土日祝日でも審査や即日融資が可能なカードローンを徹底比較!

週末に急遽お金を用意する必要があった場合、カードローンは土日や祝日でも即融資してくれるのでしょうか。広く知られていませんが、即融資をして貰うことは十分可能です。

ただし、平日に申込みをするケースとは異なり、いくつか抑えておかなければならないポイントがあります。直前になって慌てないためにも、今回は土日祝日の審査、即融資が可能なカードローンについて詳しく解説していくことにします。

土日でも即日融資可能!便利なカードローンとは

平日の日中であれば、属性などに問題が見られない限り、申込み・審査・融資まで非常にスムーズです。しかし土日祝日の場合だと、対応しているカードローン会社を探すところから始めなければなりません。

とはいえ、カードローンで即日から利用できて、尚且つ土日や祝日でも対応しているところはそう多くはないものです。ですから、ネットでちょっと調べてみると、すぐに見つけることができます。

消費者金融系のカードローンがメインとなりますが、銀行系のカードローンであっても一部対応しているところはありますので、利用条件を確認してみましょう。

このあと詳しく解説しますが、土日祝日でも即日融資が可能なカードローンの場合、基本的にはWEBから申込みを行って、そのあと自動契約機にて手続きを行う必要があります。

平日利用の場合と比較すると、申込みできるカードローンの種類が少なかったり、営業時間の違いがあったりするため、その点だけは注意が必要です。それから必要書類に関しても、すぐに用意をしておくことがポイントとなります。

土日に審査を受ける際に気をつけたい3つのこと

カードローンの申込みを土日や祝日に行う際、審査のときに気をつけたいポイントが3つあります。以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

在籍確認の方法についてチェックする

消費者金融系と銀行系のカードローンでは、在籍確認に対する扱いが少々異なります。結論から言いますと、消費者金融系の方が柔軟に対応して貰えるケースが多いのです。

土日祝日に在籍確認が可能な勤務先であれば、特に気にする必要はありません。しかし、土日祝日の在籍確認が困難な場合、消費者金融系のカードローンであれば、指定された必要書類を提出するか、必要書類の提出と後日行われる在籍確認だけで融資してもらえることがあるのです。

銀行系の場合は、消費者金融系よりも慎重に審査を行う傾向にあり、在籍確認を必須としていることが大半です。そもそも、土日祝日に審査を行っていないことも珍しくありません。

とはいえ必要書類さえあれば、一部の銀行にて土日祝日の審査が可能なケースもあります。その点に関しては、別の項で詳しく解説することにしましょう。

必要書類を揃えておく

審査に必要となる書類ですが、土日祝日であっても在籍確認が可能な勤務先であれば、特に気にする必要はありません。平日手続きと同様、本人確認書類を提出するだけで良いからです。

万が一、土日祝日の在籍確認が難しい場合、本人確認書類の他に、いくつかの書類を提出しなければなりません。主な書類は、『社員証、健康保険証(勤務先名記載のもの)、給与明細』となっています。場合によっては、更に収入証明書類の提出も求められることがあるようです。

収入証明書類として有効なものとしては、『源泉徴収票、納税証明書、給与明細』などがあります。消費者金融系のカードローンの場合、基本的には融資額が50万円を超えない限り、収入証明書は不要としていることがほとんどです。

一方、銀行系のカードローンでは、200万円から300万円以上の融資を希望する際に必須としています。ようするに、土日祝日に融資を希望する場合で在籍確認が取れないときは、特例として別途書類を提出しなければならないケースがあるということです。

在籍確認が困難な際に必要となる書類は、各カードローン会社で異なるため、申込み時に予め相談をした上で、すぐに用意できるように準備しておきましょう。

希望限度額を低めに申告する

緊急で土日や祝日にローンを利用したいという方の多くは、少額融資を希望する傾向にあります。そのため、そこまで気にする必要はありませんが、どうしても即日融資を希望するという場合は、申込み時に申告する希望限度額を低めに伝えましょう。

