アルバイト・パートでもカードローンの審査に通る?フリーターでも借りれるカードローン特集!

カードローンはバイトやパートとして働いていても、審査に通過するものなのでしょうか。実際のところ、利用できるカードローン会社は限られてしまいますが、審査に通過することは難しいことではありません。

そこで今回は、パートやアルバイトカードローン審査について取り上げながら、審査を受ける際の注意点、審査が有利になる条件、目安年収など、詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

アルバイト・パートでもカードローンの審査は通過するの?

アルバイトやパートでも借りられるカードローンですが、安定した収入があって20歳以上であれば、審査に通過する可能性はあります。

審査の基準はカードローン会社ごとで異なりますが、条件さえクリアすれば融資は十分可能なのです。

ただし、正社員と比較するとアルバイトやパートは立場が弱いことから、借入限度額は低くなりがちです。その点については致し方ないものの、勤続年数が長く収入が安定していれば審査に通過しやすい傾向にあります。

アルバイトやパートを始めたばかりで、勤続年数が数カ月といった場合でも、高金利で少額融資を行っているカードローンであれば、審査に通過することは珍しくありません。

ちなみに、消費者金融系のカードローンを利用する際は、トータルの借入総額が年収の1/3以内に収まるようにするというルールがあります。つまり年収200万円の場合は、66万円が上限となるのです。

年収が100万円程度であれば、33万円が上限金額となります。これは1社あたりの借入金額ではなく、他社を含めた合計借入金額です。

一方、銀行系カードローンの場合、総量規制は設けられていませんが、近年は年収の1/3前後を目安としている傾向にあります。

注意点やコツさえ抑えておけば、審査に通過して利用することは不可能なことではないため、まずは審査に通すことを優先させましょう。

月々の返済に遅れがなければ、利用状況に合わせてあとから限度額を上げることは可能です。

アルバイト勤務でカードローン審査を受ける際に注意したい5つのこと

カードローンは、フリーターやパート勤務の主婦であっても利用できますが、審査を受ける際に注意したいことがあります。

この項では、最低限抑えておきたい注意点をピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

【注意点その1】一度に複数件の申込みをしない
カードローンに申込みをした記録は、6カ月間のあいだ信用情報機関に登録されます。複数件情報が記録されてしまうと、お金に困っていると判断されて審査落ちの原因となるのです。

申込みは1社ずつ行うようにし、3社に申込みをして落ちた時点で一度期間を空けるようにしましょう。3社以上短期間に申込みをすると、申込みブラックとして信用情報機関に登録されてしまうからです。

【注意点その2】他社から借入している場合は総額を計算する
消費者金融系のカードローンの場合、年収の1/3を超える融資はできないことになっています。そのため、申込み時点で他社からの借入があるときは、借入の総額を計算しておきましょう。

もしも年収の1/3を超えていたり、間もなく1/3を超えそうな状況だったりしたときは、借入残高や借入件数を減らすことを優先させてください。

一方、銀行系カードローンの場合ですが、総量規制による年収制限はないとはいえ、他社からの借入がある方は審査に通過しづらいことがあります。消費者金融系の場合と同様、借入残高や借入件数を減らしてから審査を受けてください。

【注意点その3】必要最低限しか借入しない
アルバイトやパートの場合、最初から高額融資を受けることは困難です。そのため、審査時は必要最低限の借入金額に留めておくようにしましょう。

消費者金融系カードローンだと50万円。銀行系カードローンだと200万円から300万円までであれば、本人確認書類のみで審査を受けることができます。

ただしアルバイトやパートの場合、年収が高くはないことから、50万円から100万円以上もの融資を受けることは困難です。

そのため初回の申込み時は、融資希望額をせいぜい10万円程度にしておきましょう。その方が計画性をアピールできますし、審査に通過しやすくなります。返済期間に関しても、短めにした方が好印象を与えることができます。

【注意点その4】アルバイトやパート可能なカードローンか確認する
カードローンによっては、アルバイトやパート勤務不可なことがあります。そのため、アルバイトやパート勤務でも利用できるのか、各カードローン会社のホームページを確認しておきましょう。

なお、アルバイト勤務やパート勤務は可能なものの、アルバイトをしている学生は不可としてるケースがあります。その点だけ注意してください。

【注意点その5】虚偽の申告はしない
借入の有無、収入金額、勤務先など、事実とは異なる情報を申告してしまうと、追加で収入証明書などの書類提出が求められます。

そこで事実とは異なる情報だとバレてしまった場合、虚偽の申告があったということで、信用情報機関を通じて他のカードローン会社に情報が共有されてしまうのです。

その結果、どのカードローン会社へ申込みをしても、審査の段階で落ちてしまうようになります。

特に他社からの借入は、すべて信用情報機関に登録されているため、誤魔化してもバレてしまうものです。そのため、正しい情報を申告するようにしましょう。

収入の低さよりも収入と借入額のバランスが重要!

