なぜ消費者金融で借りるの?利用する人の理由や特徴・利用者数を調べてみた

消費者金融は、気軽にお金を借りることができるイメージがあります。とはいえ、なぜ消費者金融からお金を借りる人は絶えないのでしょうか。

今回は、消費者金融の利用者について取り上げながら、利用者の特徴、消費者金融大手4社の利用者数、一人当たりの借入残高など、詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

なぜ消費者金融でお金を借りるのか?

消費者金融以外にも、融資を行っている金融機関は存在します。それにもかかわらず、なぜ消費者金融から借りる人が存在するのでしょうか。

ここでは、2つのデータを参考にしながら、消費者金融からお金を借りる理由について解説していきます。

まずは、以下の図をご覧ください。『カードローンやキャッシングの借入先をどのような理由から選んだのか』をまとめた資料です。2007年の調査結果ですが、参考にしてください。

借入先として選択した理由(複数回答) 割合
借入手数料・金利が低かった
19%
借入審査手続きが簡単
28%
駅前や商店街に店舗や自動契約機があった
35%
借入可能な金額が多かった
12%
借入時の審査スピードが早かった
22%
24時間365日借入可能だった
19%
24時間365日返済可能だった
18%
周囲にバレずに借入できた
22%
経営内容が健全で知名度があった
7%
ネットサービスが充実していた
20%
自宅近所に店舗や自動契約機があった
16%
手数料割引・金利優遇等のキャンペーンがあった
5%
借入先の営業担当者の人柄や勤務態度の印象が良かった
1%
消費者ローン以外の金融商品やサービスを利用していた
2%
テレビCMや新聞、雑誌の広告を見た
19%
友人・知人が利用している借入先だった
7%
借入時の相殺する機能が充実していた
1%
消費者ローン商品のラインアップが豊富で選択肢が多かった
4%
他の金融機関やローン会社から紹介された
4%
携帯電話からのサービスが充実していた
2%
どれにも当てはまらない
5%

株式会社NTTデータ経営研究所:
『2007年度 消費者ローン利用者・利用経験者の借入に関する意識調査』より引用

上記の表からトップ5をピックアップし、以下に並べてみます。

駅前や商店街に店舗や自動契約機があった
借入審査手続きが簡単
借入時の審査スピードが早かった
周囲にバレずに借入できた
ネットサービスが充実していた
借入手数料・金利が低かった
テレビCMや新聞、雑誌の広告を見た

3位と5位は同列があったため、それぞれピックアップしています。『知名度がある』、『利便性が高い』、『周囲にバレることなく容易に借入ができる』ことから、消費者金融を選択した様子が伺えます。

次に、もう1つデータをご覧ください。こちらは、日本貸金業協会が発表した『新たな借入先として検討した理由』についてまとめたものです。

大手消費者金融 中小消費者金融
金利が低かった
45.1%
35.3%
借入手続きが簡単だった
51.1%
70.6%
審査が早かった
51.1%
61.8%
担保・保証人が不要だった
27.7%
44.1%
パソコンやスマホ等、ネットで申込み可能だった
22.3%
23.5%
店舗やATMが自宅や勤務先近辺にあった
15.8%
26.5%
周囲に気づかれずに借入ができる
16.8%
26.5%
知名度や安心感があるから
9.8%
11.8%
テレビCM等の印象が良かった
13.6%
17.6%
銀行等の預金取り扱い金融機関で借入不可だった
9.2%
14.7%
その他
1.6%
2.9%

日本貸金業協会:
『平成28年度 資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査』より引用

先ほどと同様、上記の表からトップ5をピックアップし、以下に並べてみます。

大手消費者金融

借入手続きが簡単だった
審査が早かった
金利が低かった
担保・保証人が不要だった
パソコンやスマホ等、ネットで申込み可能だった
周囲に気付かれずに借入ができる

中小消費者金融

借入手続きが簡単だった
審査が早かった
担保・保証人が不要だった
金利が低かった
店舗やATMが自宅や勤務先近辺にあった
周囲に気付かれずに借入ができる

大手消費者金融の場合、『利便性が高い』、『周囲にバレることなく容易に借入ができる』ことから利用した様子が伺えます。一方、中小消費者金融の場合は、どちらかというと早くお金を借りたい人が借入先として選択しているといえそうです。

