1週間無利息キャッシングの消費者金融ノーローンと大手消費者金融を徹底比較

ノーローンは、新生銀行グループの傘下となっている大手消費者金融です。何度でも利用可能な1週間無利息キャッシングを強みとし、他社との差別化を図っています。

今回は、ノーローンが提供しているサービスについて取り上げながら、おすすめポイント、即日融資の流れと注意点、大手消費者金融との比較など、詳しく解説していきます。

ノーローン4つのおすすめポイント

ノーローンが公式WEBサイト上で案内していたおすすめポイントは、以下の4つとなります。

何度も1週間無利息となる

ノーローンの場合、借入日の翌日から7日間無利息となります。利息が発生するのは8日目からです。超過した場合は、日数分のみ利息を支払います。なお、完済日の翌月以降、改めて1週間無利息となるため大変便利です。

即日融資に対応している

振込融資、ATM借入れ共に即時融資が可能です。ただし、受付時間が設けられているため、時間内に手続きするようにしましょう。

ノーローンポイントサービスがお得

計画的に返済をすると、楽天ポイント、ネットマイル、Gポイントいずれかのポイントを貯めることができます。各ポイントサイトにて登録手続きが必要ですが、コンスタントにノーローンを利用する方は有効活用しましょう。

24時間リアルタイム取引が可能

インターネットで24時間リアルタイム取引が可能です。リアルタイム融資は楽天銀行限定ですが、返済は三井住友銀行・りそな銀行・ゆうちょ銀行など複数の金融機関の中から選択することができます。

申込み・審査・契約までの流れ

ノーローンの申込み・審査・契約までの流れは非常にシンプルです。以下に要点をまとめましたので、参考にしてください。

必要書類

本人確認書類
・運転免許証

◆運転免許証を持っていない場合は、以下のうちいずれか1点
・パスポート
・個人番号カード
・住基カード
・健康保険証+住民票

※ レイク自動契約機で契約をする際に、健康保険証を持参する場合、現住所と書類記載の住所が一致していなければなりません。
異なるときは以下の書類が必要となります。

・国税または地方税の領収書、または納税証明書
・公共料金の領収書
・官公庁発行の本人特定記載事項の各種証明書類(住民票等)
・社会保険料の領収証

借入希望額が50万円を超える場合、所得証明書類が必要です。借入希望金額に関係なく、各種証明書が必須となることもあります。

ただし、所得証明書類の用意が出来ない場合でも契約は可能です。

収入証明書類一覧
・直近の源泉徴収票
・納税通知書
・確定申告書
・所得証明書または給与明細書(直近2ヵ月分+1年分の賞与明細書)

申込み・審査・契約までの流れ

ノーローンの申込み方法は、全部で3パターンあります。

インターネット申込み

申込み

パソコン、携帯電話から24時間申込み可能です。ノーローン公式WEBサイト上にある、申込みフォームへ必要事項を入力します。

↓
審査

入力した内容を基に審査を実施します。審査結果のお知らせ方法は、メールもしくは電話です。審査の回答時間は、年末年始を除く9時から20時までとなっています。なお、審査状況は公式WEBサイト上から随時確認することが可能です。

【注意点】
ノーローンでは、申込み時にメール連絡を希望した場合でも、審査の前に必ず申込み意思確認の電話があります。

また、自宅固定電話がない場合、自宅住所確認用書類(発行日が3カ月以内のNTT、電気、都市ガス、水道、NHKの領収証、住民票の写し、印鑑証明書のいずれか)を提出するケースがあるようです。事前に確認しておきましょう。

↓
契約

審査通過後、契約方法によって対応が若干異なります。

レイク自動契約機コーナーでの契約

本人確認書類を持参し、レイク自動契約機コーナーまで足を運びます。カード発行後は、すぐにATMから借入が可能です。

※営業時間は8時45分から21時まで(土日祝日も営業)第3日曜日は19時まで

郵送での契約

契約書、ローンカードが自宅宛てに郵送されます。必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを同封した上で返送してください。即日融資を希望する場合は、『即日融資サービス』を利用することができます。

