【アコム体験談】土曜日でも即日融資で5万円借りれました!

10日前にプロミスから10万円を借りたのですが、追加でまとまったお金が必要になったため、今回アコムと契約することになりました。(借りた日付:2019年2月9日(土曜日))

【関連】プロミスで10万円を借りた体験談|最短1時間で融資は本当でした!

プロミスの借入限度額は50万円なので、プロミスから借りてもよかったのですが、できるだけ無利息で借りたかったので、『契約翌日から無利息開始』となるアコムで借りることにしました。

アコムの無利息期間

アコムの無利息期間は、プロミスと同じ30日間なので無利息期間に関しては平均的な日数だといえます。

ただし、アコムとプロミスでは無利息サービスの内容に若干違いがあります。アコムの無利息期間は、契約日翌日から無利息期間がカウントされますので、早めに借入をしないと損をしてしまいます。

プロミスは、「初回借入の翌日から30日間」なので、借り入れしてから無利息期間のカウントがスタートします。

そういった点では、プロミスの方がお得なように見えますが、無利息サービスを利用するためには、メールアドレスを登録したり、WEB明細設定をするなど手間が掛ります。

一方、アコムの場合、申込み時に返済期日を『35日ごと』にするだけで、無利息サービスを利用することが可能です。つまり、プロミスのような手間は掛りません。

同じ無利息サービスでも、アコムとプロミスでは微妙に内容が違うため、その点だけ注意してください。

サービス 無利息期間
アコム
契約日の翌日から30日間
プロミス
初回借入の翌日から30日間

アコムの申込条件と必要書類について

アコムの申込条件

アコムのホームページを見ると、申込み条件として

20歳以上の安定した収入(パートやアルバイト)と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

とあるので、パート・アルバイトの方でも申込みは可能です。

ネット上のQ&Aサイトを見ると、

「バイトを始めたばかりなんですけど、お金借りることって出来ますか?」

「バイト採用されてすぐその日でも借りれるのでしょうか?」

といった質問をよくる見るのですが、アルバイトやパートを始めたばかりで、勤続年数が数カ月といった場合でも、それだけで審査に落ちてしまうことはないので安心してください。

カードローン審査では職業や雇用形態、勤続年数以外にも、以下の項目が判断材料となりますので、勤続年数の項目が少し不利だったとしても、他の項目の評価が高ければ審査に通る可能性はあります。

参考:アルバイト・パートでもカードローンの審査に通る?フリーターでも借りれるカードローン特集!

カードローンの審査で評価される項目

収入
居住年数
年齢
独身・既婚
実家or一人暮らし
他社の借入件数・金額

ただ、勤続年数が1年未満の場合は、初めての申込で限度額は10万円ほどになる可能性が高いです。

上記の項目の収入に関しては、アコムのホームページで、「顧客年収別件数構成」というグラフを公開しており、これを見ると約9割が年収500万円以下、また4人に1人が年収200万円以下となっているようです。

参考:アコム 2018年3月期第3四半期「データブック」より

必要書類について

アコムに申し込みをする際、運転免許証などの本人確認書類の提出が必要になります。印鑑や保証人、担保は不要です。

顔写真付の本人確認書類がない場合は、健康保険証(表・裏)と現在お住まいの住所が記載された以下のいずれかの書類(住民票、公共料金の「領収書」、納税証明書)が必要になります。

本人確認書類を提出するタイミングは申し込みが完了し、1分後くらいに「書類提出のお願い」というメールが届きまので、そのメールの内容に従って提出をします。

私が申し込みをした際は、以下のような内容のメールが届きました。

本人確認書類の提出方法

アコムでは、本人確認書類の提出方法を以下の5つから選ぶことがきます。私は、「アップロードで提出」を選択しました。

アップロードで提出
専用アプリで提出
FAXで提出
郵送で提出
来店(店頭・むじんくん)で提出

アップロードで提出というのは、上記の「書類提出のお願い」メールに記載されているURLをタッチすると、アコムのサイトに飛ぶので、そこから撮影した書類をアップロードして提出する方法になります。

