楽天銀行スーパーローンの金利や評判を辛口評価



お申込みはこちら

ネット専業バンクとしてもっとも知られている楽天銀行のカードローンは、銀行が提供するカードローンとなるため、総量規制対象外となります。楽天銀行スーパーローンは、原則300万円以下のカードローン申し込みについては、収入証明は不要です。
また、最近では、専業主婦からの申し込みにも対応するようになりました。楽天と言えば、楽天ポイント絡みのキャンペーンが有名ですが、スーパーローンに関しては、入会で1000ポイント(1000円分)の楽天スーパーポイントが進呈されます。
金利は低金利に分類される1.9%~14.5%で、借入限度額は最大800万円になります。

金利(実質年率 最低~最高) 借入限度額 審査時間
1.9%~14.5% 800万円 最短即日
担保・保証人 来店 無利息期間
不要 不要
即日融資 返済方式 総量規制対象外
最短即日 残高スライドリボルビング返済方式

楽天銀行スーパーローンのポイント

・銀行のカードローンのため総量規制対象外。そのため年収の1/3以上の借入も可能。
・原則300万円以下のカードローン申し込みについては、収入証明は不要
・専業主婦からの申し込みにも対応してるので専業主婦でも借入可能
・使途は自由なので幅広い使い方が可能。(おまとめ等)
・安定した収入があれ、パート・アルバイトであっても申し込み可能
・自宅のパソコン、携帯電話から簡単に振込みの手続き可能。
・楽天銀行の口座をお持ちであれば、365日24時間振り込み可能



楽天銀行スーパーローンの金利は他のカードローンと比べてどれくらい?

楽天銀行スーパーローンの金利は、1.9%~14.5%と銀行カードローンの中では特別低いというわけではありませんが、消費者金融系のカードローンを含めた全カードローンの中では、比較的低い金利水準になります。

金利の仕組みについては、「カードローンの金利・利率の計算方法」をご覧ください。

他の銀行系のカードローンとどれくらい金利が違うのかイメージしやすいように、下記に50万円、100万円、200万円、300万円、400万円をそれぞれ借入した場合の金利を表にしてみました。


楽天銀行スーパーローンと他社カードローンの金利を比較

銀行 50万円借りた場合の金利 100万円借りた場合の金利 200万円借りた場合の金利 300万円借りた場合の金利 400万円借りた場合の金利
14.5%
9.6%~14.5%
6.9%~14.5%
4.9%~12.5%
4.9%~8.9%
12.6%~14.6% 12.6%~14.6% 9.6%~12.6% 7.1%~9.6% 6.1%~7.1%
みずほ銀行 14.0% 14.0% 9.0% 7.0% 6.0%
10.0%
10.0%
9.0%
6.0%
6.0%
三井住友銀行
12.0%~14.5%
12.0%~14.5%
10.0%~12.0%
8.0%~10.0%
7.0%~8.0%
りそな銀行
12.475%
11.5%
9.0%
7.0%
5.5%
15.0%~18.0%
12.0%~15.0%
12.0%~15.0%
9.0%~15.0%
7.0%


全カードローンの中で低金利に分類される【三菱東京UFJ銀行】、【住信SBネットI銀行】、【みずほ銀行】と比べてしまうと、楽天銀行スーパーローンの金利が高く見えてしまいますが、他のカードローンと比較すると、低い金利というのがご理解頂けるかと思います。

>> 業界トップクラスの低金利のカードローンで借りたい方はこちらをクリック


2014年8月から300万円以下の借入で収入証明書の提出が原則不要になりました!