以上の結果から、2007年から2016年までの間で、消費者金融を借入先として選択した方の利用動機はほぼ変わっていません。消費者金融であれば、簡単な手続きですぐにお金を借りることができるため、借入先として選択していることが分かります。

消費者金融を利用している人の特徴とは?

この項では、消費者金融の利用者像について解説していきます。今回は、性別、年齢、年収、職業別で比較していくことにしましょう。

それぞれの図について解説しましたので、参考にしてください。

男女・年齢別一覧

日本貸金業協会:
『平成28年度 資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査』より引用

全体を通して女性の利用者は少ない傾向にあるものの、29歳まではやや女性の割合が多くなっています。最も多かった年代は、男性が50歳から59歳まで。女性が40歳から49歳まででした。

以上のことから、男女・年齢別でみると男女合わせて40歳から59歳までが消費者金融のメイン顧客であるといえそうです。

年収別一覧

日本貸金業協会:
『平成28年度 資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査』より引用

次に年収別ですが、最も多かったのは年収300万円以上400万円未満でした。次いで、年収500万円以上1,000万円未満、僅差で年収200万円以上300万円未満であることが分かります。

より詳しく比較するために、日本人の年代別平均年収もリサーチしてみました。

年代 平均年収
全体 男性 女性
20代
354万円
374万円
324万円
30代
467万円
501万円
390万円
40代
564万円
616万円
425万円
50代
701万円
744万円
461万円

求人情報・転職サイトDODA(デューダ)より引用

厚生労働省関連の資料によると、低所得者の基準は『住民税世帯非課税』となっており世帯によって異なります。

一般的には年収300万円以下、手取り200万円から250万円程度を低所得と考えて間違いないようです。

つまり、消費者金融利用者を利用する方多くは、年代相応の年収を貰っているケースが多く、収入の範囲内で生活することが困難な様子が伺えます。

職業別一覧

日本貸金業協会:
『平成28年度 資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査』より引用

最後に職業別ですが、収入が安定しているといわれる正社員、公務員・非営利団体職員、教員、意思、弁護士を合わせると65%を上回ることが分かります。

契約社員、派遣社員の項目が途切れているため補足すると、残りの分は嘱託社員、パート・アルバイトです。

つまり、消費者金融から借りてる人の多くは、収入が安定した職業に就いている方が多いといえます。以上、消費者金融から借りる人の特徴をまとめると、以下の3つのことがいえそうです。

40歳から59歳までの働き盛りの男性
年収は300万円から400万円未満。
もしくは年収500万円から1,000万円未満
正社員などの安定した職業に就いているケースが目立つ

消費者金融の利用者ってどのくらい?

消費者金融の利用者は、おおよそどのくらいの人数となるのでしょうか。まずは、多くの消費者金融が加盟している、個人信用情報機関JICCが公開したデータを基に詳しく解説していきます。

まずは以下の図をご覧ください。こちらは、貸金業者が登録する無担保無保証貸付を対象とした統計です。『借入残高がある方を対象とした借入件数ごとの登録状況』をまとめたものとなります。

2017年4月現在、最新情報が2017年2月までであるため、2月の情報のみピックアップしました。なお、一人当たりの残高あり件数は1.5件となっています。

登録人数 登録件数
1件
700万人
700万件
2件
227万人
455万件
3件
81万人
244万件
4件
25万人
100万件
5件以上
9万人
48万件

株式会社日本信用情報機構(JICC)公式WEBサイトより引用
2017年4月現在

上記の数値は消費者金融以外の貸金業者も含まれるため、正確な数値ではありません。とはいえ、無担保無保証人型の金融商品を利用している方は、1,042万人存在することが分かります。