5種類の方法のうち、郵送や来店は提出するまでに時間がかかるので、「アップロードで提出」か「専用アプリで提出」での提出をおすすめします。私はスマホから申込みをしたので、スマホで運転免許証を撮影して、アップロードで提出しました。

ちなみに、「アップロードで提出」と「専用アプリで提出」は、それぞれ以下のような手順になります。

アップロードで提出の書類提出方法

一次審査(仮審査)完了後にアコムから書類提出用のURLが案内される
必要書類をスマホで撮影する
URLからアコムのサイトにアクセスし書類をアップロード提出

スマホアプリでの書類提出方法

アコム専用アプリをダウンロード
必要書類をスマホで撮影する
アプリの専用ページでアップロード提出

収入証明書の提出は必要?

アコムでは、希望限度額が50万円超になる場合と、他社借入額とアコムの限度額を足した合計が100万円超になる場合に、収入証明書の提出が必要になります。

50万円以下の借入である場合は原則不要です。

希望限度額が50万円を超える場合は、以下の収入証明書が必要になります。

源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書

アコムに申し込む際、すでにプロミスから限度額が50万円の契約をしていたので、申し込む前に念のためアコムに電話で収入証明書は必要ないかを確認したところ、やはり必要ないとのことでした。

アコムの詳細はこちら

アコムで申込みから融資を受けるまでの流れ

土曜日にアコムで当日の振込融資を希望する場合、楽天銀行の口座が必要になります。仮に、楽天銀行以外の口座で振込み融資の申込みをすると、月曜日以降に振込まれるようになっています。

下記は、アコムのホームページに記載されている「振込実施時間」の表になります。

「振込み実施の目安」の項目を見て頂きたいのですが、楽天銀行以外は、土・日・祝日は、「翌営業日」となっています。つまり、申込みはできても実際にお金が振り込まれるのが月曜日以降になってしまうということです。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 9:30頃
9:00 〜 14:30 受付完了から1分程度
14:30 〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 9:30頃

私は三菱UFJ銀行の口座を利用しているため、土曜日に融資を受けるためには、口座振り込みではなく、自動契約機でカードを発行し、ATMで現金を引き出す必要がありました。

そのため、プロミスの時よりも融資を受けるまでに、多少時間がかかってしまいました。今回、アコムで融資を受けるまでにかかった時間は、『3時間18分』です。

ここでは、実際に私がアコムに申し込みをしてから、お金を借りるまでにどのような手順を行ったのかご説明したいと思います。

土曜日に即日融資を希望の方には、参考にして頂ける内容かと思います。

まずは、全体の流れをご説明すると以下のようになります。

実施した手順 実施した時間
(1)スマホから申込み
11:49
(2)「申込み完了のお知らせ」メールを受信
11:49
(3)「書類提出のお願い」メールを受信
11:50
(4)本人確認書類(運転免許証)を提出
11:53
(5)「ご連絡のお願い」メールの受信
12:37
(6)アコムから在籍確認の電話
12:42
(7)「審査結果:契約手続きのお願い」メールを受信
14:26
(8)契約内容の確認
14:29
(9)「契約完了のお知らせ」メールの受信
14:39
(10)むじんくんでカード発行
14:52~15:03
(11)ATMで現金引き出し
15:07

以上のような流れで、融資を受けることができました。

今回、はじめて自動契約機を利用してカードを発行しましたが、事前にスマホで申込みと契約を済ませていたので、スムーズに進めることができました。

ここからは、私の体験談を元に

「スマホ申込み」⇒「自動契約機(むじんくん)でカード発行」⇒「ATMから現金引き出し」

の流れで実際にお金を借りるまでの手順を詳しく解説したいと思います。

注意!

