消費者金融の申込みから契約までの流れ-最短1時間で融資が可能!

初めて消費者金融へ申込みをする場合、分からないことが多いため不安を感じてしまいがちです。しかし、事前に概要を把握しておけば、申込みをした際に慌てることがありません。

そこで今回は、消費者金融の申込みから契約までの流れについて取り上げながら、申込み方法の種類、申込み時の注意点等、詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

消費者金融の申込みから契約までの一連の流れとは?

消費者金融の申し込み方法は、非常にシンプルで簡単です。消費者金融ごとで多少の違いはありますが、基本的な流れは同じと考えていて間違いありません。

この項では、申込みから契約までの一連の流れについて解説していきます。

申込み

消費者金融ごとで申込み方法は若干異なります。しかし、申込み時に申告する内容は同じですので、自分に合った方法で申込むようにしましょう。

また、周囲にバレるリスクを抑えたい方は、パソコン、携帯電話、スマホから申込むことをお勧めします。

申込み時に申告する内容ですが、たとえばアイフルのネット申込みの場合は以下のとおりです。

項目 概要 項目 概要
申込金額
・当日融資希望有無
・希望限度額
・ご利用目的(取引の目的)
お勤め先について
・勤務先名
・勤務先住所
・勤務先電話番号
・雇用形態/保険証種別
・業種/職種
・会社規模
・給料日
・入社年月
・税込年収
・その他雇用形態
お客様情報について
・漢字氏名
・カナ氏名
・生年月日
・性別/結婚有無
・扶養家族
・メールアドレス
・運転免許証
お住まいについて
・住所
・携帯/固定自宅電話番号
・住居/名義人
・住居(家賃)負担額
・入居年月
・同居内容
他社の状況について
・他社ご利用件数/お借入残高
アイフルからの審査連絡について
・希望連絡先
ご希望の契約方法について ・契約方法
・パスワード

他の消費者金融でも、おおよそ同じ内容を申告することになります。

内容に不備があると、確認作業で時間を取られてしまうため、正確に申告するようにしてください。

書類提出

申込み方法や申込み先の消費者金融によって、書類を提出するタイミングは異なります。事前に公式WEBサイトを確認するようにしましょう。

たとえば、アコムの場合、以下のタイミングで書類を提出します。

申込み方法 提出のタイミング
スマホ
携帯
パソコン
申込み後、アコムから送られてきたメールにURLが記載されている。
URLからログインし、4つの方法のいずれかで提出する。
・アプリアップロード
・郵送
・FAX
・店頭窓口、無人契約機
店頭窓口 申込み手続き時
自動契約機 申込み手続き時
電話 契約手続き時に提出する
※契約方法により提出のタイミングは異なる
・来店もしくは自動契約機
 ⇒契約手続き時に提出
・郵送
 ⇒送付された申込書と一緒に返送
・FAX
 ⇒パソコン、もしくはセブンイレブンのマルチコピー機から出力した専用契約書類一式と一緒にFAXにて送信する
※平日14時までに提出すれば即日借入可能
郵送 必要書類がアコムより届いたら、申込書類と一緒に返送する

なお、提出する書類は、本人確認書類、収入証明書の2種類です。本人確認書類は、必ず提出することになるため、借入希望先で決められている書類内容を確認しておきましょう。

たとえば、アコム、プロミス、アイフルの場合は、以下のとおりとなっています。

消費者金融名 本人確認書類
アコム ・運転免許証
・個人番号カード
・健康保険証
など
プロミス ・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
※来店契約時は住民票等もう1点必要
・住民票
・個人番号カード
など
アイフル ・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・特別永住者証明書
・在留カード
・公的証明書類
・個人番号カード
・住基カード

収入証明書に関しては、貸金業法で定められた2つのケースのいずれかに該当する場合、提出が必要です。

①借入希望金額、借入額が50万円を超える契約を行う場合
②他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

