カードローンで10万円借りたい!気になる金利・利息・最低返済額を徹底調査!

カードローンの場合、少額融資であれば、それほど利息は掛らないといわれています。しかし、実際のところどのくらい支払うことになるのでしょうか。

今回はカードローンで10万円借入した場合の、金利、利息、総返済額について解説しながら、無利息サービスの概要、10万円借りるなら銀行系と消費者金融系どちらがお得になるのかなど、詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

カードローンで10万円借りると金利はどのくらい?

カードローンで10万円借りた場合、金利はどのくらいになるのでしょうか。

この項では、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンで、10万借りた場合の金利をご紹介していきます。

取り上げるカードローン会社は、銀行系が『三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック』、『みずほ銀行』、『三井住友銀行』、『オリックス銀行』、『住信SBIネット銀行』、『新生銀行カードローンレイク』。

消費者金融系が『アコム』、『プロミス』、『アイフル』、『モビット』となります。少額融資を希望している方は、参考にしてください。

【銀行系カードローンの10万円借入時の金利】

カードローン 金利 10万円借りた場合の金利
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~14.6%
年14.6%
みずほ銀行
《エグゼクティブ》年3.0%~7.0%
《コンフォート》年3.5%~14.0%
《エグゼクティブ》年7.0%
《コンフォート》年14.0%
三井住友銀行
年4.5%~14.5%
年14.5%
オリックス銀行
年1.7%~17.8%
年17.8%
住信SBIネット銀行
《プレミアム》年0.99%%
《スタンダード》年14.79%
《プレミアム》年7.99%
《スタンダード》年14.79%
新生銀行カードローンレイク
年4.5%~18.0%
年18.0%

 

【消費者金融系カードローンの10万円借入時の金利】

カードローン 金利 10万円借りた場合の金利
アコム 年3.0%~18.0% 年18.0%
プロミス 年4.5%~17.8% 年17.8%
アイフル 年4.5%~18.0% 年18.0%
モビット 年3.0%~18.0% 年18.0%

 

ご覧の通り、消費者金融系カードローンの方が金利は高めです。しかし、オリックス銀行、新生銀行カードローンレイクのように、消費者金融系カードローンと変わらない高金利な銀行も存在します。

一般的に銀行系カードローンは金利が低いといわれていますが、必ずしもそうとは限りません。一ケタ台の金利が適用されるのは、高額融資のときだけです。

カードローンで10万ほどの金額を借りる場合、一般的には上限金利が適用されています。

借入限度額が10万円だと金利は高いの?

前項でも少し触れましたが、借入限度額が10万円の場合は金利が高くなります。借入限度額が高くなるにつれて、金利は低くなっていきますが、なぜそのような仕組みが導入されているのでしょうか。

これには、信用が関係しています。高額な融資が可能であるということは、それだけ信用があるということです。

『ちゃんと返済して貰える』という信用があれば、わざわざ高い金利を掛けて、貸し倒れのリスクに備える必要がないため金利は低くなります。

しかし借入限度額が10万円程度の場合、カードローン会社側としては、『おそらくきちんと返済して貰えると思われるが、まだ分からない』という様子見の状況だといえるのです。

そのため、貸し倒れのリスクに備える必要があり、金利を高く設定して返済が滞ったときのために備えています。

2010年6月に改正された貸金業法によると、最大20%の金利を掛けてよいことになっていますが、現状では18%を上限としているカードローン会社がほとんどです。

10万円程度であれば、金利が高いとはいえ、そこまで返済総額は高額にはなりません。

ただし、返済が長引くほど負担が大きくなることは容易に想像できます。たとえば金利20%で10万円を1年間借りた場合、利子は2万円となりますので、短期間で完済した方が多くの利息を支払わずに済むものです。

どうしても金利を低くしたいのであれば、返済に遅れないようにしながらも、借入上限金額を段階的に上げてもらうしか方法はありません。

10万円借入すると利息の支払い金額はいくら?