カードローンで最も損をするのは利息を払い過ぎることです。利息を抑えたい場合は、できるだけ、利用日数を減らして返済サイクルを短くすることをお勧めします。

アコムのCMでも、「ご利用は計画的に」というのが流れますが、お金に余裕ができたら、随時返済を多様して完済を目指しましょう。

アコムのの返済については、丁寧に解説したこちらのページもチェックしてみてください

アコムの返済方法を写真で徹底解説!返済日や最低返済額の選び方も紹介

(1)スマホから申し込み(11:49)

今回のアコムもプロミスの時と同く、スマホから申し込み(ネット申込み)をしました。

アコムでは他にも「電話」「郵送」「店頭窓口・自動契約機(むじんくん)」で申し込むことが可能ですが、即日融資(今日中にお金を借りる)を受けたい場合は、 ネット(パソコン、スマホ、タブレット)からの申込みがオススメの方法になります。

アコムのスマホ申込み自体は、それほど難しくなかったのですが、私はスマホ入力があまり得意ではないため、入力が完了するのに5分54秒かかりました。プロミスの時は、入力完了までに5分20秒かかったので、プロミスの時より多少時間がかかったようです。

スマホ入力に慣れている方でしたら、5分かからずに申し込みができると思います。

フォーム入力時の注意点

1.「自宅情報」の入力項目で【入居年月日】という項目があり、何年何月に入居したのかを選択する必要があります。

覚えていない方は、事前に調べておくようにしましょう。

2.入力項目によって、全角・スペースがNGの箇所があります。私の時は、住所の番地とマンションの間にスペースを入力したらエラーになりました。入力する際は気を付けてください。

アコムの入力項目は、以下の内容になっています。

アコムの入力項目

入力項目
お客様情報
(項目数:7)
・氏名
・生年月日
・性別
・独身既婚
・メールアドレス
・電話番号
・審査結果通知、お申し込み内容確認の連絡先
自宅情報
(項目数:5)
・住所
・住居種類
・入居年月
・家賃、住宅ローン
・ご本人を含む家族人数
お勤め先情報
(項目数:16)
・勤務先電話番号
・会社名
・出向先・派遣先会社名【任意】
・所属部署【任意】
・勤務先郵便番号【任意】
・勤務先住所
・社員数
・事業内容
・入社年月
・勤務形態
・職種
・収入形態
・収入
・給料日
・保険証について
・休日【任意】
その他の情報
(項目数:6)
・他社お借入状況について
・希望限度額
・暗証番号
・書面の受取方法
・希望連絡先
・希望時間帯

アコムの申込みフォームの入力項目数は34項目と、プロミスのフル入力申込みの31項目よりも若干多くなっています。

入力の際に、1点だけ気になったのが、「審査結果通知」の項目で、メールの選択がなかったことです。

プロミスでは、下記のようにメールを選択することができました。

ただ、のちほどご説明しますが、アコムの審査結果もなぜかメールできました。ですので、この項目の意味は何なのかな??と今でもよくわからないですw

 

(2)「申込み完了のお知らせ」メールを受信(11:49)

申し込みが完了すると、すぐにアコムから申込み完了のメールが届きました。

メールの内容は、下記になります。

(3)「書類提出のお願い」メールを受信(11:50)

申込み完了メールを確認してたら、1分後に「書類提出のお願い」というメールが届きました。内容を確認したところ、「次のURLより、本人確認書類のご提出およびご提出方法をご確認ください」という記載の下にURLがあったので、そちらにアクセスして、本人確認書類の提出を選択します。

アコムでは、本人確認書類の提出方法を以下の5つから選べます。私は、「アップロードで提出」を選択しました。

アップロードで提出
専用アプリで提出
FAXで提出
郵送で提出
来店(店頭・むじんくん)で提出

また、メールには「書類の内容確認後、審査結果メール(ご契約可能な場合は契約手続きのメール)をお送りします」という記載があるので、本人確認書類を提出してから、本審査が開始されるようです。

今日中に融資を受けたい方は、本人確認書類はできるだけ早く提出した方がよいと思います。

メールの内容は、下記になります。

(4)本人確認書類(運転免許証)を提出(11:53)

