カードローンの増枠(増額)をするにはどうすればよいか?

カードローンの増枠をするには、どうすれば良いでしょうかまず、カードローンの増枠自体は、できないことではありません。でもカードローンはクレジットカードのショッピング枠ように、自動的に利用枠が増額したりはしませんので、かならず利用者が申し込んで、その都度審査を受けることになります。クレジットカードでもキャッシング枠を増枠する場合は、都度審査をすることになるはずです。カードローンも、利用実績に応じて自動的に上限が上がっていくのではと考えている方は、認識をあらためる必要があります。

カードローンの増枠も新規申込時の審査と基本的に変わらない

カードローン利用枠の増額も、審査基準は新規申込時の審査と基本的に変わりません。個人信用情報を照会して、利用歴の健全性と他社借入状況がみられることになります。また、必要に応じて、収入を証明する書類を提出しなければならない場合もあります。とくに増枠によって極度額が50万円を超える場合、他社の借入も合わせて利用残高が100万円超える場合は、収入証明を求められることになります。したがって、極度額によっては、新規申込で審査するより用意するものが多くなり、かえって面倒に感じるかも知れません。なお、いつも上限額目一杯の状態で、返してはまた1万円引き出すということを繰り返している方は、カードローンの増枠はなかなか通らないと思います。

また現在利用してるカードローンで、返済が一度でも遅れたことがあると、増枠は難しいと言われています。このように、いっけん柔軟審査が期待期できそうなカードローンの増枠ですが、かならずしもそうではないということは理解しておく必要があります。

高い金利で借入をしているなら、カードローンの借り換えも検討の余地あり!

カードローンの金利は、利用限度額が低いと金利が高くなるので、50万円以下の少額融資を複数の金融機関で繰り返し借りている場合、かなり高めの金利で設定されている可能性があります。

そのため、カードローンを複数社から借りている人は、どうしても金利が高くなる傾向にあります。

私も過去に複数のカードローンを借りて、毎月の返済に追われていた時期がありましたので、返済時期が近づくたびに
「借金を一本化して、毎月の返済額を減らしたい!」
「低金利のローンに借り換えて、少しでも支払額を減らしたい!」
と思っていました。

もし、あなたが当時の私と同じように複数の会社から高い金利で借入をしてしまっているようでしたら、
カードローンを借り換えして一社にまとめることを強くお勧めします。

複数のカードローンの借り入れを、一つのカードローンにまとめることで、毎月の返済額が安くなる可能性があります。また、返済先が一つになることで、返済の手間も省けますし、しっかりとした返済プランが立てやすいなど、複数のメリットがあります。

カードローンの借り換えやおまとめを利用することで、金銭的なメリットはもちろんですが、精神的なメリットも非常に大きなものがありますので、毎月の返済に悩んでいる方は前向きに検討することをお勧めします。

「おまとめローンは検討したいけど、他社の借り入れがあっても借りれるカードローンはあるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から申し上げると、他社の借り入れがあっても、新たに借りることは可能です。

下記では、借り換え・おまとめが可能なカードローンを選びやすいように、評価の高いものをランキング形式で並べてみました。

おまとめローンのメリットやデメリットについては、【他社借り入れがあっても借りれるカードローンはあるの?】でわかりやすく解説していますので、こちらのページを参考にしてください。


ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る