即日融資サービス対応時間
・楽天銀行口座あり:当日17時まで
・楽天銀行口座なし:当日12時30分まで

※申込みが土日祝日となる場合は翌営業日対応となる。ただし、楽天銀行口座ありの場合、平日17時までに審査が完了となっていれば土日祝日でも当日振込が可能

自動契約機での申込み

申込み

レイク自動契約コーナーから、申込み手続きを行います。入力はタッチパネル方式です。不明点があれば、その都度オペレーターに相談することができます。

営業時間は、8時45分から21時までです。土日祝日も営業していますが、第3日曜日は19時までとなっています。店舗によって営業時間が異なるケースがあるため、公式WEBサイト上から店舗検索をして営業時間を確認してください。

【注意点】
即日キャッシングを希望する方は、20時30分までに来店した上で申込み手続きを行う必要があります。

↓
審査

申込み内容を基に審査が行われます。審査結果と利用可能な限度額は、その場で伝えられます。なお、審査方法は店頭と同様です。

↓
契約

利息、返済日、返済方法を含めた契約内容の説明があります。その後、契約書へ必要事項を入力し契約完了です。

↓
カード発行

ローンカードはその場で発行されます。すぐにATMから借入することが可能です。

電話での申込み

申込み

携帯電話、PHS、固定電話から申込みすることができます。女性専用の窓口も用意されているため、希望する方はそちらへ連絡をしてください。名前、生年月日、住所の他、借入希望額を申告します。

連絡先:0120-394160 / 女性専用:0120-373081
受付時間:9時~21時まで(年中無休)

↓
審査

申告した内容を基に、ノーローンにて審査を行います。審査回答時間は、年末年始を除く9時から20時30分までです。

※審査状況は公式WEBサイト上から随時確認することが可能

↓
契約

契約方法は、インターネットからの申込時と同様です。即日振込サービスの利用を希望する場合も、同様の扱いとなっています。

ノーローンで即日融資を受ける方法と注意点

ノーローンで即日融資を受ける方法は2つあります。要点と注意点をまとめましたので、参考にしてください。

1.ローンカードを発行しATMから借入をする

抑えておきたいポイントは3つあります。

20時30分までに審査を終わらせておく
第3日曜日は19時まで、その他の日は21時までに契約手続きを完了させる
必須となる本人確認書類を用意しておく

注意点:営業時間終了ギリギリとなった場合、翌日対応となるケースがあります。不測の事態に備えて、最低でも1時間から2時間余裕を持って手続きを行ってください。

なお、ノーローンのatmは併設されているケースが目立つため、すぐに借入が可能です。

2.即日振込サービスを利用する

抑えておきたいポイントは6つあります。

楽天銀行口座がない場合は平日12時30分までに審査完了が必須
楽天銀行がある場合は平日17時までに審査完了が必須
事前に本人確認書類を提示する必要がある
楽天銀行口座ありの場合、平日17時までに審査完了となっていれば土日祝日の融資が可能。
審査完了後、即日振込融資を希望する旨を申告する必要がある
即日振込サービスを利用するための手続きが必要となる

注意点:審査完了後、即日振込サービスを利用するための手続きがあるため、早めに申込みをしましょう。

大手消費者金融とノーローンを徹底比較

他の大手消費者金融とノーローンのサービスを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。金利・手数料・審査時間・審査の通過率・返済方法・限度額・無利息期間の7項目を詳しく比較してみました。

比較対象は、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットの4社です。

金利

金利
ノーローン
4.9%~18.0%
アコム
3.0%~18.0%
プロミス
4.5%~17.8%
アイフル
3.0%~18.0%
SMBCモビット
3.0%~18.0%

比較ポイント

上限金利はプロミスが最も低い
下限金利はアコム・SMBCモビットが最も低い
ノーローンは4社よりも限度額が低いため、高額融資の際に低金利となる可能性がある

消費者金融の場合、返済時に発生する利息はそれほど異なりません。ご覧のとおり、金利に差がないからです。ただし、利用状況が良好であったり限度額が高くなると、段階的に金利は下がります。