上記で説明した、本人確認書類の提出方法で、「アップロードで提出」を選択すると、アップロードするための画面が表示されるので、そこからスマホで撮影した運転免許証の画像を提出しました。

本人確認書類を提出すると、アコムで本審査が開始されるので、審査結果の連絡がくるまでしばらく待機になります。

(5)「ご連絡のお願い」メールを受信(12:37)

本人確認書類を提出してから待つこと44分、アコムからメールが届きました。

本審査の結果が届いたのかと思ったら、「ご連絡のお願い」という件名のメールで、内容を見てると、「確認事項がございます。至急フリーコールまで連絡をしてください」という内容でした。

ここまでの手続きで、何か間違いがあったのかと思い、急いでメールに記載されている連絡先に電話したところ、「内容の確認をしますのでお客様のお名前と生年月日をお伺いできますか?」と聞かれました。

どうやら、「確認事項がある」というのは手続きに不備があったわけではなく、本人確認のことだったようです。。。。

このメールの内容だと、入力間違いや本人確認書類に不備があったのかと思いますよね。私は、かなり焦りましたが、これから申込みをする方は、本人確認の電話のことなので、ご安心ください。

この後、「勤め先の会社名」を確認されただけで、それ以外の内容は確認させれませんでした。プロミスでは、本人確認の電話で12個も質問されたので、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

本人確認が終わったあとに、アコムの担当者の方から

「審査の一環として在籍確認の連絡を担当者の個人名でさせて頂いているので、本日お電話に出られる方はいらっしゃいますか?」

と言われたので、大丈夫ですと答えて本人確認の電話は終了しました。

(6)アコムから在籍確認の電話(12:42)

本人確認の電話が終了してすぐに、在籍確認の電話がかかってきました。

在籍確認の電話に関しては、どういった内容なのか気になっている方も多いと思いますので、私がやりとりした内容をそのまま記載させて頂きます。

ちなみに、アコムのオペレーターの方は「平山」という個人名でかけてきましたので、職場の同僚が出ても、アコムからの電話ということはわからないように配慮してくれています。

私:オレンジ
平山さん(アコムのオペレーター):青

すいません。私、平山と申しますが、○○さん(私の名前フルネーム)、いらっしゃったらお願いしたかったんですけども

社員が出たので、「どういったご用件でしょうか?」と聞いたところ、

急用だったんですけど、なかなか携帯の方に繋がらなくて、こちらにかけてしまいまして

との返答。

アコムの場合も、プロミスの在籍確認の時と同じく、要件を聞かれてもアコムの電話というのは、わからないように対応してくれるようです。この後、私に電話を代わりました。

もしもし、お電話代わりました。○○です。

もしもし~、恐れ入ります○○様、ご本人様でいらっしゃいますか?

恐れ入ります、先ほどのアコムの平山でございます。(本人確認の時に電話をしてくださったのが平山さんでした。)

こちらで裏付け確認終了となりますので、ありがとうございました。

本人の確認がとれると、アコムからの電話ということをここで初めて話してくれます。

在籍確認の電話のやりとりはこれで完了となります。在籍確認自体は、プロミスの時もそうでしたが、とてもあっさりとしたやりとりで終わりました。やはり、本人が職場にいるのかどうかを確認するだけの手続きみたいですね。

在籍確認が終了すると、アコムの平山さんから

審査結果につきましては、確定次第改めてメールでの回答となりますので、こちら届きましたら内容のご確認をお願いいたします。

今後の審査にあたり、質問などございませんでしたでしょうか?

と言われたので、申込みの時に「審査結果通知」の項目で選択できるのは、「携帯」「自宅」「勤務先」のみでメールがなかったので、改めてメールで審査結果がくるのかを確認しました。

審査結果はメールでくるんですか?

はい。在籍確認を完了させて頂いた後、限度額の計算担当の者がおりますので、そちらの方で審査結果が完了次第メールでの回答となってまいります。
だいたい、今からですと30分から1時間ほどで結果の方をお伝えできるかと思うんですが

えっ!!