続いて日本貸金業協会が発表した、平成27年3月末時点の無担保貸付件数もご紹介することにしましょう。消費者向無担保貸金業者のうち、大手6社の合計は3,887,934件。大手以外438社の合計は974,715件でした。

1人が複数の消費者金融から借入しているケースも含まれるため、実際の消費者金融利用者数は定かではありません。

とはいえ、貸付件数は約486万件にも上ります。以上のことから、1,042万人の約半数弱の方が消費者金融を利用しているといえそうです。

消費者金融大手4社の利用者数とは

この項では、アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットの貸付残高と会員数について解説します。

まずは、以下の表をご覧ください。

消費者金融名 貸付残高 会員数
アコム
7,745億円
143万人
プロミス
7,441億円
129万人
アイフル
2,984億円
70万人
SMBCモビット
2,101億円
36万人

上記のデータは、以下の資料から引用しています。

アコム2017年2月マンスリーレポート、プロミス2017年2月SMBCコンシューマーファイナンス月次データ、アイフル2017年2月アイフル月次データ、SMBCモビットSMBCコンシューマーファイナンス2017年3月期 第3四半期決算資料。

ここで今一度注目したいのは、前項でご紹介した消費者金融の貸付件数です。約486万件でしたが、上位の表によると会員数合計は約378万人でした。

つまり、ほとんどの方は大手消費者金融を利用していることが分かります。また、SMBCモビットは最も会員数が少なかったものの、貸付残高はアイフルとそれほど変わりません。

そのため、1人あたりの貸付残高が、アイフルよりも高い可能性が考えられます。では次の項で、一人当たりの借入残高について、詳しくみていくことにしましょう。

一人あたりどのくらい借りているの?

日本貸金業協会が発表した、1件当たりの平均貸付残高は、大手消費者金融が53万7,000円。中小消費者金融が35万5,000円でした。

これだけでは分かりづらいため、前項と同様、大手消費者金融4社の平均貸付残高もご紹介することにしましょう。

消費者金融名 1件あたりの平均貸付残高
アコム
54万円
プロミス
57万円
アイフル
不明
SMBCモビット
59万円

上記のデータは次の資料から引用しました。アコムデータブック2017年3月四半期、プロミス・SMBCモビットSMBCコンシューマーファイナンス2017年3月期 第3四半期決算資料。

残念ながら、アイフルに関しては該当するデータが見当たりませんでした。そのため、上記の表に記載していません。

先ほどご紹介した日本貸金業協会のデータによると、大手消費者金融利用者の平均貸付残高は53万7,000円です。

そのため、各社とも若干平均を上回っているものの、ほぼ平均並みの貸付残高だといえます。また、最も貸付残高が多かったのは、SMBCモビットでした。

つまり、段階的により多くの融資を受けたい場合は、SMBCモビットを利用すると融資を受けやすい可能性があります。

【関連】カードローンで10万円借りたい!気になる金利・利息・最低返済額を徹底調査!

消費者金融で借りるのはどんな人なの?

消費者金融でお金を借りる人は、どのような人なのでしょうか。2012年の調査結果ですが、参考となるため以下でご紹介します。

株式会社NTTデータ経営研究所が発表した、『消費者金融利用者の人物像調査』です。

調査の結果、借入のスタイルによって、5つのタイプに分類されることが分かりました。要点を以下にまとめましたので、参考にしてください。

なお、回答者は1,500名(男性:776名、女性724名)、うち大手消費者金融利用者は1,352名、中小消費者金融利用者は311名です。

借入スタイル 該当者数 割合
生活維持借入タイプ
547名
36.5%
一時借入タイプ
296名
19.7%
趣味・娯楽タイプ
237名
15.8%
多重借入タイプ
327名
21.8%
少額借入タイプ
93名
6.2%

