他社借入件数が2社~3社あっても、消費者金融の審査に通る?

一般的に、消費者金融の審査は緩いといわれています。とはいえ、他社からの借入が2件から3件ある場合でも、審査に通るものなのでしょうか。

そこで今回は、借入件数が審査に与える影響について取り上げながら、何件までなら審査に通過するのか、借入額がいくらまでなら審査に通過するのか、申込み時に他社借入件数で嘘をつくとバレるのかなど、詳しく解説します。

他社からの借入が2~3社でも消費者金融の審査は通る?

すでに2~3社から借入がある場合、消費者金融で借入することはできるのでしょうか。結論からいいますと、各消費者金融の審査基準によって異なるため、『何件までなら審査に通る』と言い切ることはできません。

参考までに、以下の図をご覧ください。JCBカードローンFAITHが公式WEBサイトで案内していた内容を引用したものです。JCBカードローンFAITHは信販系カードローンであるため、消費者金融系のサービス内容とはやや異なります。

しかし、消費者金融も信販系カードローンも貸金業にあたるため、審査に対する基本的な考え方はそれほど違いません。

Q.FAITHは何社までの借り入れなら審査に通りますか?
他社のカードローンやキャッシングサービスをご利用中のお客様でも、カードローン「FAITH」にお申し込みが可能です。
審査では、他社からのお借り入れ状況に限らず総合的に審査します。
そのため、何社までなら契約が可能かについては、明確にお答えすることはできません。
ただし、他社借入額の合計と、カードローン「FAITH」に新規に申し込みされるご利用可能枠の合計が、年収の3分の1までであることが入会の条件となります。
カードローン「FAITH」では、お申し込み前の簡易審査シミュレーションをお願いしています。
現在、他社のご契約があるお客様については、お申し込み前に必ずシミュレーションをご利用ください。

JCBカードローンFAITH公式WEBサイトより引用

上記のとおり、他社からの借入件数だけではなく、総合的に審査を行っているとのことでした。

また、他社からの借入がある方は、事前に簡易シミュレーションを活用し、おおよその利用可否を確認しておくよう案内されています。

つまるところ、消費者金融を利用する際も同様で、他社からの借入件数だけではなく、申込み内容や他社からの借入状況、個人信用情報など、様々な要素を踏まえた上で利用可否が決定されるといえそうです。

他社での借入状況は審査にどのくらい影響するの?

他社での借入状況は、審査に様々な影響を与えます。他社での借入状況が、どのような形で影響を与えるのか具体的にまとめました。参考にしてください。

1.総量規制による年収制限

消費者金融の場合、貸金業法による総量規制を遵守しなければなりません。総量規制とは、年収の1/3を超える借入を禁止する法律です。

多重債務者抑制のために定められた法律で、貸金業者は遵守する必要があります。

ここでいう貸金業者とは、貸金業登録をしている業者のことを指しており、信販系カードローンやクレジットカードのキャッシングも対象です。

一方、銀行カードローン、住宅ローン、マイカーローン、クレジットカードのショッピングなどは対象となりません。

たとえば年収300万円だったとしましょう。その上で、すでに他社から50万円借入があった場合、残り50万円の範囲内で新たな融資を受けることになります。

以上のことから、消費者金融へ申込む際に他社借入があると、融資可能な金額が限定されてしまうという意味で『他社での借入状況は審査に影響する』といえるのです。

2.返済能力を厳しくチェックされる

消費者金融へ申込む際に他社借入が複数件あると、月の返済金額が高額になります。

また、それぞれ金利や利息額に違いがあるため、他社からの借入が全くない人と比較すると、審査の際に返済能力を厳しくチェックされる傾向にあるのです。

そのため、他社の借入状況、すなわち返済金額によって融資可否が決まることがあります。

3.多重債務に陥る危険性はないかチェックされる

消費者金融に限らずあらゆる金融機関は、他社借入がある申込者に対して、多重債務に陥る危険性はないか厳しく審査をすることになります。

参考までに、以下の2つの表をご覧ください。

多重債務相談者の借入先数と平均債務額

※同じ会社から複数の借入がある場合は1社としてカウント

実施時間 平成24年9月 平成25年3月 平成25年9月 平成26年3月 平成26年9月 平成27年3月 平成27年9月 平成28年3月 平成28年9月
平均件数
3.8
3.7
3.8
3.3
4.5
4.4
4.3
4.2
4.5
平均債務額
(万円)
645
481
873
1,140
970
832
1,166
473
690