理由は2つあります。1つは、高額融資は審査に時間がかかること。もう1つは、少額融資の方が審査に通過しやすいことです。先述したとおり、高額融資は収入証明書が必要となるだけではなく、返済能力が問われるため審査が慎重になります。

後々のことを考えて、少々多めに融資希望額を伝える人が多いのですが、滞りなく返済していれば自然と限度額は上がっていくものです。即日融資を最重要視するのであれば、希望限度額は少なめにするのが鉄則だと覚えておきましょう。

申込みから即日融資までの流れについて

この項では、土日祝日の申込みから即日融資までの流れについてみていくことにしましょう。カードローンサービスごとで若干の違いがあるため、細かな違いに関しては別の項で詳しく触れていきます。基本的な流れは以下のとおりです。参考にしてください。

土日祝日に借入できるカードローンサービスを探す

当然のことですが、まずは土日祝日に即日借入ができるカードローンサービスを探しましょう。代表的なカードローンサービスとしては、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、新生銀行レイクなどがあります。

中小規模を含めると、もう少々利用できるカードローンサービスは増えますが、金利が高い可能性があります。返済総額を考えると、大手の有名企業を利用するのが得策です。

公式ホームページ上から申込みをする

利用するカードローンサービスが決まったら、公式ホームページ上から申込みを行います。必要事項を入力するだけですので、非常に簡単です。

ちなみに、自動契約機で契約することもできますが、審査に30分から1時間程度掛るため、事前にWEB上から申込みを行いましょう。

そうすることで、わざわざ自動契約機まで足を運んだのに、審査に落ちてしまったという事態を回避することができます。尚、各カードローン会社で、審査対応時間帯は決まっています。

対応時間外に申込みをしてしまうと、審査結果が翌日に持ち越される可能性があるものです。事前に公式ホームページ上を確認した上で、できるだけ早い時間帯に申込みを行うようにしましょう。

審査内容を確認する

審査連絡は、電話かメールで行われるのが一般的です。尚、複数のカードローンに申込みをするのであれば、最大でも3社までにしておきましょう。申込み状況に関する情報は、各カードローン会社で共有できるようになっています。

一度に複数のカードローン会社に申込んでしまうと、余程お金に困っていると捉えられることがあり、「返済能力がないのでは?」と疑いを持たれてしまうからです。

自動契約機で契約手続きを行う

審査の結果、無事に通過したということであれば、自動契約機まで足を運びましょう。WEB完結が可能なカードローンサービスであっても、土日祝日の場合は自動契約機での操作が必要です。

というのも、平日であれば振込融資に対応していますが、銀行は土日祝日が休みとなっています。楽天銀行のように、即時振込が可能なネットバンキングに対応している場合は、土日祝日の振込融資に対応している可能性はあるものの非常に稀なケースです。

実際にカードローン会社へ問い合わせてみないと、銀行への即時融資が可能かどうかは分かりません。そのため、土日祝日の融資を希望する場合は、必ず指定されている自動契約機で契約手続きを行う必要があります。