株式会社NTTデータ経営研究所:
『2012年度 消費者金融利用者の人物像調査』より引用

生活維持借入タイプの特徴

収入が減少したことがきっかけで消費者金融を利用し始めた
生活維持のために複数社から借入しているものの返済に遅れたことはない
30代の既婚女性が多く、家族構成は夫と子供の3人
収入は不安定
あまり貯金をしていない
持ち家比率が高い

一時借入タイプの特徴

買い物やレジャーの為に1社から多額のお金を一時的に借りている
30代から40代の既婚女性がメインで、家族構成は夫と子供の3人
収入は安定している
貯蓄比率が高い
持ち家比率が高い

趣味・娯楽タイプの特徴

趣味や遊興費のために、複数の借入先から多額のお金を借り入れているが滞納はない
40代既婚男性に多く、共働きの妻と子供の3人家族
社会的なステータスが高い
収入は安定している
貯蓄比率が高い
持ち家比率が高い

多重借入タイプの特徴

借金の返済のために借金を重ねている
5社以上から高額融資を受けている
1カ月以上滞納したことがある
返済計画を立てていない
40代男性に多く未婚であるケースが目立つ
収入は安定しているが低い
貯蓄比率や持ち家比率が低い

少額借入タイプの特徴

お小遣いの不足分を補うために1社から少額借入をしている
返済に遅れたことはない
20代から30代の既婚男性に多く、専業主婦の妻と子供の3人家族
収入は安定していて高い
貯蓄比率や持ち家比率も高い

消費者金融で借りたお金は何に使ってる?

一番最初の項では、『消費者金融からなぜ借りるのか』について詳しく解説しました。

ここでは、借りたお金を何に使っているのか、参考データを基に詳しくみていくことにします。

まずは以下の表をご覧ください。日本貸金業協会が発表した『資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査結果』から引用しました。

借入金使途(※複数回答) 借入残高ありの比率 借入残高なしの比率
趣味や娯楽(レジャー、旅行含む)費用
48.40%
46.40%
食費
24.30%
18.40%
納税・納付などの支払い
13.40%
10.60%
家賃
12.30%
12.30%
衣料費
13.90%
6.70%
授業料、保育料、給食費などの学校関連
13.00%
7.80%
光熱費
12.80%
7.30%
自動車ローン返済
11.30%
7.80%
ギャンブル
9.70%
11.20%
医療費
11.10%
6.10%
住宅ローン返済
9.70%
8.40%
電話料金、ネット料金などの通信費
9.70%
5.60%
冠婚葬祭費用
6.80%
6.10%
学校教材などの教育関連費
5.90%
1.10%
資格試験、受験勉強のための受講料
3.30%
2.20%
資格試験、学校を含む受験費用
2.80%
1.10%
その他
8.20%
15.60%

日本貸金業協会:
『平成27年度 資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査』より引用

今回はすでに借入残高がある場合と、借入残高がない場合を比較しました。両者とも、数値にほぼ違いは見られないことが分かります。

また、食費、納税・納付などの支払い、家賃、学校関連費、光熱費、自動車ローン返済、住宅ローン返済、電話料金・ネット料金等の通信費といった、固定費の支払いのために借入したケースを合計したところ、以下の通りとなりました。

借入残高ありの場合が106.5%。借入残高なしの場合が78.2%です。つまるところ、趣味や娯楽費用のために借入をしているケースよりも、不足した生活費を補うために消費者金融を利用しているケースが多いのです。

必ず毎月掛ってくる固定費にあたる項目ばかりであるため、早めに対策を講じないと返済が難しくなる可能性が考えられます。

ちなみに、複数の消費者金融から借入をしている一部の方は、別の消費者金融へ返済するために借入をしているといった情報も存在しました。

生活費の中でも固定費にあたる費用は、必ず毎月支払わなければならないものです。消費者金融から借入したお金で支払ってしまうと、あっという間に多重債務へ陥ってしまいます。

消費者金融は大変便利なサービスですが、事前に返済計画を立てた上で賢く利用したいものです。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る