基本的に、新規申込時は50万円以下の融資に留まるケースが多いため、収入証明書を提出することはほぼありません。

ただし、返済能力に不安がある場合など、消費者金融の判断によって提出が求められることがあります。事前に案内があるため、必ず確認しておきましょう。

電話・メール連絡

申込み先の消費者金融、もしくは申込み方法によりますが、消費者金融から電話・メールにて連絡が入ります。

たとえばプロミスの場合、電話、メールにて連絡が入るタイミングは以下のとおりです。

申込み方法 電話・メール連絡のタイミング 注意点
プロミス WEB ・カンタン入力で申込みをしたあと、残りの必須情報を聴取するために電話連絡がある
・申込み不備による確認連絡
・審査結果のお知らせ(電話・メール)
・電話をかけて欲しくない場合は、フル入力で申込みをする
・希望連絡先を指定する
・審査結果のお知らせは電話・メールいずれかを選択することができる
電話 ・申込み不備による確認連絡
・審査結果のお知らせ
・審査結果のお知らせ方法に関して、詳しく案内されていない。要問合せ
郵送 ・申込み不備による確認連絡
・審査結果のお知らせ
※希望連絡先へ連絡が入る
・申込み時に都合が良い希望連絡先を伝えておく
店頭窓口
自動契約機
・その場でやりとりするため、申込み時に電話・メールの連絡なし

電話での連絡を希望していない場合でも、申込み内容に不備があると電話が架かってくることがあります。特に勤務先の住所や電話番号は間違いのないよう申告してください。

また、大手消費者金融のノーローンのように、申込み意思を確認するため、自宅固定電話への連絡が必須となっているケースも稀に存在します。

自宅に固定電話がない場合、住民票などの書類を提出することがあるため、事前に確認しておきましょう。

審査

消費者金融では、貸金業法で定められた内容を遵守しながら審査を行っています。貸金業法上、審査時に確認しなければならない内容は以下の図のとおりです。

(返済能力の調査)
第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入または収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

また、上記の調査を行う場合は、必ず指定信用情報機関(JICC、CIC)が保有する信用情報を使用することになっています。

申込み時に申告した内容と照らし合わせて、収入の安定性や返済能力を判断し、融資可否が決まるのです。

最大限度額は、総量規制と呼ばれる法律によって決まっており、年収の1/3を超える融資は禁止されています。他の貸金業者からの借入があるからは、おのずと限度額が低くなるため、利用状況を把握した上で希望借入額を申告するようにしましょう。

なお、審査時に確認しているポイントは、消費者金融ごとで大きな違いはありません。ただし、審査時にどの項目をどのくらい重要視するのかは、各消費者金融によって異なります。

在籍確認

貸金業法上、本人に安定した継続的な収入がなければ融資を行うことができない決まりとなっています。その裏付けを取るため、必ず在籍確認を実施しているのです。

在籍確認のタイミングに関しては、公式WEBサイト上で公開されていないものの、ほとんどの消費者金融では審査の最中に行われています。

企業名ではなく、担当社の個人名で電話が架かってくるため、消費者金融から電話が架かってきた事実がバレる心配はありません。また、在籍している事実が確認できれば良いため、本人が電話に出る必要はないものです。

どうしても勤務先に電話を架けてもらいたくない場合は、SMBCモビットが提供しているWEB完結で申込みをしたり、書類での在籍確認が可能か相談をしておきましょう。

ケースバイケースではあるものの、在籍証明書や収入証明書、社員証など提出することで、電話連絡を回避できることがあります。

契約

大手消費者金融の場合、契約方法は郵送か自動契約機のいずれかとなります。当日、振込融資が可能なケースもありますが、平日の14時までに契約や振込手続きを済ませるなど、条件が設けられているケースがほとんどです。

そのため、確実に即日融資を受けたい方は、カードによる借入を希望しましょう。カードの受け取り方は消費者金融によって異なるものの、自動契約機、店頭窓口、郵送のいずれかが主流です。