尚、審査の結果、高額借入が可能な場合は、収入証明書が必要となることがあります。審査結果の連絡の際に、必要となる書類の案内があるため忘れずに確認しましょう。

たとえば消費者金融の場合、50万円以上の融資が可能な際に収入証明書が必要です。契約そのものは、大体1時間くらいで終了します。

ATMでキャッシングする

自動契約機でカードが発行されますので、そのカードを使って専用ATM、提携ATMにて現金を引き出します。以上が、即日融資までの流れです。

土日祝日に即日融資!カードローン比較

この項では、土日祝日に即日融資が可能なカードローン会社の営業時間・特徴をご紹介していきます。

以下の表にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

金融機関 営業時間 特徴
アコム
8時から22時まで
※店舗により異なる
在籍確認を後日(平日)行ってもらうことが可能。書類のみによる在籍確認は非対応。後日、在籍確認を行う場合、即日の融資額は10万円以下と少額。在籍確認後、増額が可能。
プロミス
9時から22時まで
※店舗により異なる
在籍確認は柔軟に対応。ただし、書類のみによる在籍確認は非対応。平日に在籍確認あり。自動契約機での契約は、約30分ほどで完了する。
アイフル
土日祝:9時から22時まで
※店舗により異なる
WEB申込み後、専用フリーダイヤルへ連絡することで審査を早めてもらうことが可能。WEB完結なら電話連絡なし
SMBCモビット
8時から21時
※申込機により異なる
WEB申込み後、専用フリーダイヤルへ連絡することで審査を早めてもらうことが可能。WEB完結なら電話連絡なし。
新生銀行レイク
土曜:8時45分から24時
日曜・祝日:8時45分~22時
※初めての利用で即日融資は21時まで
第3日曜日のみ19時まで
土日祝日の即融資に対応しているものの、初めて利用する場合は21時までに契約必須。審査結果によっては、書類のみによる在籍確認も対応可能。

カードローン会社別!土日祝日の申込み方法とは

この項では、それぞれのカードローン会社で土日祝日に申込みを行う際の方法について解説していきます。

今回は、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、新生銀行レイクを取り上げました。ぜひ参考にしてください。

尚、各カードローン会社では、複数の申込み方法を用意しています。とはいえ、審査に通過してから自動契約機へ出向く方法が一番効率的です。

また希望借入額が50万円以上になると審査に通過しづらくなるため、今回は融資額50万円以下の手続き方法を扱います。

プロミスの手続き方法

WEBから申込み

パソコン、携帯電話、スマホから申込みをすることができます。その際、必要書類を携帯やスマホのカメラなどで画像化し、あらかじめ送信してください。スマホは専用アプリを使って送信することも可能です。

必要書類:運転免許証(運転免許証を持っていない場合は、パスポートもしくは健康保険証と住民票のセット)

一次審査実施

一次審査の際、希望連絡先にプロミスの担当者から電話があります。連絡時間は9時から21時までです。審査時に必要となる、残りの情報を伝えて本審査となります。

本審査実施

メールか電話にて審査結果の連絡があります。時間は最短30分程度です。審査に通過した場合、「ATMによる返済」を選択してください。
※メールの場合は、案内文に従って「ATMによる返済」を選択します。電話の場合は、直接伝えてください。

プロミスの自動契約機にて手続き

残りの契約をプロミスの自動契約機で行います。事前に画像やアプリにて必要書類を送信していますが、自動契約機での手続きの際も書類は必要となります。

契約書類作成・カード受取・融資

契約書を作成したらカードが発行され、プロミス専用ATM、提携ATMから借入をすることができます。

プロミスの詳細はこちら

アコムの手続き方法

WEBもしくは電話で申込み

WEB(パソコン、携帯電話、スマホ)か専用ダイヤルから申込みをします。専用ダイヤルは、24時間365日対応です。
専用ダイヤル:0120-07-100

最寄りのアコム自動契約機で契約

14時までに最寄りのアコム自動契約機にて手続きを行う必要があります。また14時までに必要書類を提出しないと、即日融資できない可能性があるようです。

必要書類:運転免許証(運転免許証を持っていない場合は個人番号カードなど)
顔写真がない書類や書類住所と現住所が異なる場合、以下のいずれかの書類が必須です。
住民票、公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど)、納税証明書。

尚、発行日や領収日から6ヶ月以内のものに限ります。

※公式ホームページ上に、「お急ぎのお客様」というページが設けられています。このページ内を確認したところ、どのタイミングで審査を行うのか案内がありませんでした。

通常の手続きであれば、WEBから申込みをした後、アコムから電話かメールで連絡があります。そのあと本人確認書類を提出し、審査をするといった流れです。詳細は、専用ダイヤルにて確認してください。

契約後カードが発行され融資

契約が完了したら、その場でカードが発行されます。あとは、アコム専用ATMか提携ATMにて借入が可能です。

アコムの詳細はこちら

アイフルの手続き方法

WEBから申込み

パソコン、携帯電話、スマホから申込みをします。

フリーダイヤルへ連絡

申込み後、アイフルから『カード申込・受付け完了メール』が届いたら、専用のフリーダイヤルへ連絡します。受付時間は、9時から21時です。優先的に審査が行われます。
専用ダイヤル:0120-337-137