5社とも限度額ごとの金利に関する案内をしてないため、実際に適用される金利は分かりません。

ただし、ノーローンの場合、他社とは異なり何度でも7日間無利息サービスを利用することができます。上手に活用することで、利息の節約となるケースがあるため有効活用しましょう。

手数料

手数料
ノーローン

振込返済手数料:有料
楽天銀行:無料
新生銀行レイク:無料
口座振替:無料

その他の提携CD・ATM
1万円以下:借入返済時108円
1万円越:借入返済時216円

アコム 印紙代(契約時):有料
振込返済手数料:有料
自社ATM:無料
振込融資:無料
口座振替:無料

その他の提携CD・ATM
1万円以下:
借入返済時:108円
1万円越:
借入返済時:216円
プロミス 三井住友銀行:無料
自社ATM:無料
メディア端末返済:無料
振込融資:無料
口座振替:無料
振込返済手数料:有料

その他の提携CD・ATM
1万円以下:
借入返済時:108円
1万円越:
借入返済時:216円
アイフル 自社ATM:無料
振込返済手数料:有料
振込融資:無料
口座振替:無料


その他ATM(マルチメディア端末含む)
1万円以下:
借入返済時:108円
1万円越:
借入返済時:216円
SMBCモビット 三井住友銀行:無料
振込融資:無料
口座振替:無料
振込返済手数料:有料

その他の提携CD・ATM
1万円以下:
借入返済時:110円
1万円越:
借入返済時:220円

比較ポイント

各社とも提携ATM利用時は、借入・返済時に手数料が発生する
ノーローンは自社ATMを所有していないものの、レイクのATMが無料となっている
各社とも振込み返済時は必ず手数料が発生する

ノーローンと他の4社を比較したところ、大きな違いはありませんでした。最もお得なのは、プロミスだといえそうです。

なお、ノーローンの場合、レイクATM、楽天銀行での借入・返済、インターネット返済は手数料無料となっています。

そのため、他社と比較すると特別利便性が高いわけではありません。

審査時間

審査時間
ノーローン
最短20分
アコム
最短30分
プロミス
最短30分
アイフル
最短30分
SMBCモビット
10秒簡易審査

比較ポイント

審査時間が最も短いのはノーローン
アイフル・SMBCモビットはお急ぎ窓口があるため、より短時間となる可能性あり
SMBCモビットのWEB完結申込みが最も早い可能性あり

公式WEBサイトで案内されていた内容を基に比較すると、ノーローンの審査時間が最も短いことが分かりました。

しかし、必ず20分前後で審査が完了となるわけではありませんし、申込み者の審査状況によって、審査の時間は大きく異なります。

また、アイフルとSMBCモビットの2社では、すぐに審査開始となる専用窓口を設置しており、優先的に審査を進めてもらうことが可能です。一方、ノーローンでは、そのようなお急ぎ窓口を設置していません。

それだけではなく、SMBCモビットのWEB完結サービスは、申込みから借入まですべてWEB上で済ませることが可能となっており、審査スピードに定評があります。そのため、ノーローンの審査スピードは極端に早いとはいえません。

審査の通過率

審査時間
ノーローン
非公開
アコム
48.2%
プロミス
42.5%
アイフル
43.5%
SMBCモビット
非公開

平成29年3月:月次データ
平成29年3月:アコムマンスリーレポート
平成29年2月:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標より引用

比較ポイント

審査通過率を公開しているのは、アコム・プロミス・アイフルのみ
口コミによるとノーローンは審査通過率が高い様子が伺える
ノーローン・SMBCモビットは非公開だが、他社と極端な差はない可能性がある

残念ながら、ノーローンの通過率は公表されていないため、他社と比較することができませんでした。アコムの審査通過率が、最も高い結果となっています。

ただし、ネット上に寄せられていた口コミによると、他の4社の審査に落ちてもノーローンは通過したといった声が複数寄せられていたため、ノーローンは比較的審査に通過しやすいといえそうです。