即日融資の場合、おのずと自動契約機か店頭窓口での受け取りを選択することになります。

大手消費者金融の場合、設置場所によって自動契約機の営業時間は若干前後するため、事前に確認しておきましょう。基本的な営業時間は、以下の表のとおりです。

消費者金融名 営業時間
アコム 8時~22時(年中無休・年末年始除く)
※一部店舗は営業時間が異なる
プロミス 9時~22時(年中無休)
※一部店舗は営業時間が異なる
アイフル 契約ルーム:8時~22時(年中無休)
※一部店舗は営業時間が異なる

てまいらず:8時~21時45分
※一部店舗は21時まで
SMBCモビット 8時~21時(年中無休)
※設置場所によって営業時間が異なる
ノーローン 8時45分~21時(土日祝日も営業)
※第3日曜日は19時まで
一部店舗で営業時間が異なる

自動契約機の営業時間は、公式WEBサイトから確認することができます。利用を希望する自動契約機の営業時間を確認した上で、足を運ぶようにしましょう。

一方、中小消費者金融の場合、カード受取方法は店頭窓口か郵送のいずれかとなるケースが多く、即日融資に対応している業者は限定されます。

事前に公式WEBサイトを確認しておきましょう。

消費者金融の申込み方法は5種類ある

消費者金融ごとで、提供している申込み方法は異なりますが、おおよそ同じ流れとなります。基本的な申込み方法は5種類ありますので、それぞれ詳しく解説していくことにしましょう。なお、今回はプロミスの申込方法を例に挙げました。参考にしてください。

インターネット申込み

申込み手続き

24時間365日好きなタイミングで申し込みが可能です。カンタン入力とフル入力のいずれかで申込みを行います。カンタン入力の場合、入力項目が少なめに設定されている他、残りの項目は電話での聴取となるため注意しましょう。

ただし、フル入力とは異なり、一次審査に通過した方のみ本審査を受けることが可能となっているため、利用可否を事前に確認してから申込みをしたい方に適しています。

必要書類は、スキャナ、携帯電話のカメラで画像化するか、スマホアプリから送信することが可能です。

↓
審査

審査結果は、メールまたは電話で報告されます。事前に選択することができるため、申込み時に申告をしておきましょう。メールを選択した場合、ネット上で契約可能な限度額を確認することができます。

なお、審査時間は最短30分です。審査の状況によって、長引く可能性があるため早めに申込みをしましょう。

↓
契約

WEB契約、来店契約のいずれかを選択することができます。

WEB契約の場合

ATM返済、口座振替返済のいずれかを選択します。WEB完結による申込みを希望する場合は、必ず口座振替返済を選択してください。また、口座振替返済は、本人確認済みの金融機関の登録が必要です。

1.ATM返済を希望した場合

契約書類、カードが自宅宛てに郵送(簡易書留)されます。差出人名は『事務センター』となっているため、周囲にバレる心配はありません。

2.口座振替返済の場合

カード郵送希望の有無を選択することができます。

・カード郵送希望なし
カード郵送希望なしを選択した場合、そのまま契約手続きをWEB上で行い手続きは終了です。

・カード郵送希望
自宅宛てにカードが郵送(簡易書留)されます。

来店契約の場合

来店にてカードを受け取る場合は、カード郵送なしを選択し、契約手続きを完了してください。

電話申込み

申込み

申込み専用窓口へ電話を架けます。その際、審査時に必要となる項目を口頭で申告してください。

↓
審査

聴取した内容を基に、審査を行います。審査時間は30分から1時間程度掛るようです。審査の結果のお知らせ方法に関しては、公式WEBサイト上で案内がありませんでした。

なお、審査に通過した場合、契約可能額を教えてもらうことができます。

↓
契約

来店契約、郵送契約のいずれかを選択することができます。

来店契約の場合

必要書類を持参し、自動契約機もしくは店頭窓口へ来店します。契約書類を作成し、カード受取後、契約完了です。

郵送契約の場合

自宅宛てに契約書類とカードが郵送(簡易書留)されます。差出人は『事務センター』です。契約書類に必要事項を記入し、必要書類のコピーと併せて返送してください。借入は、プロミスが書類を受領したタイミングからとなります。