この項では、カードローンで10万円借入した際の利息支払い金額をご紹介していきます。

ご紹介するカードローン会社は、『プロミス』、『アコム』、『アイフル』、『モビット』、『三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック』、『三井住友銀行』の6社です。

利息金額は、返済回数によって変動します。そのため、6回、12回、18回、24回で支払った場合の利息支払い金額をまとめました。参考にしてください。

種別 カードローン 利息金額(6回) 利息金額(12回) 利息金額(18回) 利息金額(24回)
消費者
金融系
プロミス 5,254円 9,894円 14,667円 19,578円
アコム 5,312円 10,011円 14,841円 19,808円
アイフル 5,312円 10,011円 14,841円 19,808円
モビット 5,312円 10,011円 14,841円 19,808円
銀行系 三菱東京UFJ銀行
カードローンバンクイック
4,297円 8,077円 11,943円 15,904円
三井住友銀行 4,269円 8,020円 11,862円 15,789円

 

この表から分かることは2つあります。1つは、返済期間が長くなるほど、消費者金融系と銀行系の利息額に差が表れるということ。

もう1つは、消費者金融系のカードローン会社同士、もしくは同じ銀行系カードローン会社同時の利息金額には、それほど差はないということです。

つまるところ、できるだけ利息を支払いたくない方は、銀行系のカードローンを利用し、尚且つ短期間で返済することをお勧めします。

10万円借入すると毎月の返済額はいくら?

この項では、カードローンで10万円借入した場合の、月々の返済額をご紹介していくことにします。

ご紹介するカードローン会社は、『プロミス』、『アコム』、『アイフル』、『モビット』、『三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック』、『三井住友銀行』の6社です。

返済額は、金利によって異なるものですが、返済回数によっても異なってきます。

今回も6回、12回、18回、24回に分けてご紹介しますので、参考にしてください。

種別 カードローン 返済額(6回) 返済額(12回) 返済額(18回) 返済額(24回)
消費者
金融系
プロミス 17,542円 9,158円 6,371円 4,982円
アコム 17,552円 9,167円 6,380円 4,992円
アイフル 17,552円 9,167円 6,380円 4,992円
モビット 17,552円 9,167円 6,380円 4,992円
銀行系 三菱東京UFJ銀行
カードローンバンクイック
17,383円 9,006円 6,219円 4,829円
三井住友銀行 17,378円 9,002円 6,214円 4,824円

 

返済額を比較すると、各社ともそこまで大きな差はないように見えます。

しかし、前項でも解説したとおり、返済回数が増えるに従ってトータルで支払う利息金額は大きく変わってくるものです。

そのため、返済額だけでカードローンを判断するのではなく、返済額の中に利息分がどの程度含まれているのかで判断するようにしましょう。

大手カードローン会社の無利息サービス比較

大手カードローン会社では、無利息サービスを提供していることがあります。ほとんどの場合、無利息期間は30日間となっていますが、新生銀行カードローンレイクの場合のみ、5万円までの借入であれば180日間無利息です。

また、ノーローンのように、何度でも7日間無利息となるカードローン会社も存在します。短期間のみ借入をしてすぐに返済する予定であれば、無利息サービスを利用した方が断然お得となるものです。

今回は、『アコム』、『プロミス』、『アイフル』、『ノーローン』、『新生銀行レイク』、『ジャパンネット銀行』の無利息サービスを取り上げました。カードローンの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

カードローン 無利息期間 適用回数
アコム
30日間
初回限定
プロミス
30日間
初回限定
アイフル
30日間
初回限定
ノーローン
7日間
何度でも利用可能
新生銀行
カードローンレイク
30日間/180日間
初回限定
ジャパンネット
30日間
初回限定

 

アイフル、ジャパンネット銀行以外のカードローン会社では、適用条件が設けられています。条件を満たしていない場合は、無利息サービスを利用することができません。

概要を以下にまとめましたので、こちらも参考にしてください。

《アコムの適用条件》
・無担保カードローンをはじめて利用する方のみ利用可能。
・返済期日を『35日ごと』で契約する必要がある。
・ATM等の手数料発生時は、『ATMなどの手数料』、『元金』の順で返済に充てられる。