審査結果の連絡は、ここからさらに30分から1時間もかかるの??

申込みが完了してから、在籍確認までで既に53分も経過しています。この間に審査は終了していて、5~10分くらいで審査結果がくるものだとばっかり思っていたので、少し驚いてしまいました。

ま~、今日中にお金が借りれれば問題なかったので、アコムの平山さんにも「わかりました」とだけお答えして、電話は終了しました。

(7)「審査結果:契約手続きのお願い」メールを受信(14:26)

在籍確認の電話が終わって、審査結果のメールを待っていたのですが、30分、1時間を過ぎてもメールはきませんでした。

私は、1週間前にプロミスで10万円を借り入れ(限度額50万円)しているので、ひょっとしたら、その点が審査に影響して落ちてしまったのではないかとかなり不安になっていたところ、1時間44分後に審査結果のメールが届きました。

アコムは、自社のホームページでも最短30分で審査回答を明記していますが、土曜日ということもあってか、私の場合は申込み完了から2時間37分後に審査完了のメールが届きました。

土日・祝日に申し込む方は、私のように審査に時間がかかる可能性がありますので、早めに申し込むことをお勧めします。

アコムでお金を借りる

(8)契約内容の確認(14:29)

審査結果のメールを受け取るまでに時間がかかりましたが、なんとか無事審査を通過したので、この後は契約内容の確認になります。

上記の審査結果のメールに「★お手続きの流れ★」という記載の下にURLがありますので、そこにアクセスして契約内容の確認を進めていきます。

手続きの流れは、以下のようになっています。

契約内容の確認

・カードローンの契約内容を確認
・契約事前説明書のダウンロード
・利用目的の選択
・カードの受取方法の選択
・書面の受取方法の選択
・更新カードの受取方法の選択
・お支払に関する連絡希望先の選択

↓
契約締結について

・契約内容通知書のダウンロード
・STEP1で選択した内容の確認

↓
契約締結完了

・契約手続き完了

上記のSTEP1~STEP3を実行すると契約締結となるのですが、STEP1では、下記の内容について選択をします。

利用目的について
「生活関連」「事業資金」「カードのみ作成」のいづれかを選択
カードの受取方法等について
「郵送(自宅)」「来店」のいづれかを選択
書面の受取方法について
「アコムのホームページで確認」「自宅へ郵送」「勤務先へ郵送」のいづれかを選択
更新カードの受取方法について
「自宅へ郵送」「勤務先へ郵送」「来店」のいづれかを選択
お支払に関する連絡希望先について
【携帯(メールを含む)】【勤務先(出向先含む)】の2つの項目があり、それぞれ「希望する」「希望しない」のいづれかを選択。
両方とも「希望しない」を選択した場合は、自宅への連絡、もしくは郵送でのお知らせが優先されるようです。

(9)「契約完了のお知らせ」メールの受信(14:39)

契約内容通知書をダウンロードし、契約内容の確認が完了すると、契約の締結(契約の手続きが完了)となります。

ここで、振込を希望する場合は、振込みを希望する銀行口座の登録を実施します。今回、私は自動契約機でカードを発行し、ATMでお金を引きす予定なので、口座の登録は実施しませんでした。

また、上記の通り利用可能額も表示されるのですが、なぜか50万円で契約されていました。

申込時に「希望限度額」を10万円と入力していたのですが、自動的に50万円となっていたのはビックリしました。

プロミスの場合は、「希望限度額」を変更する際は、契約手続の際に変更する必要があったのですが、アコムでは自動(強制?)的に50万円に変更されていました。

既にプロミスから50万円の限度額で契約しており、今回アコムと50万円の限度額で契約すると合計で100万円の限度額となります。

そのため、収入証明書の提出が必要なのかと思いアコムに確認したところ、「他社借入額とアコムの限度額を足した合計が100万円超になる場合に、収入証明書の提出が必要になるので、今回は大丈夫です」との回答をもらい、それなら特に問題なかったので今回も50万円の限度額で契約をしました。

