キャッシング・消費者金融フクホーと大手消費者金融を徹底比較

フクホーは、地域密着型の中小消費者金融です。全国からの申込みに対応しており、柔軟な審査を行う業者として人気を集めています。大阪に1店舗しかないものの、創業 50 年を超えているため、信頼できる消費者金融だといえそうです。

【関連】そもそも消費者金融とは?

今回はフクホーのサービス内容について取り上げながら、大手消費者金融との比較、フクホーの申込み・審査・契約方法、口コミ情報など、詳しく解説していきます。

フクホー5つのおすすめポイント

フクホーのおすすめポイントを、公式WEBサイトから5つピックアップしました。

即日融資に対応している

申込みの時間帯によって翌日以降となるケースもありますが、フクホーは即日の融資に対応しています。全国展開をしている消費者金融ですので、来店不要で手続きを行うことが可能です。

創業1967年から営業しており信頼と実績がある

フクホーは地域密着型の消費者金融です。創業が1967年ですので、中小消費者金融の中では老舗となっています。

2010年に貸金業法が改定となった際、多数の中小消費者金融が廃業しました。しかし、そのような中でもフクホーは営業を続けてきたため、他社とは信頼と実績が大きく異なります。

過去に事故情報があっても利用可能

ネット上の口コミをリサーチしたところ、過去に事故情報があっても審査に通ることがあるといった声が多く上がってしました。

未収入で返済能力のない方に融資を行うことはありませんが、大手消費者金融の審査に通過しなかったという方は、借入先の候補として適しています。

コンビニ契約サービスを提供している

フクホーの場合、契約書面は郵送によるやりとりとなっていますが、全国のセブンイレブンに設置されている、マルチコピー機から契約書を受け取ることが可能です。できるだけ早く融資を受けたい方は、積極的に利用することをお勧めします。

独自の基準で審査を行っている

フクホーに限らず、金融機関の審査基準は一般公開されていません。そのため、実際に審査を受けてみないことには分からないのが現状です。ただし、フクホーの口コミの内容を確認したところ、それほど審査は厳しくない様子が伺えました。

大手消費者金融と比較すると、審査に時間が掛ってしまいますが、独自の基準で柔軟な審査を行っている可能性が高いため、属性や信用情報に不安がある方に適しています。

申込み・審査・契約までの流れ

フクホーの申込み、審査、契約までの流れを以下にまとめました。フクホーの申込み方法は非常にシンプルですが、ところどころ詳しく案内されていない箇所があります。不明点は、直接問い合わせをしてください。

必要書類

本人確認書類:運転免許証、健康保険証、パスポートなど
収入証明書:源泉徴収票、給与明細書、所得証明書など
その他:住民票原本(本籍地の記載が必須)

※その他フクホーの判断によって必須となる書類あり
国民健康保険未加入者、年収証明書類の提出が困難な方は申込み不可

申込み書類の補足

リサーチしたところ、申込み時に必要となる書類の量が多いといった情報が散見されました。上記以外で必要となる可能性が高い書類は以下の通りです。

課税証明書
年金手帳、ねんきん定期便のコピーのいずれか(名前・年金番号の箇所のみ提出)

申込み・審査・契約までの流れ

フクホーでは、借換えローン、レディースキャッシングも扱っていますが、手続き方法や流れは全く同じです。なお、新規契約は限度額最大50万円までの融資となります。

インターネット申込み

申込み

24時間ネットから申込みをすることが可能です。申込み完了後、フクホーから申込み確認の電話が入ります。

↓
審査

申込み内容を基に本審査を実施し、審査結果はメールもしくは電話で報告されます。

↓
契約

契約方法は、郵送、コンビニ契約のいずれかとなります。

郵送による契約

契約書類は、仮審査に通過したタイミングで発送されます。マルチコピー機を利用する方は、事前に申告をしておくようにしましょう。

なお、契約書類は最短翌日到着です。差出人名は『FKサービスセンター』となるため、周囲にバレる心配はありません。

書類到着後、契約書に必要事項を記入・捺印し、フクホー宛てに返送してください。契約書類到着後、指定した銀行口座へ振り込まれます。

コンビニ契約

セブンイレブンに設置されている、マルチコピー機を活用する契約方法です。コンビニ契約を希望する場合は、申込み時点で申告する必要があります。なお、手順は以下の通りです。

①審査結果のお知らせの際、8桁の予約番号が案内されます。番号を控えて、最寄りのセブンイレブンまで足を運んでください。

②セブンイレブンマルチコピー機の画面内にある『ネットプリント』のボタンを選択すると、予約番号を入力する画面へ移動します。控えておいた予約番号を入力し、契約書類を出力してください。

