カードローン契約者が死亡の場合、残高の支払いはどうなるのか?

死ぬときまでには、借金はゼロにしていたいものですが、人の死期はいつ訪れるか分からないものです。契約者の本人死亡により、カードローンの残債はどのような扱いになるでしょうか。見ていきましょう。

相続は資産だけではなく負債も承継する

たとえば父親が利用していたカードローンがあったとします。そして数百万円の利用残高があり、それを完済しないまま本人死亡となると、その債務は相続人である配偶者や子が相続することになります。相続とは財産を承継することですが、プラスの資産だけを承継することではなく、負債も引き継ぐことになります。ここで問題となるのが、資産と呼べるようなものがほとんどなく、負債のほうが多い場合です。父親の預貯金などを合算してもカードローンなどの残債のほうが圧倒的に多いとなると、相続人は借金を背負うことになります。

相続放棄と限定承認について

そこで、このような場合は、相続放棄をすることで、財産を承継しないかわりに、父親の借金の支払いもしなくてよくなります。しかし、相続放棄の届出をしないでそのままにしていると、単純承認と言って、資産も負債も相続することになります。相続を単純承認しないで、相続放棄するには、相続開始を知った日から三ヶ月以内に住所地を管轄する家庭裁判所に届出を済ませなくていけません。家庭裁判所への届出をしないで、一部の人間にしか通じない書面で相続放棄したつもりになってもダメですから注意してください

また相続した資産の範囲内で負債を返済することを条件に、遺産を相続することを限定承認と言います。被相続人の残した負債がどのぐらいあるのか掴めない場合は限定承認を選択すると、負債を背負い込まずに遺産相続できるので安全です。限定承認も相続放棄と同じで、相続の開始を知った日から三ヶ月以内に家庭裁判所に届け出なければなりません。

相続放棄は、家族だけしておけば済む問題ではない。

しかし、相続放棄をしたからと言っても問題はそれだけで済まない場合もあります。たとえば相続放棄を配偶者や子が行ったとしても、次に相続する順番の人が資産も負債も相続することになるからです。父の家族が相続を放棄すると、父親の直系尊属となる父親の父母が相続することになります。父母がすでに死亡していた場合は、父親の兄弟が相続することになります。また父親の兄弟たちがすでに亡くなっていた場合は、その子に相続権が移ります。自分の親の借金の返済義務が、小さい頃に遊んだことがある従兄弟に課せられるケースもあるということです。ですから、家族だけで相続放棄するのではなくて、父親の親兄弟にも、自分たちが相続放棄をしたことを伝えていかなければなりません。もちろん父親の親兄弟も、同じ手続きをすることで相続放棄ができます。

これは逆もあることで、親戚付き合いのない家族の父親が負債を残して亡くなり、相続放棄をしたことを知らされないで、不意に多額の借金を背負うこともあり得るということです。親戚やいとこの家族のことは大体把握している方が多いでしょうが、付き合いのない父親方の親戚がいる場合は、そんなことも聞いておいたほうが良いでしょう。

なお、相続放棄しても、父親の借金の連帯保証人になっている方は、負債の弁済義務を放棄することはできません。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析