アルバイトやパートで働いている場合、年収はそれほど高額になりません。そのためか、年収が低いために審査に通過しづらいと考える人が目立ちます。しかし実際のところ、年収よりも重視されているのは借入金額です。

先述しているとおり、消費者金融系のカードローンの場合、貸金業法で定められている総量規制があります。年収の1/3を超える借入はできないというルールです。

総量規制の存在を知らずに、最初から年収の1/3を超える借入金額を希望してしまうと、計画性がないとして審査に落ちてしまうことがあります。

またアルバイトやパートの場合は、元々の年収が低いことから、すぐに年収の1/3を超えてしまうものです。そのため他社から借入がある方は、申込みの段階で総量規制に引っ掛かっているか、間もなく年収の1/3を超えるところまで借入していることがあります。

これは総量規制が全く関係ない銀行系のカードローンも同様で、年収と借入額のバランスが悪いと、審査の段階で落とされることがあるのです。

以上のことから借入を希望する際は、年収を気にするよりも『年収に合った借入金額となっているか』をチェックするようにしましょう。

カードローン審査が有利になる5つの条件とは

アルバイトやパートでカードローンを利用する際、できるだけ有利な状況で審査を受けたいものです。とはいえ、有利になる状況とは一体どのような状況を指しているのでしょうか。

以下にまとめましたので、参考にしてください。

【条件その1】勤務年数が1年以上ある
勤務年数は長ければ長いほど良いとされています。1年以上が望ましいですが、カードローン会社によっては半年以上あれば良いところもあります。なお、単発のアルバイトよりも、レギュラーで定期的に働いているアルバイトやパートの方が審査の際に有利です。

【条件その2】継続的に安定した収入がある
最低でも月に5万円から7万円程度の安定した収入が求められます。年収でいうと、60万円ほどあれば審査のときに有利です。

ちなみに、年収200万円で月々の収入が不安定な場合と、年収100万円で月々の収入が安定している場合では、後者の方が審査の時に有利となります。

【条件その3】社会保険に加入している
国民健康保険よりも、社会保険に加入していた方が有利です。これは社会保険の加入条件が関係しています。社会保険に加入するためには、正社員の3/4にあたる労働時間と労働日数をクリアしなければなりません。

また長期間働くことを前提に社会保険へ加入しますので、カードローン会社からすると『長期雇用 = 収入が安定しやすい』といった図式となるのです。そのため、社会保険に加入していた方が審査の際に有利となります。

【条件その4】居住年数が長い
夜逃げの可能性を確認する上で、居住年数は重視されます。長ければ長いほど審査の際に有利です。また、持ち家、実家暮らし、社宅、寮の場合、賃貸の一人暮らしよりも夜逃げのリスクが低いため、審査の際に有利となります。

ちなみに賃貸マンションやアパートに引越しをしたばかりの頃は、審査に通過しづらいものですが、入居してから1年以上経過していれば、ひとまず不利に働くことはありません。

【条件その5】借入希望額と借入件数が少ない
すでに3社以上から借入をしている場合、審査に通過することはありません。借入件数は、少ないほど良いからです。また年収によっても話は変わってきますが、借入希望額は最大でも10万円程度に抑えておくと審査の際に有利となります。

アルバイト先に在籍確認連絡はあるの?

結論からいいますと、カードローンの在籍確認はバイト・パート共に必ず行われます。バイト先やパート先によっては、電話がかかってくることが不自然な職場もありますし、在籍していることを一切教えない職場もあるものです。

とはいえ、在籍確認は必ず行われるものですので、対策方法を講じるしかありません。方法は大きく分けると2つあります。1つは事前に職場に伝えておくこと。もう1つは、柔軟な対応をしてくれる、カードローン会社を利用することです。

まず1つ目ですが、一般的には『クレジットカードを作ったため在籍確認連絡がある』、『ローンの審査のために確認の連絡が来る』、『身内の保証人になったので在籍確認の連絡が入る』といった内容を、事前に職場の社員へ伝えておいたという方が目立ちます。

在籍確認時、消費者金融系は会社名を名乗らず、担当者の名前のみ伝えていますし、銀行系は銀行名のみ伝えているものです。決してカードローンの在籍確認とは言いません。そのため、いい方さえ工夫すれば職場にバレてしまうことはないものです。