《注意》
・出力サイズを変更する必要はありません。
・プリントやコピー時に発生する費用は自己負担です。

契約書に必要事項を記入・捺印し、フクホー宛てに返送します。契約書類到着後、指定した銀行口座へ振り込まれます。

※コンビニ契約を選択した場合でも、郵送契約となるケースがあります。そのため、コンビニ契約を希望する場合でも、事前に希望送付先を申告しておきましょう。

来店申込み

申込み

店舗で申込みをします。フクホーの店舗は、以下の1店舗のみです。来店の際、必要書類を持参してください。

《フクホー難波店》
大阪府大阪市浪速区難波中3丁目9番5号 フクホービル1F
TEL :0570-666-294 FAX :06-6643-2941
※営業時間と定休日は不明

↓
審査

申込み内容を基に、審査を行います。審査回答、融資可能金額はその場で教えらもらうことができます。

※フクホーによる在籍確認が当日中に終わらない場合、審査回答は後日となります。

↓
契約

契約内容の確認、返済方法に関する案内のあと、契約手続きを行います。契約完了後から借入が可能です。

電話申込み

申込み

専用ダイヤルへ直接電話をして、申込み手続きを行います。

連絡先:0570-666-294(ガイダンス①を選択する)
営業時間:24時間(定休日不明)

公式WEBサイト上で、『審査・契約』に関する案内はありません。詳細は、直接店舗へ確認をしてください。

フクホーで即日融資を受けるには?

公式WEBサイト上で案内されていた内容を確認したところ、フクホーで即日融資を受けるためには、店頭で申込みを行い銀行の営業時間内に手続きを完了させる必要があるようです。

来店不要で即日融資可能と謳っていますが、店頭申込み以外の方法だと即日融資は不可能だといえます。

なぜなら、セブンイレブンのマルチコピー機から、契約書類を出力したとしても、その書類をフクホー宛てに郵送しなければならないからです。

また、契約書類の確認が終わらないと、指定口座へ振込みをしてもらうことはできません。そのため、店舗申込みが困難な場合は、即日融資は絶望的といえます。

インターネット・電話から申込みをする方で、少しでも早く借入したい場合は、『速達での返送』、『FAX・メールでの返送』に対応しているか、直接担当者へ確認をしてください。

大手消費者金融とフクホーの違い

フクホーと大手消費者金融を比較した際、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットの4社と比較しました。

金利

金利
フクホー
・5万円~10万円未満:7.3%~20.0%
・10万円~100万円未満:7.3%~18.0%
・100万円~200万円:7.3%~15.0%
アコム
3.0%~18.0%
プロミス
4.5%~17.8%
アイフル
3.0%~18.0%
SMBCモビット
3.0%~18.0%

比較ポイント

フクホーの上限金利が最も高い
10万円未満の少額融資は大手がお得
限度額10万円以上となる場合は5社とも大きな差はない

フクホーの場合、5万円から10万円未満の融資となる場合、上限金利が20%となります。利息制限法の上限金利が適用されているのです。そのため、10万円未満の少額融資を希望する方は大手の方がお得です。

プロミスが17.8%とやや低いものの、10万円以上の限度額となる場合は、金利差をそこまで気にすることはありません。

手数料

手数料
フクホー
案内なし
アコム 印紙代(契約時):有料
振込返済手数料:有料
自社ATM:無料
振込融資:無料
口座振替:無料

その他の提携CD・ATM
1万円以下:
借入返済時:108円
1万円越:
借入返済時:216円
プロミス 三井住友銀行:無料
自社ATM:無料
メディア端末返済:無料
振込融資:無料
口座振替:無料
振込返済手数料:有料

その他の提携CD・ATM
1万円以下:
借入返済時:108円
1万円越:
借入返済時:216円
アイフル 自社ATM:無料
振込返済手数料:有料
振込融資:無料
口座振替:無料


その他ATM(マルチメディア端末含む)
1万円以下:
借入返済時:108円
1万円越:
借入返済時:216円
SMBCモビット 三井住友銀行:無料
振込融資:無料
口座振替:無料
振込返済手数料:有料