《プロミスの適用条件》
・プロミスをはじめて利用する方のみ利用可能。
・契約時にEメールアドレスを登録する必要がある。
・WEB明細を利用する必要がある。

《ノーローンの適用条件》
・2回目以降は、完済した日の翌月から無利息サービスが利用できる。
※ようするに、無利息期間サービスは月に1回しか使えない。

《新生銀行カードローンの適用条件》
・レイクをはじめて利用する方のみ利用可能。
・30日間と180日間のいずれかを選択することができる。
※併用はできない。
・30日間無利息の適用契約額は1万円から500万円まで。
・180日間無利息の適用契約額は1万円から200万円まで。
・5万円までなら180日間無利息となる。

ご覧の通り、各社とも利用条件が厳しいわけではありませんが、適用条件を満たしていないと無利息サービスを利用することはできません。

中にはプロミスのように、契約時に設定やメールアドレスの登録が必要となることがあるため、事前に適用条件を調べておくようにしましょう。

公式WEBサイトを確認すると、必ず詳しく案内されているものです。そもそも、無利息サービスを提供しているカードローンは少なく、消費者金融系のカードローンで扱っているケースが目立ちます。

銀行系の場合だと、消費者金融系のように普段から無利息サービスを提供しているケースは少ないのですが、稀に無利息キャンペーンを行っていることがあるものです。

特にカードローンの利用者が増える3月前後の時期は、新規顧客を獲得するために何らかのキャンペーンを行っていることがあります。

そのため、カードローンを利用する際は、事前に公式ホームページにてキャンペーンが開催されていないか確認してください。

無利息になる期間はいつからいつまで?

カードローン会社によって、無利息期間は異なります。いつのタイミングから無利息となるのか確認しておかないと、いつの間にか無利息期間が終わっていたということになりかねません。

この項では、前項で取り上げた『アコム』、『プロミス』、『アイフル』、『ノーローン』、『新生銀行レイク』、『ジャパンネット銀行』の無利息期間をご紹介します。まずは、以下の表をご覧ください。

カードローン会社 無利息期間
アコム
契約日の翌日から30日間
プロミス
初回借入翌日から30日間
アイフル
契約日の翌日から30日間
ノーローン
借入翌日から30日間
新生銀行
カードローンレイク
契約日の翌日から30日間
契約日の翌日から180日間
ジャパンネット
初回借入翌日から30日間

 

注意したいのは、無利息が適用となるタイミングです。アコム、アイフル、新生銀行カードローンレイクでは、契約をした翌日からカウントされます。

たとえば、30日後に初めて借入をしてしまうと、30日間の無利息期間は利用できないのです。

新生銀行カードローンレイクの場合、うっかり忘れていたとしても、180日間を選択していた方は、残りの60日間のみ無利息で5万円まで借入ができます。

ちなみにレイクの場合、最初に30日間を選択してしまうと、あとから180日に変更したいと思っても変更することはできません。

以上のことから、『無利息サービス』を利用する際は、『契約日の翌日から適用』となるのか、『初回借入翌日から適用』となるのか、必ず確認をしておくようにしましょう。

10万円借りるなら銀行系と消費者金融系どっちがいい?

10万円を借りる場合、銀行系と消費者金融系のどちらを利用するのが良いのでしょうか。

結論からいいますと、何を重視するかによって、選択するカードローン会社は異なってきます。

この項では3つのパターンを取り上げながら、詳しく解説していくことにしましょう。ぜひ参考にしてください。

【ケースその1】すぐに返済できる場合
たとえば、6回の支払い回数で完済できるのであれば、銀行系と消費者金融系のどちらを選択してもあまり変わりはありません。前項でご紹介した利息の図を今一度ご覧ください。

種別 カードローン 利息金額(6回) 利息金額(12回) 利息金額(18回) 利息金額(24回)
消費者
金融系
プロミス 5,254円 9,894円 14,667円 19,578円
アコム 5,312円 10,011円 14,841円 19,808円
アイフル 5,312円 10,011円 14,841円 19,808円
モビット 5,312円 10,011円 14,841円 19,808円
銀行系 三菱東京UFJ銀行
カードローンバンクイック
4,297円 8,077円 11,943円 15,904円
三井住友銀行 4,269円 8,020円 11,862円 15,789円