ちなみに在籍確認の連絡時、社員や電話の担当者がカードローンの担当者に用件を聞いたとしても、『個人的な用件で連絡した。』としか告げないことになっています。

これは法律で定められているため、カードローン会社によって対応が異なるといったことはありません。絶対にバレないように、厳守されているのです。

そもそも在籍確認は、申込者が勤務している事実を確認するためだけに行っています。つまり、在籍していることが確認できればよいのです。

だからこそカードローンの担当者が、申込みの事実を口外することはありません。その点は安心してください。

もう1つの対策方法である、柔軟な対応をしてくれるカードローン会社を利用することですが、カードローン会社ごとで条件は異なります。代表的なケースは以下のとおりです。

・以前もカードローンを利用していたことがある
・勤務先の企業名が記載されている健康保険証がある
・収入証明書を提出できる
・借入希望額が10万円以下である
・WEB完結で申込み手続きを行うことができる

ようするに、電話以外の在籍確認方法を認めているカードローン会社を利用すれば良いということです。在籍確認そのものを無くすことは困難ですが、在籍確認の手段を電話以外の方法にしたいという要望であれば、カードローン会社も柔軟に対応していることがあります。

具体的には、消費者金融系ではモビット、銀行系では三菱東京UFJ銀行バンクイックが柔軟な対応をしているようです。カードローン利用先を検討している際は、参考にしてください。

さらに在籍確認について詳しい内容を知りたい方は、「在籍確認なし・電話連絡なしのカードローンを徹底調査!」に詳細をまとめておりますのでご覧ください。

学生のアルバイトでもカードローンは申込みできる?

消費者金融系・銀行系に限らず、満20歳を超えていて安定した収入があれば、学生であっても申込むことは可能です。

なお、カードローンを利用するアルバイトの限度額と、学生アルバイトの限度額は基本的にほぼ変わりません。

あくまでも属性や総量規制の上限金額によって決まるため、たとえば年収100万円であれば、学生アルバイト・社会人アルバイト共に33万円が借入上限です。

ただし、上限金額が33万円だったとしても、最初から上限金額一杯まで借入できることはありません。

多くの場合、10万円前後からの借入です。特に銀行系は、消費者金融系よりも学生に対する利用条件が厳しく、上限借入金額は10万円までとなることがほとんどです。

ちなみに、公式ホームページ上で学生の利用が可能であることを明記しているカードローン会社は、プロミス、アコム、三菱東京UFJ銀行のカードローンなどがあります。ただし三菱東京UFJ銀行のカードローンの場合、親権者の同意が必須です。

一方、オリックス銀行カードローン、イオン銀行カードローンなど、銀行系の一部のカードローンでは学生の利用を不可としています。

アルバイト・パートでも大丈夫!カードローン3つの選び方

アルバイトやパート勤務だと、利用できるカードローンは限られてきます。しかし限られているからといって、適当に利用先を選ぶことは避けたいものです。

この項では、3つの選び方をピックアップしてご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

【選び方その1】できるだけ低金利のカードローンを利用する
消費者金融系のカードローンの場合、金利は18%であることがほとんどです。一方、銀行系のカードローンの場合は、14%前後とやや低くなります。銀行系カードローンは審査に厳しいため、属性に自信のない方には本来お勧めはしません。

ただしアルバイトやパートで同じ勤務先に1年以上勤めている方や、月々の収入が安定している方、カードローンを初めて利用する方は、属性が良いと評価されやすいことから、銀行系のカードローンに挑戦してみるのも一考です。

【選び方その2】無料利息期間があるカードローンを選択する
たとえばプロミスや新生銀行レイクでは、30日間の無料利息期間が設けられています。厳密にいうと、新生銀行レイクは180日の無料利息期間も設けられているため、短期間ですぐに返済できる方は有効活用しましょう。

無料利息期間を有効活用することで、利息が掛る前に完済できることがあるからです。無料利息期間を設けているカードローン会社は、消費者金融系のカードローンに集中しています。

銀行系カードローンでは新生銀行レイクを除き、無料利息期間を設けていないケースがほとんどです。利用を検討する際は、直接公式ホームページを確認してから利用を検討しましょう。

【選び方その3】ATM利用時の手数料が格安なカードローンを選択する
カードローン会社が独自で用意しているATMであれば、曜日や時間帯に関係なく借入や返済時に手数料がかかることはほぼありません。しかし提携ATMを利用する場合、時間外手数料や返済手数料を取られることがあります。

そのため、手数料が無料となっているか、手数料が格安なカードローンサービスを利用しましょう。三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンは、提携ATM利用時の手数料が無料です。