その他の提携CD・ATM
1万円以下:
借入返済時:110円
1万円越:
借入返済時:220円

比較ポイント

フクホーは印紙代を引かれるといった口コミが散見される
フクホーの公式WEBサイト上では手数料に関する案内がない
フクホー借入・返済手数料が無料であれば最もお得

上記のとおり、大手の消費者金融の場合、返済手段が豊富です。そのため、返済方法によって、手数料の有無が異なってきます。

一方、フクホーは詳しい案内が見当たらないものの、口コミによると借入や返済の手段は銀行振込限定となっているようです。

以上のことから、フクホーの借入・返済手数料が無料であれば最もお得となるものの、実際に問い合わせをして確認しない限り、大手消費者金融と比較することはできないといえます。

審査時間

審査時間
フクホー
案内なし
アコム
最短30分
プロミス
最短30分
アイフル
最短30分
SMBCモビット
10秒簡易審査

比較ポイント

フクホーは審査時間について案内をしていない
フクホーの口コミによると審査には時間が掛る様子
フクホーは大手4社に敵わない可能性が高い

フクホーの審査時間ですが、公式WEBサイトをチェックしたところ詳しく案内されていませんでした。そのため、口コミ情報をリサーチしてみましたが、審査に時間が掛るケースが多いようです。

一方、大手消費者金融の場合、審査状況や消費者金融が採用している与信システム等によって審査時間は異なりますが、4社とも最短30分をウリとしています。以上のことから、審査時間は大手消費者金融の方が断然早いといえそうです。

【関連】審査が早い消費者金融を特集 | 最短30分の審査は今では普通?

審査の通過率

審査時間
フクホー
非公開
アコム
48.2%
プロミス
42.5%
アイフル
43.5%
SMBCモビット
非公開

平成29年3月:月次データ
平成29年3月:アコムマンスリーレポート
平成29年2月:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標より引用

比較ポイント

フクホー・SMBCモビットは非公開
フクホーは属性や信用情報に不安がある方でも審査に通過したという口コミが多い

フクホーとSMBCモビットは、審査通過率を一般公開していないため、比較することができませんでした。

ただしフクホーの場合、大手・中小問わず消費者金融の審査に落ちた方でも借入できたケースが目立つため、上記5社の中では最も審査通過率が高い可能性があります。

返済方法

返済方法
フクホー 案内なし
アコム ・インターネット返済
・自社ATM
・提携ATM
・店頭窓口
・銀行振込
・口座振替
プロミス ・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・自社ATM
・提携ATM
・コンビニメディア端末
・銀行振込
アイフル ・銀行振込
・自社ATM
・提携ATM
・コンビニATM(マルチメディア端末含む)
・口座振替
SMBCモビット ・口座振替
・銀行振込
・提携ATM

比較ポイント

フクホーは公式WEBサイトで詳しく案内をしていない
公式WEBサイトの内容から推測すると、振込返済限定の可能性が高い
返済方法は大手消費者金融の方が豊富

フクホーの公式WEBサイトでは、返済方法に関する案内がありません。しかし、公式WEBサイトの内容から推測すると、振込返済限定となっている可能性が高そうです。

また、フクホーの利用者の声を調査してみましたが、振込返済以外で返済している方は見当たりませんでした。

以上のことから、大手消費者金融と比較すると、フクホーは明らかに手段が少ないことから、不便さを感じてしまいます。

限度額

限度額
フクホー
200万円まで
アコム
800万円まで
プロミス
500万円まで
アイフル
500万円まで
SMBCモビット
800万円まで

比較ポイント

最も限度額が低いのはフクホー
大手の限度額には敵わないものの不便さを感じることはない
フクホーの場合、初回契約時の限度額が50万円までとなっている

限度額を比較したところ、大手のアコム・SMBCモビットが最も高い800万円でした。一方、フクホーは200万円と少額です。ただし、他の中小消費者金融と比較した場合、フクホーの限度は平均的な金額だといえます。

なお、フクホーで新規借入をする場合、最大限度額は50万円までですが、特別限度額が低いとはいえません。大手消費者金融でも、新規契約時は50万円以上の融資を行うことはほぼないからです。

これには、総量規制と呼ばれる法律が関係しています。総量規制とは、年収の1/3を超える融資を禁止する法律のことです。特にフクホーの場合、すでに他社から借入をしていたり、他社の審査に落ちた方が利用する傾向にあります。

つまり、総量規制に抵触しやすい状況で申込みをする方が目立つため、多重債務や貸し倒れを回避するために新規の限度額は低めに設定している可能性が高いのです。

以上のことから、大手消費者金融よりもフクホーの限度額の方が低いとはいえ、利用を検討する上で気にする必要はないといえます。

フクホーの返済方法について

フクホーの返済方法について詳しく解説する前に、1つ触れておきたいことがあります。フクホーは一般的な消費者金融とは異なり、『証書貸付』にて融資を行っている消費者金融です。