契約が完了すると、アコムから「契約完了のお知らせ」というメールが届き、契約完了となります。

メールには、カードローンの受取方法に関する案内も記載されています。

【郵送】【来店】それぞれの受取方法について、説明してくれているので、メールの案内にしたがってカードを受け取る流れになります。

私は、【来店】を希望したので、この後、近所の自動契約機に移動してカードを発行しました。

(10)アコムの自動契約機「むじんくん」でカード発行(14:52)

プロミスで借入した際は、三菱UFJ銀行の口座に振込み融資をしてもらったのですが、今回は、土曜日のため当日振込ができず、入金が月曜日になってしまうため、自動契約機でカードを発行し、ATMで現金を引き出すことにしました。

近くに、アコムの自動契約機「むじんくん」があるのを知っていたので、早速むじんくんへ移動しました。

駅近くの雑居ビルの中に無人店舗があるため、人通りも少なく気軽に入ることができました。写真では、薄暗い感じに映っていますが、実際はもっと薄暗いですw

扉を開けると契約コーナーとATMが設置してありました。

下記の写真は、ATMになります。ここで現金を引き出します。銀行のATMと見た目はほとんど変わらないですね。

下記の写真が、自動契約コーナーの扉になります。

既に利用者がいる場合は、左上の「契約中」のランプが点灯するようです。この時は、東京では珍しく雪が降っていたので、誰も利用している人はいませんでした。

早速、中に入ると「自動契約機(むじんくん)」がぽつんと1台設置されていました。ここで、カードの発行を行います。

私は今まで「むじんくん」でカードを発行して、お金もそのまま引き出せるかと思っていたのですが、「むじんくん」では、カードを発行するだけで、現金は引き出せません。

なので、むじんくんでカードを発行したら、ATMから現金を引き出すことになります。

それでは、さっそく「むじんくん」の前に座り画面を見ると、「受付開始」ボタンが表示されているので、これを押して手続きをスタートさせました。

契約機には、スピーカーが内蔵されており、実行する手順をアナウンスしてくれます。

「受付開始」ボタンを押すと、下記の画面が表示され、「はじめてのお申込み」か「会員の方」を選択します。私は、はじめての申込みだったので、「はじめてのお申し込み」をタッチしました。

次に、インターネットや電話で事前申し込みをしているのか、していないのかを聞かれますので、「事前申込みあり」をタッチしました。

次に契約時に登録した携帯番号の入力をします。

スピーカーから「携帯電話の名義を押し、確認を教えてください」という案内が流れるので、その通りに実施しました。

引き続き、スピーカーから「ご自宅の電話番号を押し、確認を押してください」という案内がながれるので、電話番号を入力して確認を押しました。

次に「本日お持ちの書類、すべてを押し確認を押してください」というアナウンスが流れました。

契約の際に、運転免許証を提出したのですが、無人契約機でも必要になるので、必ず持参するようにしてください。

今回は、運転免許証だけを持参していたので、「運転免許証」を選択して、確認を押しました。

すると、

「運転免許証を確認します。運転免許証の表を上にして、赤色の枠内にセットしてください。セットされた運転免許証が画面の左下に写りましたら確認を押してください」

とのアナウンスが流れたので、画面の下の赤枠に免許証をセットしました。

免許証を置いた場所をアップすると、こんな感じになります。

運転免許証が画面の左下に写っているのを確認できたので、確認を押して次へ進みます。

免許証のセットが完了すると、画面に「書類の確認をしています」というメッセージが表示され、しばらく待ちます。

書類の確認が完了すると、スピーカーから機械的な声ではなく人の声で

「こんにちは、お客さま」

という声が聞こえました。

いきなりだったのでビックリしたのですが、スピーカーの声の方は、アコムのオペレーターの吉村さんという男性の方で、

「お名前フルネームでお伺いしてよろしいでしょうか?」

「本日はカードのお受け取りでよろしいでしょうか?」

ということを聞かれました。

その後、不明点や要望はありますか?と聞かれたのですが、特になかったので「ありません」と返答しました。

簡単な確認が完了すると、吉村さんから

「今回発行させて頂くカードなんですが、カードローンとクレジット、どちらにもお使い頂けるアコムマスターカードのご用意ができていまして、こちらのカードで差支えございませんか?」