2010年に施行された貸金業法により、消費者金融系のカードローンや信販系のカードローンで50万円の借入を希望する場合、または複数のカードローン業者からの借入額の合計が100万円を超える場合、カードローン業者への収入証明書の提出が義務付けられるようになりました。

「そこまで高額な借入ではないのに、いちいち収入証明書をそろえるのは面倒」と思われた方もいらっしゃるかと思います。また、収入証明が必要と言われるとなんとなくお金を借りるハードルが高く感じますよね。
特に定職についていないフリーターや専業主婦の方にとっては、収入証明を準備することが難しいので、借りたくても借りることができないという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方にオススメなのが、楽天銀行を含めた各種銀行のカードローンです。銀行のカードローンは、貸金業法ではなく、銀行法に基づいて貸付を行なっているため、消費者金融のカードローンでと違って、収入証明書の提出が原則不要になります。

ただし、収入証明書の提出が不要といってもある程度の金額を借りる場合は、やはり提出が義務付けられるようになりますので注意が必要です。銀行のカードローンの場合、収入証明書の提出が必要となる借入れ額が各銀行によって違うので、わかりづらい部分があるのも正直なところです。

そこで、下記の表に銀行別に収入証明書の提出が必要な借入額をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 

銀行のカードローン別 収入証明書の提出が必要な借入額

銀行 収入証明書の提出が必要な借入額
楽天銀行
300万円までなら収入証明書の提出が不要
三菱東京UFJ銀行 200万円までなら収入証明書の提出が不要
みずほ銀行
200万円までなら収入証明書の提出が不要
住信SBIネット銀行
100万円までなら収入証明書の提出が不要
三井住友銀行
300万円までなら収入証明書の提出が不要

表を見て頂くとわかると思いますが、銀行カードローンの場合、収入証明書の提出が必要になるのが、100万円を超えてからというのが最低ラインになります。その中で、楽天銀行のほかに三井住友銀行のカードローンは、300万円までなら収入証明書が不要になりますので、高額な借入を希望している方にはオススメのカードローンになります。

いっぽう、楽天銀行も、借入額が300万円までなら収入証明書の提出が不要なので、銀行のカードローンの中では、ちょうど真ん中に位置する金額になります。以前は、楽天銀行も借入額が100万円を超えると収入証明書の提出が必要になったのですが、2014年の8月から300万円に引き上げられました。



>> 【300万円までなら収入証明書が不要】 詳しくはこちらをクリック


楽天銀行スーパーローンは、専業主婦でも借入が可能な数少ないカードローン

【カードローンはパートや派遣、もしくは学生や主婦などの無職でも借りられる?】でもご説明しましたが、平成22年に施行された改正貸金業法により、前年度の年収の1/3以上を消費者金融が、貸し付けることが法的に出来なくなりました。

この法改正の影響で、現在では無職の方で前年度の収入が0の方は、消費者金融から借入ができないことになっています。また、主婦の方も、収入のない専業主婦ですと借入するのは難しくなっているというのが正直なところです。

私も色々なカードローンの貸付条件を調べてみましたが、専業主婦でも借入することができるのは、楽天銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行の3社だけでした。

貸付条件の具体的な内容に関しては、楽天銀行スーパーローンと三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックのホームページに記載されています。


【楽天銀行スーパーローン】



【三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック】


上記をご覧頂くとわかりますが、楽天銀行のカードローンでしたら、配偶者の方の収入証明書も必要ないため、ご主人に内緒で借入をしたいという方でも安心して申し込むことができます。


>> 専業主婦で借入先に困っている方はこちらをクリック


使い道は自由なため、おまとめ・借り換えとしても利用可能

楽天銀行スーパーローンは、低金利もさることながら、最高800万円の高額な融資限度額でも有名です。「少しでも低い金利で、できる限り限度額は高く」そんなニーズを満たす、低金利かつ大口のローンとして最高条件の無担保ローンといえるでしょう。

低金利でまとまった金額を借り入れできるので、複数ローンを一本化するおまとめローンやマイカー購入などの大きな買い物など、使い方も幅広く活用できます。

おまとめローンといえば、「東京スター銀行」が有名ですが、金利が5.8%~14.8%なので、楽天銀行スーパーローンと比べると高いです。

東京スター銀行 5.8%~14.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%

おまとめローンの場合、利用限度額が高くなりますから、低い金利が適用されます。そうなると、最低金利が低い楽天銀行スーパーローンの方が金利的なメリットを享受できるというわけです。

在籍確認で会社や自宅に連絡がくるの?