証書貸付とは、返済期間・返済回数・返済額等を決めて、月々決まった金額を返済する貸付方法のことを指します。限度額の範囲内で、何度も借入をすることができないのです。

借入をしたあとは、月々の返済のみとなります。そのため、限度額を上げたいときは、フクホーへ増額の申請をする前に、一旦完済する必要があるのです。

また、ユーザーの口コミによると、フクホーで追加融資を受けるには、3回以上返済をする必要があるとのことでした。ただし、公式WEBサイト内では、そのような案内はありません。

そのため、詳細は直接問い合わせをして確認してください。なお、返済方法に関しても、公式WEBサイトでは案内がありません。

ただし、『振込キャッシングの消費者金融』といった文言が公式WEBサイト上にあったため、返済は振込返済限定となっている可能性が大です。

また、ネット上に寄せられている口コミを確認したところ、振込返済以外の返済方法でお金を返している方は見当たりませんでした。

そのため、返済方法も含めて、直接フクホーへ問い合わせて確認することをお勧めします。

フクホーの良い口コミ・悪い口コミについて

フクホーの口コミ情報をチェックし、代表的なものをピックアップしました。利用を検討する際は参考にしてください。

フクホーの良い口コミ

評判ほど対応は悪くない
在籍確認時の対応が柔軟
担当者の対応が丁寧で親切だった
年収が高いと審査に通過しやすい可能性がある
債務整理で返済している途中でも審査に通過した
他の中小消費者金融の審査に落ちたがフクホーは少額融資なら可能だった
送付された書類を速達で返送すると優先的に処理をして貰うことができる

フクホーの悪い口コミ

必要書類の種類が多い
書類のやりとりに時間が掛る
電話がなかなかつながらない
限度額が9.9万円だったため上限金利が適用された
書類を提出したのに1週間ほど連絡が来なかった
属性や信用情報に問題があると審査に10日ほど掛ることがある
審査に通過してから書類のやりとりがあるため融資までに時間が掛る

フクホーの口コミのまとめ

他の中小消費者金融と比較すると、フクホーは口コミ件数が豊富です。それだけ、利用者が多いといえます。口コミ内容で最も多かったのは、事故情報があっても審査に通過するといった声や、9万9千円の融資額となったという声でした。

利用規約上、リアルタイムで他社の返済が遅れている方は利用不可となっていますが、実際にはそのような方でも借入可能なことがあるようです。

なお、限度額が9万9千円となる理由は、年金利が関係していると考えられます。限度額が10万円未満だと、年金利は20%となるからです。

信用情報に傷があったり、返済能力が低いと判断された場合は、9万9千円の限度額となる社内規定があるのかもしれません。

また、他社の審査に通過することが困難だった方ほど、融資までに時間がかかる様子が散見されました。契約書類のやりとりが郵送限定のため、融資実行までに1週間から10日ほど掛ることがほとんどです。

そのため、急いでいる方には不向きな消費者金融だといえます。なお、フクホーの場合、他社よりも必要書類の数が多めです。全て揃えるまでに時間が掛ることが予想されるため、早めに揃えておくようにしましょう。

フクホーに向いている人・不向きな人

フクホーに向いている人、不向きな人をまとめました。前項でご紹介した口コミ情報と併せて参考にしてください。

フクホーに向いている人

属性に自信がない方
過去に事故情報がある方
他社の審査に通りづらい方
融資までに時間が掛っても良い方
数種類の必要書類をすぐに用意することができる方

フクホーに不向きな人

即日融資を希望している方
土日祝日の融資を希望している方
郵送での書類のやりとりが難しい方
借入、返済の手段が多い消費者金融を探している方
数種類の必要書類を揃えることが困難な方

まとめ

フクホーは独自の審査基準で柔軟に対応しているため、頼みの綱として申込みをする方が目立ちます。ただし、フクホーであっても審査落ちとなることはあるものです。審査基準が緩いとはいえ、フクホーはヤミ金ほど審査基準は甘くありません。

とはいえ、対応が丁寧で少額でも積極的に融資を行っている様子が伺えるため、借入先に困った場合は、一度相談してみることをお勧めします。

また、口コミ情報からも分かるとおり、中堅の消費者金融の中でフクホーは人気が高い消費者金融です。

初めて消費者金融からお金を借りる方向けの業者ではありませんが、すでに借入がある方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る