自動契約機での申込み

申込み

必要書類を持参した上で、自動契約機へ来店します。

↓
審査

申込み内容を基に審査を行い、結果は契約可能額と併せてその場で報告されます。審査時間に関しては、公式WEBサイト上で案内されていないものの、すべての手続きは最短30分から40分ほどで完了するとのことです。

↓
契約

契約手続き後、その場でカード発行となります。

店頭での申し込み

手続きの流れは、自動契約機とほぼ同じです。違いは以下の2点となります。

・審査時に必要となる項目は口頭で担当者へ伝えることになる
・担当者と相談をしながら申込み手続きが可能

郵送申込み

申込み

プロミスの公式サイト、もしくは電話窓口から申込書を取り寄せます。店頭窓口から申込書を入手することも可能です。申込書に必要事項を記入し、必要書類のコピーと一緒に郵送します。

↓
審査

書類内容を基に審査を行い、指定した連絡先宛てに審査結果の連絡が入ります。

↓
契約

プロミスより、契約書類・カードが自宅宛てに郵送(簡易書留)されます。差出人は『事務センター』です。

申込時に気をつけたい3つの注意点

申込み時に気をつけたい注意点は、主に以下の3つとなります。要点をまとめましたので、参考にしてください。

1.必要書類を事前に用意しておく

先述したとおり、消費者金融へ申込みをする際は、必ず本人確認書類が必要となります。運転免許証かパスポートを持っている方は、いずれかを提出すれば問題ありません。

どちらも持っていない方は、必要書類の内容が消費者金融ごとで異なるため、事前に公式WEBサイトを確認して書類を揃えておきましょう。

2.申込み時間帯に気を付ける

ネット申込みを導入している消費者金融が増えていることから、おおよそ好きなタイミングで申込みをすることが可能です。

ただし、振込みによる即日融資を希望している場合、申込みの時間帯によって翌日対応となることがあります。

たとえば、プロミスとノーローン2社の対応状況は以下の表のとおりです。

消費者金融名 受付時間 振込実施のタイミング
プロミス ・平日14:00までに契約内容を確認する
※土日祝日の振込融資は、三井住友銀行限定。
なお、口座振替による返済口座に指定する必要あり。

◆通常の振込キャッシング
平日:0時~9時 / 9時~14時50分

◆三井住友銀行・ジャパンネット銀行
平日土日祝日:24時間
◆通常の振込キャッシング
平日:0時~9時:当日9時30分頃
9時~14時50分:受付完了から10秒前後

◆三井住友銀行・ジャパンネット銀行
受付完了から10秒前後
ノーローン 土日祝日の振込融資は非対応
◆通常の振込融資
平日12時30分までに審査完了

◆楽天銀行限定
平日17時までに審査完了
当日中
※楽天銀行口座を利用する場合、平日17時までに審査を完了すると、土日祝日でも当日中に振込可能

上記の表のとおり、平日・土日祝日にかかわらず条件があることが分かります。これは、プロミスやノーローンだけのお話ではなく、その他の消費者金融でも同様です。

ただし、振込融資にこだわらないのであれば、自動契約機にてカードを受け取ることで即日融資が可能となります。先述したとおり、大手消費者金融の自動契約機は、21時もしくは22時頃まで営業しているケースがほとんどだからです。

とはいえ、審査の内容や在籍確認の状況によって翌日に持ち越されることがあるため、必ずしも即日融資が可能となるとは限りません。自動契約機の営業時間を確認した上で、ギリギリに来店することのないよう注意しましょう。

一方、中小消費者金融の場合、そもそも即日融資に対応していないか、振込融資限定となるなど、より条件が厳しくなるケースが目立ちます。可能な限り、平日の午前中に申込みを行うようにしましょう。

3.勤続年数は長い方が審査で有利

大手、中小消費者金融問わず、安定した収入があれば申込みをすることが可能です。ただし、継続的に安定した収入がなければ、返済能力が低いと判断され審査に通過することが困難となるケースがあります。そこで重要となるのが勤続年数です。