返済方法

返済方法
ノーローン ・インターネット返済
・振込返済
・口座振替
・提携CD・ATM
アコム ・インターネット返済
・自社ATM
・提携ATM
・店頭窓口
・銀行振込
・口座振替
プロミス ・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・自社ATM
・提携ATM
・コンビニメディア端末
・銀行振込
アイフル ・銀行振込
・自社ATM
・提携ATM
・コンビニATM(マルチメディア端末含む)
・口座振替
SMBCモビット ・口座振替
・銀行振込
・提携ATM

比較ポイント

最も返済手段が多いのはプロミス
ノーローンの返済手段は多くはないものの、不便さを感じる可能性は低い

上記の表のとおり、最も返済手段が多いのはプロミスです。ノーローンの返済手段は少なめですが、口座振替に対応している他、インターネット返済に対応している金融機関が多いため、特に不便さを感じることはないといえます。

限度額

限度額
ノーローン
300万円まで
アコム
800万円まで
プロミス
500万円まで
アイフル
500万円まで
SMBCモビット
800万円まで

比較ポイント

限度額が最も高いのはアコムとSMBCモビット
ノーローンの限度額は最も少額
消費者金融から高額融資を受けることは困難なため、あまり参考にはならない

上記5社の中で、銀行カードローン並みに限度額が高いのは、アコムとSMBCモビットでした。ノーローンは、最も低い限度額となっています。しかし、消費者金融を利用する際、限度額を気にする必要はありません。

総量規制と呼ばれる法律によって、年収の1/3を超える融資を受けることができないからです。総量規制が適用されるのは貸金業者からの借入のみですが、全く借入がなかったとしても、ノーローンから300万円を借りるためには年収900万円が必須となります。

以上のことから、限度額はそれほど気にする必要はありません。

無利息期間

限度額
ノーローン
借入日翌日から
7日間無利息
※完済日翌月以降も1週間無利息適用
アコム 契約日の翌日から30日間
プロミス
初回借入の翌日から30日間
※プロミスへメールアドレスを登録・WEB明細設定で適用
アイフル 契約日の翌日か30日間
SMBCモビット なし

比較ポイント

SMBCモビットでは無利息サービスを提供していない
アコム・アイフルは初回限定で無利息サービスが付いてくる
ノーローンは7日間と短いものの、完済日の翌月以降なら何度でも利用が可能
プロミスの場合、ポイントサービスを活用すると何度でも無利息サービスの利用が可能

アコム、プロミス、アイフルは30日間の無利息サービスですが、ノーローンは7日間となっています。

とはいえ、完済日の翌月以降であれば何度でも利用できるため、上手に活用すれば利息を支払う必要がありません。

ノーローンの返済方法について

ノーローンの返済方法は、4パターン用意されています。要点をまとめましたので、参考にしてください。

インターネット返済

ノーローンが指定する銀行口座があれば、パソコン・携帯電話から24時間返済が可能です。手数料は無料となっており、土日や夜間でも気軽に返済することができます。

借入とは異なり、複数の信用金庫、労働金庫、信用組合を一通り網羅しているため、不便さを感じることはないといえそうです。利用手続きが必要ですので、希望する方は早めに対応しておきましょう。

提携ATM返済

コンビニ、ショッピングセンターなどに設置されているATM、提携金融機関ATM、信販・流通系CD・ATMから返済することが可能です。手数料無料となっているのは、新生銀行レイクのATMのみとなっています。

また、24時間営業ではないため、営業時間を確認した上で利用しましょう。

振込返済

ノーローン指定の銀行口座へ、直接振込返済をすることができます。返済口座は、会員専用サービス・お問い合わせダイヤルから確認してください。振込手数料は自己負担となります。