審査結果連絡

電話もしくはメールにて審査結果の連絡が入ります。審査にかかる時間は、特に案内されていませんでした。ただし平日であれば、30分から1時間程度で審査は完了するようです。土日祝日も同様かは、直接専用ダイヤルにて確認してください。

自動契約機にて契約手続き・融資

アイフルの自動契約機にてカードを受け取ります。アイフル専用ATM、提携ATMから借入可能です。契約手続き時、本人確認書類が必要となります。

必要書類:運転免許証、運転経歴証明書
※運転免許証を持っていない場合、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、住基カード、公的証明書類(氏名、住所、生年月日、顔写真付き)、個人番号カード
本人確認書類の住所が現住所と異なる場合、以下の書類が必要です。
公共料金の領収書(電気、ガス、水道、NTT電話、NHK)、住民票の写し、印鑑証明書

アイフルの詳細はこちら

SMBCモビットの手続き方法

WEBから申込み

パソコン、携帯電話、スマホから申込みをします。指定の方法で必要書類を送付してください。必要書類は、パソコンもしくはスマホ、携帯から画像形式で提出します。

必要書類:運転免許証
※運転免許証を持っていない場合は、健康保険証、パスポート

フリーダイヤルへ連絡

申込み後、専用のフリーダイヤルへ連絡します。受付時間は、9時から21時です。優先的に審査が行われます。
専用ダイヤル:0120-03-5000

電話で審査結果連絡

電話にて審査結果の連絡が入ります。審査時間は10秒簡易審査。審査に通過したら、会員登録を行ってください。

会員登録

会員登録時、カード受取方法は『ローン申込機』を選択します。ただし、審査の内容によっては郵送のみとなることもあるため注意しましょう。尚、会員登録時に予約番号が発行されるため、控えておくことをお勧めします。

※予約番号は、入会手続きのときに知らされるか、もしくは入会手続き完了メールに記載されています。

自動契約機にて手続き・融資

自動契約機へ予約番号を入力すると、カードが発行されます。本人確認書類が必須となるため、必ず持参しましょう。カード発行後は、SMBCモビット専用ATM、提携ATMから借入が可能です。

SMBCモビットの詳細はこちら

新生銀行レイクの手続き方法

WEBから申込み

WEBから申込みをします。パソコン、携帯電話、スマホからアクセスが可能です。

審査

審査を行い、結果はメールか電話にて連絡があります。

自動契約機にて契約・カード受取

新生銀行レイクの自動契約機にて手続きを行います。その際、本人確認書類が必要となるため、必ず持参しましょう。契約内容を確認して署名し、カードを受取ります。

必要書類:運転免許証
※運転免許証を持っていない場合、健康保険証、パスポート、個人番号カード(顔写真付)、特別永住者証明書、在留カードが必要です。

記載住所と現住所が異なる場合は、次の書類の原本も用意してください。
公共料金の領収書(ガス、電気、水道、固定電話、NHK)、住民票の写し、印鑑登録証明書。※発行日から6ヵ月以内のもの限定です。

融資

申請銀行レイクATM、提携ATMより借入が可能です。

金融機関によって違う?土日祝日対応の内容とは

カードローンに申込みをするタイミングが土日祝日の場合、対応の内容は各カードローン会社によって異なります。

この項では、銀行カードローンと消費者金融カードローンに分けて、一般的な対応の違いについてみていくことにしましょう。

銀行カードローンの対応

申込みは土日祝日でも対応可能なものの、即日融資という観点からみると利用できる銀行カードローンは限定されてしまいます。たとえば、大手のみずほカードローンは土日の審査を行っていません。