2016年11月08日 東京都消費生活総合センターで受け付けた相談の概要より引用

5件以上無担保無保証借入の残高がある人数及び貸金業利用者の一人当たり残高金額

平成19年
3月末
平成20年
3月末
平成21年
3月末
平成22年
3月末
平成23年
3月末
平成24年
3月末
平成25年
3月末
平成26年
3月末
平成27年
3月末
5件以上無担保
無保証借入の残高がある人数(万人)
171
118
73
84
70
44
29
17
16
3件以上無担保
無保証借入の残高がある人数(万人)
443
378
319
374
331
257
211
159
151
1人当たり残高
金額(万円)
116.9
106.6
95.7
79.7
67.1
59
54.8
52.6
52.4

株)日本信用情報機構より引用
※平成21年3月末までは全国信用情報センター連合会(現(株)日本信用情報機構)の情報。

平成22年3月末以降は(株)日本信用情報機構の情報、並びに同社と合併した(株)テラネット及び(株)シーシービーの情報に基づくもの

『多重債務相談者の借入先数と平均債務額』に関しては、消費者金融などの貸金業者だけではなく、住宅ローンなどの債務も含まれるため、平均債務額が高くなっています。

そのため、『5件以上無担保無保証借入の残高がある人数及び貸金業利用者の一人当たり残高金額』の残高金額を参考にした方が現実的です。

上記の図に類似する借入状況に陥っている場合、多重債務に陥る危険性が考えられるため、審査の際に大きな影響を与えることは言うまでもありません。

審査で聞かれる他社借入件数にクレジットカードは含まれるの?

審査で聞かれる他社借入件数に含まれるのは、クレジットカードのキャッシングのみです。ショッピングは含まれません。

たとえば、大手消費者金融であるプロミスの申込みページでは、以下のように案内されていました。

『クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどはお借入に含まれません』

念の為、アイフルの申込みページも確認したところ、以下のとおり案内がありました。

『クレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除くキャッシングローンのお借入状況を入力してください』

なぜ、クレジットカードのキャッシングのみ該当するのかというと、適用される法律が異なるからです。

クレジットカードで現金を借りる際、クレジットカード会社は貸金業者としてお金を貸しています。つまり、貸金業法に基づいて融資を行っているのです。

一方、クレジットカードでサービスや商品を購入する場合、割賦販売法と呼ばれる法律が適用されます。そのため、消費者金融の借入件数に含まれるのは、クレジットカードのキャッシングの部分のみとなるのです。

審査に影響を与えない他社借入件数は何件まで?

先述したとおり、審査に影響を与えない他社借入件数は、各消費者金融で異なります。

とはいえ、目安となる件数があれば、事前に把握しておきたいものです。まずは前項でご紹介した表を、今一度ご覧ください。

多重債務相談者の借入先数と平均債務額

※同じ会社から複数の借入がある場合は1社としてカウント

実施時間 平成24年9月 平成25年3月 平成25年9月 平成26年3月 平成26年9月 平成27年3月 平成27年9月 平成28年3月 平成28年9月
平均件数
3.8
3.7
3.8
3.3
4.5
4.4
4.3
4.2
4.5
平均債務額
(万円)
645
481
873
1,140
970
832
1,166
473
690

上記の表から多重債務相談者の借入件数は、平均3件から4件前後であることが分かります。これらの情報は、消費者金融をはじめとした様々な金融機関で把握している情報です。

そのため、申込み時点で3件から4件の借入があると、多重債務に陥る可能性があるとして審査に通過することが極めて難しくなります。

以上のことから、目安としては2件に留めておいた方が無難だといえそうです。

ただし、借入総額が多く総量規制に抵触する可能性が高い場合は、借入件数にかかわらず審査に通過することはありません。

借入額がいくらまでなら消費者金融の審査に通過する?

個々の審査状況によって異なるため、借入金額を明確に示すことは困難です。ただし、以下の2点を抑えておくことをお勧めします。

1.借入総額を年収の1/3に抑える

消費者金融の審査では、他社借入の総額を重視する傾向にあります。なぜなら、総量規制を遵守しているからです。

大手消費者金融であるアコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットが提供している借入診断ツールを確認すると分かりますが、入力するのは借入総額となっており、件数は入力しません。

このことからも、審査に通過することに重点を置くのであれば、借入額を少額に留めておくことが賢明です。

2.初回は少額融資に留めておく

あくまでも一般的な傾向となりますが、消費者金融にかかわらずカードローンサービスは少額融資の方が審査に通過しやすいといわれています。なぜなら、カードローンの場合、個人の信用を担保としているからです。