勤続年数が長いと、審査時に『安定した収入が継続的に入ってくる可能性が高く、返済能力が高い』と判断される傾向にあります。

つまり、働き始めたばかりの方は、審査の際にどうしても不利となってしまうのです。審査基準が緩い消費者金融だと、半年程度の勤続年数で審査に通過することもありますが、一般的には1年以上を目安としています。

審査に通過する確率を高めたい場合は、勤続年数が1年を経過してから申込みをした方が賢明です。

最短1時間でお金を借りるにはどうしたらいい?

最短1時間でお金を借りることができるかどうかは、申込みをする消費者金融のサービス形態や、審査状況によって異なります。

大手消費者金融の場合、審査時間が最短30分と短いことから、1時間前後で借入できるケースもありますが、必ず実現できるとは限りません。

その点を踏まえた上で、大手消費者金融5社が案内していた手続き時間を短縮するための方法を表にまとめました。まずはこちらをご覧ください。

消費者金融名 手続き時間を短縮するための方法
アコム インターネット、もしくは電話で申し込む。
審査結果を確認してから自動契約機か店頭窓口にて契約手続きを行う。
プロミス WEB上で詳しく案内されていない。
ただし、自動契約機での手続き時間は30分から40分程度とのこと。
ネットもしくは電話にて事前に申し込みをしておくと、来店時の手続き時間を短縮することが可能。
アイフル ネット申込み後、フリーダイヤルへ連絡をすると審査時間が短くなる。
SMBCモビット ネット申込み後、フリーコールへ連絡をすると、すぐに審査開始となる。
ノーローン <来店可能な場合>
インターネット、もしくは電話で申込む。
審査結果を確認してから自動契約機で契約手続きを行う。

<来店不可の場合>
インターネット、もしくは電話で申し込む。
ネット申込みの場合は、即日振込サービスを利用。
電話申込みの場合は、専用窓口へ連絡し即日振込み希望であることを伝える。
※楽天銀行以外だと平日12時30分まで、楽天銀行だと平日17時までに審査完了が必須。

上記で案内されていた方法を活用すると、最短1時間で借入することも夢ではありません。なお、図の情報を参考とした上で、抑えておきたいポイントを以下にまとめました。参考にしてください。

1.ネットか電話から申込みをする

アイフルとSMBCモビットは、ネット申込み後に指定された専用窓口へ連絡をすることで、審査時間を短縮することができます。その他の3社に関しても、ネットか電話による申込みが最も早いとされていました。

2.申込み内容に不備がないようにする

申込み時に申告する内容に、不備がないように注意しましょう。申告漏れや虚偽の申告は、手続き時間を延ばしてしまう原因となります。

3.必要書類を用意しておく

運転免許証やパスポート以外の本人確認書類を提出する場合、必ず申込み先の公式WEBサイト上を確認し、必要書類をチェックしておきましょう。

発行日から3カ月以内など、有効となる期限が決まっていることがあるため、その点も併せて確認しておきたいものです。

また、他社から借入がある方は、収入証明書が必要となる可能性が考えられます。判断に迷った際は、事前に問い合わせをして申込み時までに書類を用意しておきましょう。

4.確実に即日融資したいならカード発行がベスト

平日の午前中に審査完了となれば、振込による即日融資が可能となることがあります。しかし、どうしても即日融資を受ける必要がある方は、当日中にカードを発行し、ATMによる借入をした方が確実です。

5.審査対応時間を確認しておく

ほとんどの消費者金融では、土日祝日も審査を行っています。最短1時間で借入したいのであれば、審査対応時間をチェックしておきましょう。大手消費者金融の審査対応時間は、以下の表のとおりとなります。

消費者金融名 審査対応時間
アコム 9時から21時まで
プロミス 9時から21時まで
アイフル 9時から21時まで
SMBCモビット 9時から21時まで
ノーローン 9時から20時30分まで(年末年始除く)
ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る