カードローンでお金を借りることは、家族や会社に知られたくないという方は多いと思います。
そういった方が一番心配なのが、カードローンの審査の際にかかってくる在籍確認の電話ではないでしょうか。

カードローン会社もそのへんのことは心得ていますので、在籍確認の電話は、
「佐藤と申しますが?○○さんいらっしゃいますか?」といったように、
個人名でかけてくるので、よっぽどのことがない限りカードローン会社の電話とはわかりませんのでご安心ください。
また、こちらからは、生年月日と住所、氏名、電話番号を答える以外は、
「はい」、または、「いいえ」で答えられるように聞いてきますので
貸金業者からの電話だということは分からないように配慮して掛けてきます。

本人が電話にでれなくても、会社に在籍していることが確認できればOKなので、
「ただいま○○は席を外しております。」と対応して頂ければ、
本人の知らないところで審査が完了していたりします。

ネット上の楽天銀行スーパーローンの体験談を見ると、在籍確認の電話がかかってこなかったという声を見られるので、必ず在籍確認がかかってくるわけではないみたいですが、準備だけはしておいた方がよいでしょう。

家族に知られずにお金を借りたい方は「在籍確認なし・電話連絡なしのカードローンを徹底調査!会社や職場にバレずにお金を借りる」をご覧ください。


パソコン・携帯電話で24時間借入・返済OK!

楽天銀行口座を開設していれば、カードローンの借入・返済が24時間取引可能になります。

自身のパソコンや携帯からインターネットでアクセスし、自分の口座に振り込むという形を取りますが、嬉しいのは土日祝日も関係なく、365日24時間いつでも、ご自身の銀行口座へスムーズに振込手続が行えるということです。

例えば、夜中になって急にお金が必要になったとしても、インターネットから自分の楽天銀行の口座に即座に振り込みが反映してくれますので、他のカードローンのように、銀行の営業時間を気にせず安心してお金を引き出すことができます。

カードローンの申込や増額の申込、残高照会、返済などが手数料無料で実現できるのもネットに強い楽天ならではの強みといえるかもしれません。また、提携ATM(コンビニや銀行)での借入・返済の手数料が無料なところが多いのも意外に他社にない強みでしょう。

土日祝日でも審査や即日融資が可能なカードローンを徹底比較!」では、楽天銀行カードローン以外にも土日祝日に借りれるカードローンを紹介していますので、興味のある方は参考にしてください。

今なら入会で楽天ポイント1000ポイントプレゼント中!

現在、楽天銀行スーパーローンはキャンペーンを実施しており、カードローンに入会するだけで、楽天ポイントが1,000ポイントもらえます。

楽天ポイントは、楽天のさまざまなサービスで1ポイント1円として使えますので、実質1,000円のキャッシュバックということになります。プレゼントされた楽天スーパーポイントは、入会月の翌月末に付与されます。

楽天銀行スーパーローンの評判・口コミ

気になる楽天銀行スーパーローンの口コミ・評判ですが、ネット上の口コミ・体験談を見ると、どういった方が審査に通ったのか?どれくらいの金額ならば審査に通るのか?といった審査に通る傾向が見えてきます。
以下に口コミ・体験談の一部を抜粋したものを掲載しましたので、ご覧になってみてください。

「私はウェブデザインを生業としているフリーランスです。収入はけっして多くありませんが、クレジットやローンの延滞はなく、確定申告もきちんと行ってきたので、何とか50万万円で可決できたのだと思います。報酬の振込口座としても、楽天銀行はイーバンク時代から使っており、自分にとっていちばんなじみのある銀行のカードローンということで、ほかのカードローンは考えていませんでした。
僕から言える、スーパーローンのおすすめな理由は、金利が低いところです。いくつかあった細かいローンは、スーパーローンに借り換えて、解約しました。月々2万円程度の違いでも、かなりラクになりますね。返済実績をつけていけば、スーパーローンは増額も可能なので、返済が遅れないように注意していきます。」


「楽天カードのスーパーローンを選んだ理由は、100万円までの金利が14.5%と非常に低かったことと、楽天で良く買い物をしていることから、いちばんなじみあったからです。とくにすぐ用立てする予定はありませんが、万一のまとまった出費に備えて、大事にとっておくつもりです。」


>> 楽天銀行スーパーローンを利用する方はこちらをクリック


ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析