という提案を頂きました。

今回は、クレジットカード機能は特にいらなかったので、カードローン専用のカードで発行させてもらうことにしました。

さらに、吉村さんから

「最後にカード発行にあたりまして、本人様のお顔の確認をさせて頂きたいので、椅子に深く腰をかけて頂きまして、画面の少し上、黒い横長のガラス部分がございますので、そちらの中央部分に目線を合わせて頂いて、30秒~1分ほどお待ちくださいませ」

と言われました。

指示通り、1分ほど待っていると、シャッター音のような音が聞こえてきて、吉村さんから顔の確認が取れたので、この後カードを発行させて頂きますので、しばらくお待ちくださいと言われました。

少したってから、画面に申込み内容が表示されたので、内容を確認し確認を押すと、カードの暗証番号を入力する画面が表示されるので、番号を入力しました。

そこから30秒くらいすると、「カードが発行されます」という最初の機械音の声とともに画面にカードの受取方法の案内が表示されました。

むじんくんの左下に「カードローン取扱い口」があるのですが、そこからカードが発行されているのが確認できました。

事前にスマホで契約を済ませていたので、「むじくん」でのカード発行の手続きは10分位で終わりました。

(11)ATMで現金引き出し(15:07)

カードが発行できたので、ようやくATMでお金を引き出せるようになりました。

ATMの画面をタッチすると、「カードをお入れください」の画面が表示されます。

ATMにアコムのカードを挿入します。

「ご用件のボタンを押してください」のメッセージが表示され、【ご融資】【残高照会】【暗証番号の変更】の3つから選択することができます。今回は、お金を借りたいので、【ご融資】のボタンをタッチしました。

今回アコムとは、限度額50万円で契約したのですが、必要なお金は5万円だったので、5万円と入力しました。

最初にカードと明細が出てくるので、それを受け取り、その後無事5万円を引き出すことができました。

今回、急な用事でお金が必要になり、土曜日に申し込みをしました。

アコムでは、土曜日に当日融資を実現するためには、楽天銀行の口座が必要になります。私が所持している口座は、三菱UFJ銀行のため、当日融資をすることができませんでした。

そのため、自動契約機(むじんくん)でカードを発行し、ATMで現金を引き出しました。

はじめて自動契約機を利用するため、色々と不安はあったのですが、事前にスマホで契約をすませ、自動契約機ではカードの発行のみを行ったため、スムーズに手続きを完了することができました。

土日・祝日だと、即日融資ができないと思っていらっしゃる方もいるようですが、私のように、申込みをネットで済ませ、自動契約機でカードを発行すれば、土日・祝日でも今日中にお金を借りることは可能ですので、ぜひ今回の体験談を参考にして頂ければと思います。

アコムの詳細はこちら

実際にアコムを契約をしてみてわかったこと

今回、アコムを契約してみていくつか気づいたことがありますので、それについてまとめたいと思います。

今後、アコムを利用したいと思っている方の参考になれば幸いです。

在籍確認の電話は、職場の同僚にはバレない

アコムを利用する前は、在籍確認の電話で職場の同僚にお金を借りていることがバレるんじゃないか?と不安でしたが、全く問題ありませんでした。

体験談でも、アコムのオペレーターとのやりとりを記載させて頂きましたが、個人名で電話をかけてくれますし、同僚が要件を聞いてもオペレーターが上手く交わしてくれるので、アコムからの電話ということは、まったくバレませんでした。