カードローンによっては、土日祝日に勤務先が休みだったとしても、審査内容によってはスピード融資が可能なこともあります。

追加で所得が分かる書類の提出を求められることもあるようですが、比較的柔軟に対応して貰うことができます。

ただし、契約手続きを行う自動契約機の営業時間が、消費者金融の自動契約機の営業時間よりも短いことがあるため注意が必要です。

ちなみに、申込み先の銀行普通預金口座が必須となっていることがあります。土日祝日に申込みが可能であったとしても、口座がなければ融資は不可能です。そのため口座開設の必要性について、事前に確認しておくことをお勧めします。

気になる審査時間に関しては、消費者金融よりも時間が掛る傾向にありますが、申込み前に、必ずチェックしておきましょう。

消費者金融カードローンの対応

銀行カードローンと比較すると、柔軟な対応をしているのが消費者金融カードローンの対応の特徴です。利用可能なカードローンの種類を見ても、銀行カードローンよりも断然数が多いことが分かります。

どうしても土日祝日に融資を希望する方は、銀行系ではなく消費者金融系のカードローンを選択した方が、高い確率で利用できそうです。

最も注目したいのは、在籍確認時の対応です。勤務先が休みで在籍確認が不可であっても、ひとまず即日融資をして貰えることがあります。在籍確認を行わないわけではなく、週明けの平日に行うのです。

もしくはアコムのように、即日融資の限度額が10万円以下であれば即融資となることもあります。在籍確認が完了した後、通常の限度額に戻される仕組みです。

それから消費者金融カードローンの場合、急ぎで融資を希望している方向けに、WEBとフリーダイヤルを組み合わせた申込み方法を導入しているケースが目立ちます。

消費者金融カードローンは、元々審査時間が短い傾向にありますが、フリーダイヤルへ連絡をすると更に早めることができるのです。

以上のことから、申込みから融資までのスピード、柔軟な対応を求めるのであれば、消費者金融のカードローンの方が利用しやすいといえます。

土日祝日に即日融資を受ける3つのポイント

土日祝日に即日融資を受けるために、事前に抑えておきたいポイントが3つあります。以下にまとめましたので、参考にしてください。

審査回答時間をチェックする

各カードローン会社では、審査回答時間がおおよそ決まっています。たとえば、プロミスの場合、審査結果連絡の時間帯は平日・土日祝日共に9時から21時までです。

公式ホームページ上で案内されていない場合、電話で問い合わせることで目安時間を教えてもらうことはできますので、即日融資を希望している方は必ず確認しておきましょう。

無人契約機があるかチェックする

先述したとおり、土日祝日は銀行が休みであるため振込融資に対応していません。楽天のようなネットバンキングを指定すれば、土日祝日でも振込融資できる可能性はあるものの、振込可能かどうかは実際に問い合わせて確認しない限り分からないのが現状です。

そのため当日中に借入したいのであれば、自動契約機で残りの手続きができるカードローンを選択してください。

大手のカードローンであれば、消費者金融・銀行問わず自動契約機が用意されているものです。事前に自動契約機の設置場所と、営業時間を調べておくようにしましょう。

在籍確認の特例措置があるかチェックする

土日祝日、勤務先が休みの場合は在籍確認を行うことができません。そのため、在籍確認不可の際に特例措置があるか、事前にチェックしておきましょう。

実際に審査を受けてみない限りなんとも言えませんが、多くの消費者金融のように、即日融資をしたあと、週明けの平日に在籍確認が可能なケースがあります。

もしくは所得証明関連の書類を提出することで、在籍確認が不要となるケースも存在するものです。ちなみに、カードローン会社によっては、即日融資をするために所得証明書類を提出し、週明けに在籍確認が行われるケースもあります。

銀行カードローンは審査に厳しい傾向にあるため、在籍確認を行わない限り融資は行わないことがほとんどですが、どうしても融資を受けたいときは問い合わせて相談をしておきましょう。