一方、消費者金融系のカードローンの場合、銀行系とは異なり一部の提携ATMのみ手数料が無料となることがあります。たとえばプロミスでは、三井住友銀行ATMや、ファミリーマート、ローソン、ミニストップの返済手数料のみ無料です。

モビットでも三井住友銀行ATMのみ無料となっています。それ以外の消費者金融系カードローンでは、手数料無料はまず扱っていません。時間帯によって手数料に差がありますので、申込み時に必ず確認してください。

アルバイト・パートでも利用可能!無利息期間付きカードローン

前項で『無料利息期間があるカードローンを選択する』という点について触れました。

この項では、実際に無料利息期間が設けられているカードローン会社をご紹介していきます。

以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

カードローン会社 無利息期間
アコム 初めての利用時に適用
・30日間無利息
プロミス 初めての利用時に適用
・30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
新生銀行レイク 初めての利用時に適用
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
ノーローン 初めての利用と全額返済した翌月以降の借入時に適用
1週間無利息

リサーチしたところ、上記のカードローン会社以外で、無料利息期間を設けているカードローン会社は見当たりませんでした。

以前、住信SBIネット銀行カードローンでも2カ月間の無料利息期間を設けていたことがありましたが、キャンペーンが終了したため現在無料期間はありません。

アルバイト・パートで利用するにはどのくらいの年収が必要なの?

カードローンを利用する際、バイト先やパート先の年収はどのくらい必要となるのでしょうか。

結論からいいますと、一部のカードローン会社を除き『継続的に安定した収入があれば良い』ことになっています。つまり年収はあまり関係ないのです。

たとえば、消費者金融系のカードローンを利用するとしましょう。バイトの月収が5万円程度であれば年収60万円ですが、長期間勤務しており毎年コンスタントに年収60万円稼いでいれば審査に通過することは十分あり得るのです。

つまり年収が高ければよいということではなく、毎月安定した収入があった方が良いということになります。それから長期間同じ職場で働いているという点も、重要視されているポイントです。

一昔前、オリックス銀行カードローンで年収200万円以上という条件を設けていましたが、現在は特に制限を設けていません。

審査基準は各カードローン会社によって異なり、一般に公表されていないものです。年収がどのくらい重視されるかは、各カードローン会社によって様々です。

しかしこれまで解説したとおり、年収だけで判断せずに、継続的な収入があることと、収入が安定していることを最も重視しましょう。

アルバイト・パートの借入限度額ってどのくらいまで可能

すでに先述しているとおり、消費者金融系と銀行系のカードローンでは、借入限度額に対する考え方が異なります。

まず消費者金融系ですが、年収の1/3までしか借入することができません。貸金業法の総量規制という法律が適用されるからです。

貸金業法定められている総量規制は、アルバイトやパートという職業に限らず、消費者金融系のカードローンを利用するすべての人に該当します。

アルバイトやパートの場合、元々の年収が低いことから、総量規制をすぐに超えてしまうため限度額も低めとなります。一般的には、10万円程度からスタートすることがほとんどです。

更にいうと、年収や返済状況よってもお話は異なってきますが、最大30万円が借入上限となるケースが多いといわれています。

収入が安定しており、年収で150万円以上あれば50万円まで借入が可能ですが、余裕を持たせて30万円前後でしばらく様子を見るのが通例なのです。

その後、返済に遅れずに利用している様子であれば、いずれ上限金額が50万円になるといった流れとなります。

一方、銀行系の場合、総量規制は関係がありません。とはいえ好きなだけ借入ができるわけではなく、消費者金融と同様、年収の1/3あたりを目安としています。

つまるところ、消費者金融とほぼ変わらない借入限度額となるのです。なお、収入が全くない専業主婦の場合ですが、消費者金融系のカードローンは利用できないケースが目立ちます。

しかし、イオン銀行、セブン銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行カードローンレイクでは、『配偶者に安定した収入があること』という条件付きで融資を行っているものです。

返済実績を積んでいけば、最大50万円ほどまで借入できることもあります。

専業主婦で融資を受けたいときは、先述したカードローン会社のホームページ上を確認してください。

まとめ

消費者金融系や銀行系のローンは、バイト・パート共に利用できるものです。借入条件が厳しかったり、借入限度額が低かったりと、正社員や派遣社員、契約社員雇用で勤務している方より不利な点があることは否めません。

しかし再三お伝えしたとおり『属性』や『過去の利用実績』に問題がないと判断されれば、アルバイトやパートであっても借入をすることは十分に可能です。

計画的に利用しないと、返済ですぐに首が回らなくなるリスクはありますが、その点さえ注意すればカードローンはとても便利なサービスだといえます。

今回ご紹介した情報を基に、いくつかのカードローンサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析