合、一体どうなってしまうのでしょうか。代表的な事例を、以下にまとめました。参考にしてください。

【事例その1】審査落ちもしくは契約が無効になる
多少の誤りくらいであれば見逃して貰えることもありますが、悪質だと判断された場合は審査に落ちてしまいます。

個人の信用をもとに融資をしている以上、虚偽の申告をするような相手には融資できないと判断されてしまうからです。

また、すでに融資を受けている場合でも、虚偽の内容で申込みをしていた事実が発覚した時点で、契約無効となることがあります。

【事例その2】一括で返済しなければならない
たとえばプロミスの場合、会員規約の第25条(機嫌の利益の喪失)中で、次のような案内があります。

プロミスカード会員規約
1.お客様に次の各号のいずれかにあたる事由が生じたとき、当社の通知催告がなくても、お客様は、本規約にもとづく一切の債務について当然に期限の利益を失い、債務の全額を支払います.

(1)支払停止となったとき.
(2)強制執行の申立があったとき.
(3)破産、民事再生手続開始等の申立があったとき.
(4)お客様の所在が当社にとって不明となったとき.
(5)本規約にもとづく債務であるかを問わず、当社に対する債務の一つでも期限に支払わなかったとき.
(6)当社に差入れた書面に虚偽の記載があったとき、または収入、支出等について虚偽の申告があったとき.
(7)第28条第1項第1号に定めるいずれかに該当することが認められたとき、同第2号に定めるいずれかに該当する行為を行ったとき、または同各号の表明について虚偽の申告が判明したとき.
2.お客様に次の各号のいずれかにあたる事由が生じたとき、当社の請求により、お客様は、本規約にもとづく一切の債務について期限の利益を失い、債務の全額を支払います.

(1)届出事項の変更を届出なかった場合または第32条に規定されたカードの取扱に違反した場合で、それが重大なものであったとき.
(2)信用状態が悪化し、当社が債権を保全するために必要と認めたとき.

プロミスカード会員規約参照

注目したいのは、(6)の箇所です。『当社に差入れた書面に虚偽の記載があったとき、または収入、支出等について虚偽の申告があったとき。』とあることが分かります。

ようするに、嘘をついたことがバレたときは、一括で返済しなければならないということです。これはプロミスだけに限らず、すべてのカードローン会社が利用規約で提示している内容です。なお、分割返済には応じてもらうことができません。

【事例その3】他社も含めたカードローンの利用ができなくなる
カードローンへの申込み状況、利用状況はすべて個人の信用情報機関に登録されます。申込み状況の記録は最長6カ月間残されますし、虚偽申告のために解約した事実は事故情報として『強制解約発生日から最長5年間』情報が残ってしまうのです。

個人情報機関に登録されている信用情報は、カードローン会社で共有されていることから、上記の期間内はすべてのカードローンが利用できなくなるといっても過言ではありません。

カードローン審査で嘘がバレやすいケースとは?

この項では、カードローン審査で嘘がバレやすいケースについて取り上げていきます。虚偽の申告が目立つ審査項目ごとに解説しますので、ぜひ参考にしてください。

◆年齢
『利用条件よりも年齢が若いために嘘をついた』、『利用条件の年齢を超えていたため嘘をついた』といったケースが目立ちます。いずれの場合も、以下の方法で確認することになるため、すぐにバレてしまうものです。

・本人確認書類の提出
・収入証明書の提出
・信用情報機関へのデータ照会

ちなみに、申込書によっては『満年齢』を記載することがあります。そのときに1歳違いで申告してしまう人がいるようですが、その程度の誤りであれば細かく指摘されることはありません。あったとしても、訂正が求められる程度です。

◆現住所
『引越しをしてから本人確認書類の住所を変更していなかった』、『単なる変換ミス』といったケースがほとんどです。これらの情報は、以下の書類を提出した際に発覚することが大半となります。

・本人確認書類の提出
・収入証明書の提出
・信用情報機関へのデータ照会

住所間違いは、必ず訂正が必要です。確認書類そのものの住所が異なる場合は、まずは住所変更を行う手続きをして、改めて審査を受けることになります。

◆年収
『どうしても審査に通過したかったため多めに年収を申告した』、『年収が低いと審査に通過しないと思った』、『すでに他社から借入があるため、年収を高く申告した方が審査に通過すると思った』などが挙げられます。

これらの理由で虚偽の申告をした場合ですが、以下の書類からバレてしまうことがほとんどです。

・収入証明書
・信用情報機関へのデータ照合

本来、高額融資を希望しない限り、収入証明書は不要とされています。たとえば消費者金融系であれば50万円まで。銀行系の場合は200万円から300万円程度までです。

もしくはモビットのWEB完結のように、本人確認電話を省略する目的で収入証明書を提出することもあります。それ以外のケースで、収入証明書の提出が求められた場合は、嘘をついている可能性を疑われているということです。