 

この中で、最も金利が安いのは三井住友銀行です。逆に、最も高いのはアコム、アイフル、モビットでした。返済回数が6回の場合、三井住友銀行は4,269円、アコム、アイフル、モビットは5,312円です。

金額差は1043円ですので、この金額差が気にならないという方は、銀行系と消費者金融系のどちらを選択しても良いといえます。

もしも、できるだけ利息を払いたくないのであれば、銀行系の金利が低いカードローンを利用してください。

【ケースその2】即日融資を希望する場合
即日融資に強いのは、消費者金融系のカードローンだといわれています。そのため、すぐにでも借入したいときは、消費者金融系カードローンを検討しましょう。

消費者金融系のカードローンが即日融資に強い理由は、審査スピードと金利の高さが関係しています。

消費者金融系カードローンの場合、自社のみで審査を行っているものです。一方、銀行系カードローンは、必ず保証会社の審査と銀行の審査を受けることになるため、どうしても時間が掛ってしまいます。

最近は三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのように、銀行系でも即日融資に力を入れるケースが増えてきたものの、それでも消費者金融系カードローンの方が即日融資に強いといえます。

それから金利の高さについてですが、金利が高いカードローンサービスは、審査時間が短い傾向にあるものです。

金利を高くすることで貸し倒れのリスクに備えているため、返済能力についてそこまで厳しく調べていないことが関係しています。

以上の理由から、即日融資を希望する場合は、消費者金融系カードローンの方が適しているといえるのです。

【ケースその3】無利息サービスを利用する場合
無利息サービスを提供しているカードローン会社は、主に消費者金融系となります。では、無条件で無利息サービスを提供している消費者金融系の方が良いのかというと、そうとは限りません。

詳しく解説する前に、まずは以下の図をご覧ください。こちらは、アコムの無利息サービスを利用した際のシミュレーション結果です。

返済回数は、計算しやすくするために5回、10回の2パターンとしました。まずはこちらの図で、返済金額の違いを確認してください。

《アコムの返済シミュレーション》

返済方法 返済回数(5回) 返済回数(10回)
30日無利息利用
103,020円 106,880円
通常の返済
104,543円 108,429円
金額差
1,523円 1,549円

 

ご覧のとおり、やはり30日間の無利息サービスを利用した方が、返済額が安く済むことが分かります。

では銀行系カードローンの中でも、金利が低い三井住友銀行と比較した場合、どのくらい違いが表れるのでしょうか。

三井住友銀行は無利息サービスを提供していませんので、通常の返済方法で返していくことになります。返済回数5回と10回で計算した結果、以下の返済総額となりました。

返済回数5回:103,652円
返済回数10回:106,760円

アコムの30日無利息を利用した際の金額と比較すると、返済回数が5回の場合は632円、10回の場合は120円、三井住友銀行の方がお得であることが分かります。

つまるところ、消費者金融系の無利息サービスを利用したからといって、必ずお得になるとは限らないのです。

ただし一括返済できる場合や、もっと返済回数を短くする場合は、無利息サービスを利用した方がお得になることがあります。

すぐに完済できる目処が立っているのであれば、消費者金融系のカードローンが適しているということです。

まとめ

カードローンで10万円借りた場合の、金利や利息、返済額について詳しく解説しました。

これまで解説してきたとおり、6回程度で完済できるのであれば、消費者金融系・銀行系のどちらでも良いといえそうです。

ただし、返済が6カ月以上の長期に亘るのであれば、金利が低い銀行系カードローンの方がやはりお得となります。

また、何としてでも審査に通過して融資を受けたいという方や、即日融資を希望している方は、消費者金融系の方が適しているものです。

このように、カードローンで10万円借りるといっても、何を重視するのかによって利用するカードローン会社は異なってきます。

今回ご紹介した情報を参考にしながら、適したカードローン会社を選択してください。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析