自動引落・口座振替返済

毎月6日、26日いずれか希望する日に、自動引落しにて返済をすることが可能です。事前に手続きが必須となるため、詳細はノーローンへ確認してください。

ノーローンの良い口コミ・悪い口コミについて

ネット上に寄せられていた、ノーローンの口コミをまとめました。参考にしてください。

ノーローンの良い口コミ

審査スピードは比較的早い
ブラックでも審査に通過した
他社よりも審査が甘いと感じた
少額しか借入しないなら一番便利
1カ月借りても約3週間分の利息で済む
一度も利息を払わずに利用することができている
返済に遅れそうなときは相談をすると柔軟に対応して貰える

ノーローンの悪い口コミ

増枠の審査に通りづらい
レイクの自動契約機の使い勝手が悪い
対応しているATMの数が他社よりも少ない
延滞がないのに突然借入できなくなった
あまり利用していなかったためか契約終了となった
審査後にすぐ借入れしたところ利用停止となった
無利息サービス以外はレイクのサービス内容とあまり違いがない

ノーローンの口コミのまとめ

ノーローンの口コミの中で最も目立ったのは、ごく短期間のみ借入をして、無利息期間に返済をしているといった声でした。ただし、数年間に亘って一度も利息を払うことなく利用していると、突然解約となるケースがあるようです。

また、債務整理、他社返済の遅延、多重債務気味となっている方にも融資を実施している様子が伺えました。ノーローンは、審査通過率を一般公開していませんが、初回申込み時の審査基準が甘い可能性があります。

ノーローンの増額に関しては、審査が厳しいといった声が目立つため、利用中に増額を申請する際は、良好な利用実績を作ってからの方が良さそうです。

1つ気になったのは、延滞をしていないにもかかわらず、突然借入できなくなったという口コミが複数寄せられていた点です。

また、複数社の審査に落ちた後にノーローンへ申込みをし、初回借入はできたものの即借入中止になったケースも散見されました。

ノーローンに向いている人・不向きな人

ノーローンに向いている人、不向きな人のポイントをまとめました。参考にしてください。

ノーローンに向いている人

楽天銀行を持っている方
無利息期間を有効活用したい方
他社の審査に落ちてしまった方
何度も無利息サービスを利用したい方
すぐに完済できる金額しか借入をしない方
リアルタイムでの振込融資が可能な消費者金融を探している方

ノーローンに不向きな人

借入、返済の手段が多い消費者金融を探している方
楽天銀行以外の銀行口座を指定して振込融資を利用したい方
無利息サービス期間内に返済する予定がない方
スマホアプリから申込み手続きを行いたい方
楽天銀行以外の銀行口座を指定して、土日祝日に振込融資を利用したい方

まとめ

ノーローンの最大の強みは、何度でも7日間無利息となる点です。2万円から3万円程度など、給料日で即完済できる金額しか借入しない方は断然お得となります。

なお、ノーローンではおまとめローンも提供していますが、審査に通過しづらいといった声や、金利が12.0%~18.0%と高いためメリットを感じないといった声が寄せられていました。

以上のことから、利息額を抑えたい方、少額借入を希望する方、他社の審査で落とされた方に適した消費者金融であるといえそうです。

ランキング一覧
総合人気ランキング
全ての条件をトータルしたランキング。バランスの良い人気カードローンです。
低金利カードローンランキング
低金利で安心の大手銀行カードローンローンランキングです。
融資スピードランキング
今日中に借りたい方にオススメ!即日融資可能なカードローンランキングです。
借換え・おまとめ可能ランキング
複数の返済を一つにまとめたい方に借り換え・おまとめローンランキングです。
初心者向けランキング
未経験の方におすすめ!初心者に人気のカードローンランキングです。
融資限度額ランキング
大口融資を希望の方に限度額が大きいカードローンランキングです。
銀行カードローンについて
カードローンの基礎知識
初めてカードローンを借りる方
カードローンの選び方
今日中にお金を借りる方法
タイプ別でカードローンを選ぶ
借りる前に知っておくべきポイント
カードローンの返済について
おまとめ・借り換え
カードローンよくある質問
知っておきたい予備知識
お金の豆知識
カードローンの審査について
カードローン会社を徹底分析
カードローン以外でお金を借りる
ページトップへ戻る