◆勤務先
『アルバイト、パートでは審査に落ちると思った』、『勤務先が水商売のため審査に落ちると思った』、『現在、無職のために以前の職場を申告してしまった』、『再就職先を探しているため、以前の職場を申告してしまった』などが挙げられます。

勤務先に関しては、在籍確認の電話でバレてしまう他、社員証、源泉徴収票、信用情報機関へのデータ照合、収入証明書からバレてしまうことがほとんどです。

◆雇用形態・勤続年数
『正社員だと伝えた方が審査に通過しやすいと思った』、『勤続年数が長い方が審査に有利だと思った』、『アルバイトやパートだと借入上限金額が低くなると思った』などが挙げられます。

申告内容が疑わしいと判断された場合、収入証明書、信用情報機関へのデータ照合から嘘がバレてしまうことがほとんどです。雇用形態や勤続年数は、嘘をついてもバレないと考えている方が目立ちます。

しかし、信用情報機関へなんらかのデータが登録されていると、以前申告していた情報が丸見えとなってしまい、嘘がすべてバレてしまうものです。また保険証の種類や、在籍確認の連絡をした際にバレることもあります。

◆借り入れ履歴
『少しでも審査に通過しやすいように、借入があることは隠しておきたかった』といったケースが挙げられます。

借り入れ履歴は、個人の信用情報機関に記録として残っているため、嘘をついてもすべてバレてしまうものです。

たとえば、返済に遅れたことがある場合、『遅延したことはない』と申告しても、記録として残っていますので嘘をついても印象を悪くするだけとなります。

なお、カードローンの申込みをキャンセルした場合も、記録として残されますので、担当者から質問を受けた場合は、素直に申告するようにしましょう。

◆他社借入状況
『借入が少ない方が審査に通過すると思った』、『他社から借り入れがあると、希望上限金額まで融資して貰えないと思った』といったケースが挙げられます。

先程の借り入れ履歴と同様、信用情報機関のデータを確認するだけで、すべてバレてしまうものです。特に消費者金融系のカードローンの場合、借入総額を年収の1/3以下にしなければならないため、かなり厳しく審査をしています。

◆既婚かどうか
『夫・妻にバレたくない為、隠しておきたかった』といったケースが目立ちます。クレジットカードの申込み時に『配偶者の氏名』を申告したことがある方は、その情報が信用情報機関に登録されているため確実にバレるものです。

ちなみに、審査の際は既婚の方が有利だといわれています。守らなければならない家族がいるということは、夜逃げするリスクが低いと判断されるからです。

これが独身の一人暮らしの場合だと、簡単に夜逃げすると判断されることがあるため、審査の際に不利だといわれています。

ただし独身の実家暮らしの場合、お金に余裕があると判断されて、既婚よりも審査に通過しやすくなるケースはあるようです。

間違ったでは許されない?記入ミスも注意!

申込み時に申告した内容に入力ミスがあった場合、早急に訂正するようにしましょう。理由は大きく分けると3つあります。以下にまとめましたので、参考にしてください。

【理由その1】審査担当者が判断に迷ってしまう
審査担当者からすると、虚偽の申告なのか単なる記入ミスなのか、判断に迷うことがあります。

また、あまりにも記入ミスが多いと、自分の情報を正確に申告できないと捉えられ、審査で落とされることも少なくありません。

【理由その2】在籍確認などの審査に影響がある
特に本人の連絡先や勤務先の電話番号は、記入ミスをしてしまうと審査に大きな影響を及ぼします。連絡が取れなければ、それ以上審査を進めることができないからです。

住所であれば、運転免許証から確認できるため、申込みの時点で誤りに気付きやすいのですが、電話番号は本人確認書類に記載されていないケースがほとんどとなっています。

個人信用情報機関へ情報を照会した際、審査担当者が気付くこともありますが、自分の電話番号や勤務先の電話番号を把握してないと判断され、審査時に与える心象が悪くなるものです。

【理由その3】返済能力を疑われてしまう
他社からの借り入れがある場合、正確に申告しないと返済能力を疑われる可能性があります。どのくらい借金があるのか把握してない人に対して、新たにお金を貸しても大丈夫なのか疑問視されてしまうからです。

すでにお伝えしているとおり、カードローンは個人の信用をもとに融資を行う金融サービスの中の1つとされています。

個人の属性をチェックしたり、信用情報機関へ情報を照会したりといった一連の審査を行う理由は、『信用してお金を貸しても返して貰えるか』を確認するためでもあるのです。

それにもかかわらず、入力ミスがあると『信用』の部分で不信感を与えてしまいます。

カードローンの申込み時に申告する内容は、自分のプロフィールのようなものです。つまり、自分の大切な情報を誤って申告すること事態、いくら入力ミスとはいえ悪い印象を与えてしまうことは明白です。

審査を受ける前に不安があるときはどうしたらいい?