消費者金融では、万が一貸し倒れがあった際、融資を行った企業側が直接ダメージを受けることになります。

そのリスクヘッジを図るために、金利を高く設定するほか、初回は少額融資に留めておいて、様子を見ながら限度額を増やしているのです。

また、アコムが公開しているデータブック2017年3月期第3四半期決算によると、2017年4月現在公開されていた初回貸付単価は、2016年12月で149,000円でした。その他の月に関しても、おおよそ13万円台から14万円台となっています。

つまり、初回から高額融資はほぼ行っていないのです。他の消費者金融のデータは見当たらなかったため、今回ご紹介することはできませんでしたが、他社でも大体同じくらいの金額であることが予想されます。

以上のことから、借入総額を年収の1/3以下に抑え、尚且つ14万円前後の少額融資に留めることで、消費者金融の審査に通過する可能性が高まるといえそうです。

他社の借入があっても審査に通過するには?

消費者金融へ申込む際、他社借入があっても審査に通過するためには、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。5つのポイントを以下にまとめましたので、参考にしてください。

1.他社での借入件数は2件程度に留めておく

これまで解説してきたとおり、他社からの借入件数は2件程度に留めておくようにしましょう。

消費者金融の場合、他社借入に銀行のカードローン等は含まれませんが、借入総額が高額になると返済能力を厳しくチェックされる可能性があります。

つまり、借入件数だけに限らず、総量規制に含まれない借入の総額もできるだけ抑えた方が無難なのです。

2.他社の返済で延滞せず実績を作っておく

他社の返済で延滞した場合、個人信用情報機関へ記録が登録されてしまいます。個人信用情報機関とは、正規の貸金業者が必ず加入している団体のことです。JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターの3箇所となっています。

一度登録されてしまうと、最長5年間記録が残るため、消費者金融に限らず金融機関から融資を受けることが困難となるのです。そのため、滞りなく返済を行うようにしましょう。

借り入れや返済の実績が良好な場合、審査に通過しやすくなる傾向にあります。

ただし、限度額いっぱいまで借入をしていたり、借り入れや返済を繰り返して完済がままならない状況が続いていると、審査に通過しづらくなるため注意しましょう。

3.総量規制を遵守し少額融資を希望する

他社の借入があったとしても、総量規制の限度額より借入総額を少なめに抑えておき、14万前後の少額融資を希望することで、審査に通過する可能性を高めることができます。

4.利用していないキャッシングは解約する

消費者金融の他社借入に、クレジットカードのキャッシングが含まれている場合、利用していないキャッシング枠があれば解約をしておきましょう。

なぜなら、実際に利用していなかったとしても、MAXでキャッシングしている場合を想定して審査が行われるケースがあるからです。クレジットカードのキャッシング枠を外す方法は、各クレジットカード会社によって異なります。

消費者金融へ申込みを行う前に、クレジットカードの利用状況を確認しておきましょう。

5.審査通過率が高い金融機関を狙う

中小規模の消費者金融では、審査通過率を公開していないケースがほとんどです。しかし、アコム、プロミス、アイフルでは、毎月審査通過率を公開しています。

アコムマンスリーレポート、SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標、アイフル月次データ2017年2月の結果は以下の通りでした。

アコム:46.6 %
プロミス:42.5%
アイフル:41.8%

毎月若干変動しますが、上記3社は年間を通して40%を切ることがありません。公式WEBサイト上から確認できますので、審査通過率が高い時期を狙って申込みをしてみてはいかがでしょうか。

申込みのときに他社借入件数で嘘をつくとバレる?

消費者金融へ申込む際、他社借入で嘘をつくとバレてしまうものなのでしょうか。結論からいいますと、どんなに誤魔化したとしても、消費者金融に他社借入はばれる仕組みとなっています。

なぜなら、審査の際に個人信用情報をチェックするため、それらの情報からすべて分かってしまうからです。消費者金融を含めた貸金業者は、申込みデータ、借入残高のデータなどを『指定信用情報機関』へ報告しています。

先述しましたが、指定信用情報機関とは、JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターの3箇所です。どの信用情報機関へ加入しているかは、消費者金融の企業ごとで異なります。

たとえばアコムの場合、JICCとCICへ加盟しており、その事実は公式WEBサイトで公開されています。

審査を行う際、貸金業者はこれらの個人信用情報機関へ申込者の情報を照会し、借入件数だけではなく、借入残高や延滞記録の有無などをチェックしているのです。そのため、嘘をついたり誤魔化したとしても、すべてバレてしまいます。

自らの借入状況を正確に申告できない場合、虚偽の申告をしたと捉えられるだけではなく、金銭管理ができていないとして審査に通過することはありません。以上のことから、借入件数は正確に申告するようにしましょう。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る