土日祝日の申込みで気をつけたい3つのこと

それでは最後に、土日の申込みで気をつけたい3つのことについてみていくことにしましょう。以下にまとめましたので、参考にしてください。

できるだけ自社ATMを利用する

申込みの際、最終的には自動契約機で手続きを行います。そのため、自宅から近い場所に自動契約機があるカードローンを利用しましょう。決められた時間内までに手続きを行わないと、即日融資を受けることができないからです。

各カードローン会社の公式ホームページ上にて、自動契約機設置場所について案内がありますので、事前に確認することをお勧めします。また、提携ATMから借入をすることもできますが、利用時に手数料が発生することがほとんどです。

カードローン会社の自社ATMであれば、手数料無料となりますので、できるだけ自社ATMを利用しましょう。ちなみに、自社ATMは必ずしも24時間営業しているわけではありません。

設置場所によって営業時間が異なることがほとんどですので、併せて確認することをお勧めします。

午前中の早い時間に申込みをする

各カードローン会社の営業開始時間は、午前8時や9時からです。余裕がある方は、前の夜から申込みを済ませておき、翌日の午前中には審査を受けることができるようにしましょう。

申込み内容に問題がない場合は、お昼前に融資が可能となることも少なくありません。

午後以降の申込みは、翌日融資となるケースがあります。どんなに遅くとも、午前中には申込みを済ませておくようにしましょう。

必要書類を用意しておく

運転免許証を取得している場合、基本的にその他の書類は必要ありません。しかし、運転免許証を取得していない方は、各カードローン会社が指定している必要書類を早めに用意しておく必要があります。

一般的には、パスポート、健康保険証、個人番号カード、住基カードとなっていますが、顔写真が付いていない証明書は、身分証明書として認められないことがあります。その場合、別途公共料金の領収証や住民票の提出が必要です。

ちなみに住民票に関しては、土日祝日も交付している市区町村があります。市区町村ごとで対応は異なりますが、どうしても交付してもらう必要がある場合は、お住まいの市区町村役場公式ホームページ上を確認してください。

まとめ

今回は土日祝日でも即日融資を受けることができる、カードローンについてご紹介しました。土日であっても、審査の内容は平日と変わりありませんが、手続きの選択肢が限られてしまうものです。

また、即日融資ということにこだわると、どうしても自動契約機での手続きが必須となるため、人目を気にする方には不向きだといえます。とはいえ、土日祝日に融資を受けたい場合は致し方ありません。

それから、土日祝日の融資に対応しているからといって、必ずしも即日融資を受けることができるとは限らないものです。

3社に申し込みを行い、万が一すべて審査落ちした場合は、それ以上、別のカードローン会社を当たっても審査に通過することは困難となります。

申込み履歴は、最低でも3ヵ月ほど信用情報登録機関に記録されてしまうものです。借りることができたあと、計画的に利用することは言うまでもありませんが、申込みも計画的に行うようにしましょう。

土日OK!のカードローンはこちら

住信SBIネット銀行最大限度額1,200万円

住信SBIネット銀行 バナー
★★★★★4.9
金利 0.99%~14.79%
限度額 1,200万円
毎月の返済額 2,000円から
WEB完結 可能
住信SBIネット銀行カードローンのここがオススメ!
  • 金利が0.99%~14.79%と全カードローンの中で最安金利!
  • 明細書はネットで確認が可能のため、自宅に明細書が郵送されない!
  • 限度額は1,200万円と全カードローンの中で最大の限度額!
詳細はこちら

プロミス最短30分の審査・最短1時間で融資

プロミス バナー
★★★★★4.7
金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
プロミスのここがオススメ!
  • 最短30分の即日審査最短1時間で融資という即日対応を実施
  • 30日間金利0円で借りられる!
    ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
  • 郵送物なし&カードレスのWeb完結サービスにも対応可能
詳細はこちら

アコム最短30分の審査!土日祝日も即日融資

アコム バナー
★★★★★4.4
金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
アコムのここがオススメ!
  • 来店不要で審査回答は最短30分
  • 30日間金利0円で借りられる!
  • 限度額50万円以下で収入証明書原則不要
  • 3項目の入力だけで借入可能か3秒で診断
詳細はこちら
ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る