審査を受ける前に、審査に通過することができるか不安を拭えないときは、以下の3つの方法を試してください。

必ず不安がなくなるとはいえませんが、客観的に自分の状況が確認できるため少しは気分が楽になるはずです。

【ポイントその1】個人信用情報機関から自分の情報を確認しておく
個人情報機関に登録されている情報は、自ら確認することが可能です。主な信用情報機関は以下の通りとなります。詳細は、各WEBサイトで確認してください。

《全国銀行個人情報センター》
銀行、銀行系カードローン、信用金庫、信用組合、農協などが会員となっています。これから銀行系カードローンを利用しようと考えている方は、登録情報の開示手続きを行ってください。

情報を開示する際に必要となる書類は以下の通りです。なお、手続きは郵送でのやりとりとなります。

必要となる書類
・開示請求申込書(全国銀行個人情報センターの公式WEBサイトよりダウンロード可能)
・ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1,000円分(消費税・送料込み)
・本人確認資料(2種類・うち1種類は現住所を確認できるもの)
※運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、住基カード、個人番号カード、健康保険証、公的年金手帳、在留カード、特別永住者証明書、福祉手帳、戸籍謄本または抄本、住民票、印鑑登録証明書

 

《株式会社日本信用情報機構(JICC)》
消費者金融、信販会社などが会員となっています。消費者金融系のカードローンを利用する場合は、情報を照会してください。

開示手続きは、スマホ、郵送、窓口の3パターンがあります。必要となる書類は以下の通りです。

必要となる書類
・手数料1,000円
※支払い方法は、クレジットカード1回払い、コンビニ、銀行振込、ペイジーのみ
・本人確認書類(1点)
※運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証、パスポート、個人番号カード、住基カード、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳

 

《株式会社シー・アイ・シー(CIC)》
信販会社、クレジットカード会社などが会員となっています。もしも信販会社系のカードローンを検討している場合は、情報を照会してください。

パソコン、スマホ、郵送、窓口にて開示手続きが可能です。必要書類は以下の通りとなります。

必要となる書類
・手数料1,000円(窓口での開示は税込500円)
※支払い方法は、クレジットカード1回払い
郵送の場合は、定額小為替証書(1,000円分消費税込)

・本人確認書類(1点)
運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、個人番号カード、住基カード、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳

・2点必要となる本人確認書類
健康保険証、年金手帳、戸籍謄本または抄本、印鑑登録証明書

 

【ポイントその2】簡易審査を受ける
カードローン会社によっては、公式WEBサイト上で簡易審査を受けることができます。たとえば、アコムでは『3秒診断』を提供していますし、プロミスでも『お借入診断(3秒診断)』を利用することが可能です。

銀行系カードローンでは、簡易審査を受けることができないケースが目立つものの、三菱東京UFJ銀行ではWEBサイト上で『お借入診断』のツールを提供しています。

あくまでも簡易審査ですので、本審査で通過するかは別の話となりますが、最低限の基準を満たしているかどうかは確認できるものです。ぜひ有効活用しましょう。

【ポイントその3】相談窓口へ問い合わせてみる
カードローン会社では、必ずといって良いほど相談窓口を設けています。個人情報を伝えることなく、まずは相談に乗ってもらえることがほとんどですので、どうしても心配であれば相談してみることをお勧めします。

モビットのように、9時から21時までと対応時間が決まっているケースもありますが、新生銀行カードローンレイクのように、初めての方のみ24時間対応しているケースもあるものです。

問合せ方法や問合せ先の電話番号は、各カードローン会社の公式WEBサイトで案内されているため、事前にチェックしておきましょう。

まとめ

カードローンへ申込みをする際は、なんとかして審査に通過したいものです。すでに他社から借入をしている方ほど、審査に通過するために多少の嘘をついてしまうことがあります。

しかし今回取り上げたとおり、カードローンの申し込み時に嘘をついてしまうと、すべてバレてしまいますし、審査結果に悪影響を及ぼすだけです。

うまく嘘をつくことができたとしても、何らかのタイミングでバレて利用できなくなる可能性は十分考えられます。

また、今後別のカードローンやクレジットカードなどの申込みを行う際、以前ついていた嘘が仇となって審査に落ちてしまうこともあり得る話です。

そのため、審査に通すために嘘をつくのではなく、審査に通過しやすいように属性を
良好に保ったり、借入がある場合は遅れずに返済したり、審査に比較的通過しやすいカードローンを利用するようにしましょう。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る