もし、同僚に怪しまれたくないという方は、事前にクレジットカードの審査や、何らかの営業の電話がかかってくるといったことを伝えておくのもいいかもしれません。

審査完了の連絡が思ったよりも遅かった

アコムのホームページを見ると最短30分で審査回答とあるので、遅くても1時間以内には審査結果がくると思っていたのですが、実際は「2時間37分」かかりました。

土曜日に申し込みをしたので、それで時間が掛かってしまったのか、私が既にプロミスで限度額50万円の契約をしていたから時間がかかってしまったのか、詳細はわからないのですが、最短30分というのは、あくまでも目安という認識でいた方が良いと思いました。

ただ、当日にはお金を借りることはできたので、そこまで急いでいる方でなければ、それほど気にする必要はないかもしれないですね。

ただ、審査に通るか不安に思いながらの「2時間37分」は、正直、非常に長く感じました。

今振り返ってみると、スマホで申込みをしていたので、家で審査結果を待つことができましたが、自動契約機で申込みをしていたら、あの狭い空間で、ずっと待っていないといけないので、やはり申込みは、パソコンもしくはスマホで実施した方が良いと思います。

土曜日でも即日融資は可能

Q&Aサイトを見ると、「土曜日でも即日融資可能なカードローンはありますか?」「自動契約機は土曜日でも手続きできますか?」といった質問を見るのですが、アコムなら土曜日でも即日融資は可能です。

土曜日に当日の振込融資を希望する場合は、楽天銀行の口座が必要になりますが、もし楽天銀行の口座がない場合は、今回の私のように自動契約機でカードを発行して、ATMでお金を引き出すことで、当日融資が可能になります。

今回、私がアコムでお金を借りるまでにかかった時間は、スマホ申込みから現金引き出しまでの時間で「3時間18分」でした。その時のアコムの混雑具合によって、時間は前後すると思いますが、土曜日でも即日融資は十分可能です。

免許証だけで借入可能。収入証明書も不要

アコムは、運転免許証だけでもお金を借りることができます。

ただ、私のようにネット申込み(スマホ申込み)の後に、自動契約機でカードを発行する場合は、それぞれ運転免許証の提出が必要になるので、2回免許証を提出することになります。なので、アコムの契約をする際は、常に運転免許証を携帯しておいた方がよいです。

あと、収入証明書ですが、原則必要ありません。私の場合、プロミスで限度額50万円の契約をしたあとに、アコムでも50万円の契約をしても必要ありませんでした。

アコムでは、希望限度額が50万円超になる場合と、他社借入額とアコムの限度額を足した合計が100万円超になる場合に、収入証明書の提出が必要になります。

はじめての方も安心!初心者向けカードローン

アコム最短30分の審査!土日祝日も即日融資

アコム バナー
★★★★★4.8
金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
アコムのここがオススメ!
  • 来店不要で審査回答は最短30分
  • 30日間金利0円で借りられる!
  • 限度額50万円以下で収入証明書原則不要
  • 3項目の入力だけで借入可能か3秒で診断
詳細はこちら

プロミス最短30分の審査・最短1時間で融資

プロミス バナー
★★★★★4.7
金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
プロミスのここがオススメ!
  • 最短30分の即日審査最短1時間で融資という即日対応を実施
  • 30日間金利0円で借りられる!
    ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
  • 郵送物なし&カードレスのWeb完結サービスにも対応可能
  • 女性オペレーターが対応してくれるレディースキャッシングもあり
詳細はこちら

住信SBIネット銀行最短60分で仮審査完了

住信SBIネット銀行 バナー
★★★★★4.5
金利 1.59%~14.79%
限度額 1,200万円
審査時間 最短60分
融資時間 最短即日
住信SBIネット銀行カードローンのここがオススメ!
  • 金利が1.59%~14.79%と全カードローンの中で最安金利!
  • 明細書はネットで確認が可能のため、自宅に明細書が郵送されない!
  • 限度額は1,200万円と全カードローンの中で最大の限度額!
詳細はこちら
ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る